FC2ブログ
竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
JiLL-Decoy のレコーディングに参加!
 …話しは2,3日前になりますが、自分の知り合いの JiLL-Decoy association(以下ジルデコイ)というバンドのレコーディングに参加してきました。ジルデコイについては以前説明しているので〔JiLL-Decoy association参照〕ここでの重複は避けますが、メンバー的に皆さん久しぶりだったので、自分は密かに楽しみにしていました。
 しかし、スタジオに着くや否やもうレコーディングという感じで(笑)、何だかろくな挨拶もせずに仕事…という流れになってしまいましたが、もちろん、1曲録り終わった後には色々とお話しさせて頂きました(特にギターの久保田さんは、生粋の旅話し好きの方なので…笑)。なかなか大変な現場です。
 今回レコーディングしたのは2曲。しかし、1曲は実験的な意味合いも含めていた為に、どうなるのかは自分では予想もつかないのですが、良い方向になってくれればと思います。また、全てグランドピアノを使わせて頂いたのも、個人的には嬉しかったです。メーカーはもちろんスタインウェイでしたが、最初は弾き慣れなかったものの、徐々に自分の身体に馴染んでくるような印象も受けました。また、やはりマイクを通した後の音色の違和感の無さには流石だと思いましたね。

   実際、クリームコロッケが一番美味しかったのですが…(笑)

 上の写真はレコーディング終了後、トンカツ弁当なんぞを戴いているところですが、終始楽しく参加させて頂き、感謝しております。こういった現場にいると、自分でもまた新たにCDを作りたくなってきてしまう気持ちが出てきてしまうのですが、とにかく頑張っていきたいです!

 ☆JiLL-Decoy association のHP…http://www.jilldecoy.com/

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

さばいばる伊藤とヒーリング
 ちびっ子ギャングでお馴染みのさばいばる伊藤(Vo,B)さんから、とあるレコーディングに参加してくれという連絡が来たのは先月初め…。聞くと、どうやらいつものレコーディングとは違っていて、別の人に歌詞を用意されて、自分がそれを元に作った曲をレコーディングするという事らしいのです。
 なるほど…と思いましたが、さらに話しを聞いていくと、どうやらそれは“ヒーリング”の要素が含まれている物になる…と言っているではありませんか。


   ヒーリングと伊藤さん??


 どれだけ頭を働かせても、その2つを結びつけるのは困難に等しかったのですが、レコーディングの日、それらの出来上がった曲を聴かせていただいたときに、さらに謎は深まるばかりでした。

 …これって…普通の伊藤さんの曲だな…と。


 自分はわりと前から、伊藤さんの作った曲を演奏させて頂いているのですが、それら既存の曲との差異を見つけるのは、なかなか難しい作業でした。
 これは理論云々ではないんだと思います。とにかく、ヒーリングと言ったらヒーリング…。そういう見方で思うしかありません(考え方の問題なのかも分かりませんが…)。自分が参加したのは3曲で、全部で10曲ぐらい録ったらしいですから、自分が手伝ったのは僅かということになりますが、全編淡々とした感じのCDにさせるらしく、ある意味、挑戦的な作品にはなるだろうなと思いました。

   最終段階として、被せのギターを録音する伊藤さん

 実は自分の担当する部分は、既に前の金曜日に録り終わっていて〔三色丼参照〕、今日は伊藤さんのボーカル録りを中心とした日だったのですが、自分はたまたま夜に空きの時間ができていて、せっかくなので録音風景を見学しに行ったのです。

 レコーディングは、もうほとんど最終段階という感じでした。突然、この曲にもキーボードを録らせてくれ…とか言われて、いきなり自分もレコーディングに参加させられた曲もあったのですが、まあそれでも何とか終えられた感じでしょうか…。
 抽象的な表現になってしまいますが、気持ち良い雰囲気…とか、暖かい感じ…とか、そういったのを目標としたレコーディング…という感じでしたね。それはそれで良いんですけど、あまりに抽象的過ぎて、そのまま宙に浮いてしまわないかが心配です。この作品を理解するには、ある程度のヒーリングに対する偏見は捨てていかなければならないんだとも思います。
 今日はその歌詞を作ってくれた人も見に来ていて(何だか“気”を扱う方みたいですが…?伊藤さんとは mixi で知り合ったという事実にもびっくりでした)、どうやら音そのものには満足して頂けたらしいので、こちらの役割は果たした感じですが、今後これらのCDがどのような発展性を示させてくれるのか…見ものです。
 自分としては“気”というものを信じる、信じないは別として、良い音楽を作っていきたいだけでから、作詞者に喜んで頂けたのは何よりでした。伊藤さんとヒーリング…、かなり異色の組み合わせですが、やはり自分としては、何かの可能性を信じてサポートしていくしか…無いんですよね…。頑張ります。

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

安城志紀レコーディング
 今から約1ヶ月ほど前、安城志紀さん(北條馨梨さんプロデュース)という方のライブでピアノを担当させていただいたのですが〔元宝塚の人とのライブ参照〕、今回、その安城さんがCDを作るというので(これももちろん北條さんプロデュースです)、そのレコーディングにも参加させていただきました。
 場所は、東京タワーの目の前に存在するサンライズ・タワーサイド・スタジオという所で、録る曲は5曲…。それらを今日一日で終えようとする計画らしいので、こちらとしても全力で、そして計画的にそのレコーディングに注がなければなりません。
 しかも、5曲のうち2曲は今日初めてやる曲なのです(と言っても、残り3曲もこの間のライブで1回やっただけですが…)。なかなか不安になってしまいますが、もちろん個々では練習してきてるだろうし、あらかじめ曲についてのイメージというのも創ってきてあります。

   こちらはコントロールルーム   こちらがいわゆるレコーディングルーム

 今日は朝11:00入りで、終わりの時間は自分は終電まで(だいたい23:30くらい)だったので、単純計算では12時間半で5曲という事になり、だいたい1曲あたり2時間半…という感じでしょうか。しかし、レコーディングというのは自分1人でやるものではなく、複数の人数でやっていくものです。自分だけ上手くいったとしても、成功できるものではありません。やはり皆さんとの統率力が大事で、これはミュージシャンだけではなく、レコーディングに関わって下さったスタッフの方々も含めてです。
 その点では、今日のは上手くいったと言えるのではないでしょうか。レコーディングの雰囲気が悪くなると、とてもじゃありませんが良い音楽なんて生まれてきません。その場の雰囲気作りというのも、エンジニアの方達は考えて下さっているのだと思います。自分も見習わなければなりませんね。
 さて、結論を申しますと、自分の分は何とか時間内に録り終えることができました。自分以外の方は皆車で来ていて、終電を気にせずスタジオが使えることから、自分を優先的に録っていただけていたのかもしれませんが(と言っても、やはりスタジオが使える時間は限られていたと思います)、自分が帰るときには、残りはギターの一部とボーカルの一部(ギターは後から重ねるだけだし、元々ボーカルの安城さんは来るのが遅かったので…)という感じでしたから、今頃はもう録り終えていることでしょう。

   夜ご飯は叙々苑のカルビ弁当!美味♪   今日のミュージシャンとスタッフ一同で記念撮影

 夜ご飯には叙々苑のカルビ弁当を出前して皆さんご満悦だったし、自分が帰るときにはスタッフさんも交えて記念写真も撮ったりしてましたから、なかなか良い現場だったのではないでしょうか。CDを完成させたいという気持ちが1つになっていた証拠だとも思います。皆様本当にお疲れ様でした。

 さて、気になるCDの曲の内容ですが、一部クラシックの曲をやっております。ただし、オリジナルのままで演奏しているわけではなく、それらの曲に歌詞を付け、安城さんが歌う…という感じに仕上げているわけです。ちょっと想像がつきにくいかもしれませんが、以前にやった大塚 Welcome Back のHPでライブ音源が聴くことができますので、興味のある方はぜひ聴いてみて下さい(愛の夢第3番という、フランツ・リストの有名な曲です)。そして、その魅力?にとりつかれてみて下さい(笑)。ついでに、今回CDのために録音した他のクラシック曲というのは“白鳥(サン・サーンス)”という曲です。これもとても有名な曲です♪

 ●愛の夢第3番…http://www.welcomeback.jp/sound/0605/20060531.mp3

 実は自分の音楽のルーツはクラシックにあると思っているため、今回こういったレコーディングに参加することができたというのは本当嬉しく、感謝の気持ちで一杯です。この場を借りてお礼を申し上げます。
 そして、今月の7月31日(月)には六本木 Edge にて、安城さんのライブが予定されており、もちろん自分も出演します。そして、その時にはCDもお届けできるようになっているでしょう。また詳細分かりましたらブログに載せますので、皆様よろしくお願いしますね!

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

放置プレイもいいところ…
 まずは何も言わずにこちらの記事をご覧下さい→〔レコーディングの仕上げ作業〕…今年1月の始めに行った honey side. のレコーディング編集の話しですが、実は6月現在、未だにその作業は完成しておりません…。
 この約5ヶ月間、仕事などで忙しくないわけでも無かったのですが、レコーディング作業はしようと思えばできたはずです(というか、その間にニューヨークとか行ってるし…)。これは完全にサボっていたとしか言いようがありません。自分に反省です。いつかできる、いつかできる…と思っていながらも日にちを先延ばしにしてしまう…。自分の悪い癖です。要は気持ちの持ちようだと思うのですが、きっと honey side. のボーカル、児玉薫も同じタイプなのでしょう。とにかく行動に出ねばなりません。

 …ということで、1月の時にもお世話になったTaro(太郎)さんの家へ行ってまいりました。実は自分だけ3日ほど前にも伺ったのですが、今日は改めて薫と自分とで向かいました。
 現段階はどのような状況かというと、とりあえず“録り”は終わっているので、気になるところを編集する…という作業です。あれ?前と変わってないじゃないか!…と思うかもしれませんが、一応トラックの選定は終わっていて(これが前回までの話し)、今はそれぞれの楽器の音のバランス、エフェクトの考慮、また、歌のハモリ等、加えられる所は加えてみる…といった作業が中心になっています。
 レコーディングの知識が無い方には馴染みがないかもしれませんが、通常CDのレコーディングというのは、1人1人が何回も(何十回ということもあります)録音したものを切ったり繋げたりして、1つの曲を完成させる場合がほとんどなのです。例えば、ある曲の1番は何月何日に録ったもので、2番は別の日に録ったものを採用する…といった感じですが、これはまだ良いほうで、もっと細かい場合、歌詞の一節一節(ある一文字だけ…という場合も)毎に別のトラックを採用する事だって、多々あるのです。

   作業中のパソコンの画面…ボーカル・トラックが複数あります

 そんなに上手くいくのかと思うでしょうが、今の技術を活用すれば、これらは完璧に違和感なく聴こえてしまいます(実際、今の世の中で売られているCDの大半がそうなのですから…)。機械の発達には頭が下がる思いですが、この考えでいくと、もうライブとCDは全然別物だという捉え方になってしまうのかもしれません。確かにそうで、CDはどちらかというと“作品”という概念のほうが近いんだと思います。そのため、“トラック編集”という概念から解き放たれた、“ライブ”というものも存在するのだと思うわけです。
 しかし、いま作っているCDのうち1曲は“一発録り”という、前述したものとは真逆の、歌も楽器も同時に録るパターン、いわゆる一発勝負的な録音を採用してみたのです。これは、この曲のみボーカル、ピアノ、パーカスの3人だけという、少人数な編成のせいもあったのですが、何より即興性と、緊張感、そしてライブ感を前面に出す曲に仕上げたかったからなのです。曲自体は6分程と、歌モノにしては割りと長いほうなのですが、この曲におけるメンバーの集中力といったら大したものです。

 こんなことがありつつも、曲としては徐々に仕上がっていく方向にあるため、作る側ながらもCDの完成が待ち遠しくて仕方ありません。まだまだやる事はたくさんあるのですが、実はジャケットの方は完成してまして(この作業はちゃんと進めていました)、あとはCDの編集を待つのみなのです。まあそれが一番時間のかかることではあるのですが、慌てずに進めることも大事だと思うので…とにかく頑張ります!

 ☆Taro さんのブログ…http://taro.mu/nu/

 ☆児玉薫のHP…http://members3.jcom.home.ne.jp/kaoroom/

テーマ:こんなことありました - ジャンル:日記

レコーディングもうひと踏ん張り!
 何度も紹介している Generation Gap というバンドのレコーディングですが、そろそろ佳境に入っているようで…。現在の進行状況はというと、録った曲を改めて聴いて、足りないところをキーボードなりギターなりで埋めていく。こんな感じになっています。

   キーボードを弾くのが(触れるのが)好きな押越氏

 これらの作業が行われるというので、昨日20日にいつもの六本木のスタジオにメンバーが集合、自分も参加してまいりました。何となく話しを聞いた限りでは、すぐに終わるのかな~と思ってたのですが、これがまた大きな間違い…。夕方19:00に始めたものの、終わったのは次の日(つまり今日!)の朝5:00…。その後6:00頃に撤収をし、自宅に戻れたのは朝の7:00過ぎでした。
 しかも、別にレコーディング作業は完成したわけではないですからね…。もしかしたら“録り”は終わったのかもしれませんけど、前にも言ったとおり、これから“ミックス”や“編集”という作業が待っているのです。これらは時間をかけて自分の納得のいく形に仕上げなければならないので、ここからもまた大変なわけです。
 そんな中、明日(今日か)21日(金)はこの Generation Gap のライブがあります。場所は横浜 Hey-Joe にて。皆さんレコーディングでお疲れのことだと思いますが…頑張りましょうね!

 …ということで、自分は寝ます。おやすみなさい、、、zzz。

 ☆Generation Gap のHP…http://www.generation-gap.jp/

テーマ:がんばってます - ジャンル:日記

レコーディングって大変…
 何度も書いている通り、自分は今 Generation Gap という、ホーン隊がメインのバンドのサポートをしており、この度その Generation Gap がレコーディングをするというので、そのお手伝いに行ってまいりました。場所は六本木の、とあるスタジオにてです。
 そこには既にメンバー以外の人も何人かいて、レコーディングというものは多くの人間が関わっている…ということを窺えさせてくれますが、メンバーのリーダーである上杉君はここ毎日、ほとんどこのレコーディング作業に費やしているとのこと。その大変さと言ったら想像に難くないところです。
 自分はもちろんキーボードですが、タイトル通り、やはりレコーディングは自分にとって、まだまだ課題が残る部分があるなと思いました。これは自分の音楽活動が主にライブ演奏であることが大きいのではないかと思いますが、要するにライブをやっている時と、使う頭が全然違うんですね。

   後ろで睨んでます…

 ライブというのはお客さんがあって成立するものなので、やはり“見せ”て“聴かせる”ことが一番大事だと思うのですが、レコーディングというものはCDによって聴き手に回るものであるが故に、“音”のみで聴かせなくてはならないわけです。つまり、どれだけ印象に残させるかが重要だと…。また、“作品”として後世に(少々大袈裟ですけど…)残すだけに、きちんとした演奏が求められるのも、レコーディングならではの特徴だと思います。
 自分は元々、ライブ時は『遠慮して弾くぐらいなら、思いっ切り弾いて間違えた方が良い』…ぐらいのスタンスでやっているので、この時のままで弾くと、あまりレコーディング向きじゃないような仕上がりになってしまうのです。もちろんそれでも良い場合というのもあるのですが、まだ自分でコントロールできるものではありません。
 これはきっと、今までレコーディングの時は、作業は他の人に任せっ放しだったというのが災いしているのかもしれません(レコーディングは、ただ演奏すれば終わり…とかではなく、その後ミックスや編集という、むしろこっちがメインか?と思われるほど大事な作業が多々ある)。今回もなんとか録り終えましたが、自分的にもっとレコーディングの知識があれば、色々手伝えることがあるのに…と、何とも歯がゆい気持ちになってしまうのです。そう考えると、徹夜続きでレコーディング作業を手伝っている Generation Gap のサポートメンバー、立山秋航(Ds)には常に頭が下がる思いですが…。

 しかし、ライブとレコーディングは違う…と言っていますが、まだ自分的に技術が足りてないからそう思ってるに過ぎない…というだけのことなのかもしれません。もっともっと音楽的なレベルを上げていけば、どちらにしろ結局は音楽なんだから、使う頭は皆同じ…的な考えに切り替わる可能性だってあるわけです。
 …ですが、自分のレベルではまだまだそうは思えません。修行あるのみですね。

 ☆Generation Gap のHP…http://www.generation-gap.jp/

テーマ:製作中 - ジャンル:日記

こちらもレコーディング!
 今日は、こちらもこのブログで何度も書いている“ちびっ子ギャング”の練習&レコーディングの日でした。昨日は朝方まで飲みをやってしまっていたので、結局寝れたのは朝の5:30…。スタジオは茨城県の土浦にあるということで、メンバーである伊藤さん親子が車で自分の家まで迎えに来てくれることになっていました。そして、その待ち合わせの時間は朝10:00。ああ、ほとんど眠れないな…と思っていたのですが、朝9:30ぐらいに伊藤さんから電話が…。その内容とは…

「車が縁石に乗り上げてパンクしちまった!悪いけど大幅に遅れる!」

…というもの。なんとまあ…。そして結局うちに来たのは11:30過ぎぐらいでしたか…。何とも災難でしたが、その代わり自分は少しだけ多く眠れたという、ちょっぴり嬉しいハプニングでもありました(伊藤さんすいません)。
 そんなこんなで土浦に到着。どうやら楽器屋にあるスタジオを借りてやるらしいです。この辺りだと楽器屋はここしかないため、結構有名な人も使っているとか?…昔からある楽器屋なのかなとも思いましたが、店の外観の写真をよく見ると、薄っすらと『カラオケ』という文字が…(笑)。微妙に疑問は残りましたが、まあそれは良いとして、とにかく練習&レコーディングを始めました。

   土浦にある楽器屋、Music Plant

 5時間にもわたる練習&レコーディングでしたが、結果的には、レコーディングというより、良い練習にはなったかな…という感じでしょうか。次に繋げるための、いいプロセスになったんじゃないかと思います。
 先月にも言いましたが、この“ちびっ子ギャング”での次回のライブは4月2日(日)、埼玉県の戸田市文化会館にてです(確か昼頃の出演)。出ている時間は少ないのですが、それでも今日やったことが生かせるよう頑張りたいと思いますので、応援よろしくお願いします!

 ☆ちびっ子ギャングのHP…http://mpd2002.net/chibi/

 …そういえば、このブログのアクセス数が先ほど1万件を超えました!めでたい♪
 これもひとえに見て下さった皆さんのお陰です。ありがとうございました!

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

レコーディングの仕上げ作業
 以前にここでも書きましたが、ただいま honey side. というバンド(何回も言いますが、正しくはユニットです)のレコーディングをしております。そして、現在はその仕上げ作業に入っている段階です。
 レコーディングはベーシストとしての顔を持つ、Taro(太郎)さんという方にやっていただいているのですが、録音は一般のスタジオながら、今は編集という作業なので、Taro さんの自宅にて作業を行いました。
 今回が初めて伺ったわけではなく、12月に1曲だけ編集しに伺ったことがあるのですが、これがまた5時間ぐらいかかってしまったわけで…。今回は前回より時間があるとはいえ、どれだけかかるのやら…。

   左が Taro さん、右がボーカル児玉薫…余裕の表情だが…

 特に引っ張ることもなく結論から言いますが、3曲で7時間かかりました。おお、ずいぶん効率が良くなったではないか!しかし、これは曲の編集の複雑さとかで上下するので、一概に比較するものではありません。
 …とにかく、3曲が終わり、残りは2曲になりました。つまり、honey side. のCDには6曲入れる予定だということです。なんだか、やっとゴールが見えてきたかな?という感じですかね。
 しかし、残りの曲がまた大変で…。そのうちの1曲はボーカルを何度も何度も録りなおし、加えたり重ねたりと、録音だけでかなり手一杯な状況になってしまったのです。これはまだ編集段階に入っていないわけですが、編集に時間がかかりそうなのは目に見えている感じです。
 ある意味これに取り掛かるのは怖いのですが、それでもなんとか完成させるよう頑張りたいと思います。もうしばらく、もうしばらくお待ち下さいませ!

 ☆Taro さんのブログ…http://taro.mu/nu/

テーマ:今日もお疲れさんでしたw - ジャンル:日記



プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー