竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大変則?な銀座 Ami's Bar ライブ
 今日は、フルートの西仲美咲さんのカルテットで、銀座 Ami's Bar でライブをやってきました!メンバーは言うまでもなく、ベースが池田暢夫君、ドラムが和丸君で、このメンバーでのライブも3回目を迎える事になりました。この2人は Ami's Bar は初出演という事で、一体どんなライブになるのか、前から自分はドキドキハラハラしていたものですが(笑)、実は、そんな心配を超越するトラブルがライブ前に起きてしまったのです。
 それはリハーサル直後の事でした。ベースの池田君は、今日はお店のウッドベースを使わせて貰っていたのですが、リハ後にチューニングを合わせていた時に、素っ頓狂な声を上げてしまうのです。

 「うそ、ペグが効かない!」

 …何の事かと思いましたが、どうやらベースの弦を巻いてあるペグという部分が、回しても回しても弦が絡んでくれていないというのです。そして、いつしか弦はデローンと言いますか、いや、ダルンダルンと言いますか…(笑)、まるで弾く事の出来ない、全く張りの無い弦が、ただそこにあるだけ…という状態になってしまいました。また、そうなったのは一番低い音が鳴る第4弦という部分で、よりによってこの音か…という感じでもありました。
 それより、ベースが使い物にならなくなってしまったのです。こうなればもうパニックです(笑)。この時点で既に本番30前…という状況で、考えるより前に行動がしたくなる程の焦りさえ出てきました。3弦だけ弾く…という考えも無くは無かったそうですが、実際演奏的に厳しいのと、楽器時代に結構な負担が掛かるらしく、出来れば避けたい考えでもありました。
 そんな時、池田君は知り合いのベーシスト(達?)に電話をしていて、何とか楽器が借りられる人を探していたようでした。楽器屋もあたってみたそうですが、もう既にお店が閉まっているとの事でした…。そうなると、頼みは知り合いのみ…という事ですが、銀座という場所柄、家が近くにいる人は殆どいなく、大体この日は金曜日だったのでライブで使っている人の方が多そうです。どちらかと言うと、解決は絶望的な雰囲気さえありました。
 こうなったら、エレキベースでもいいか!…と、誰が言ったのか忘れましたが、そんな時に池田君は、1人の戦士を呼び出す事に成功していました。それが、恐らく後に紹介する事になる、安達貴史君です。彼は、実はかなりの売れっ子ベーシストで、藤木直人さんや、いきものがかり等のサポートベース等を務めたりする人でもあるのですが、彼がエレキベースを持ってきてくれる事になったのだそうです。…良いんでしょうか(笑)。
 それでも本番には間に合わず、1ステージ目は頑張って既存のウッドベースで演奏する事にしました。これが意外にも大丈夫そうに聴こえてしまったのが厄介でしたが(笑)、30分くらいして安達君登場!…とりあえず、エレキベースの使用は2ステージ目からにする事にしました。

   このお店でエレキベースを見る事になるとは…   そしてビブラフォンと共演になるとは…(笑)

 そんなこんなで2ステージ目以降は、Ami's Bar でエレキベースという、異色の組み合わせが実現しました!…まあ、西仲さんの選曲は、結構ファンク系の曲が多いので、もしかしたらこちらの方が音的には合っているのかもしれませんが(笑)。そして、ベースの音もいい感じに抜けてきたので、ドラムも結構ガンガンに叩いていくし、これはいつもの Ami's Bar の雰囲気ではありませんでした。ライブ・バーというより、ライブハウス的なノリです。この日はお客さんもほぼ満員に近く、こちらの熱さがお客さんにも届いたのか、盛り上がりもいつもとは違うものを見せてくれていたように思います。

   こんな風景もありました   音の攻防です!

 そして、せっかくだから1曲弾いてと安達君にお願いし、3ステージ目には共演も実現してしまいました♪…曲はまさかの“Cantaloupe Island”で、これこそ Ami's Bar では殆どやらないような曲でしょう。しかし、これがまた凄い事になってまして、お客さんも一緒になって盛り上がる状況になってました。和丸君も攻める、それならは自分もピアノで攻める…と、演奏後は、正に戦いを終えた後のような気分に相応しかったです。しかし、これまで以上に楽しんでいたライブだったと思いました。どうもありがとうございました!池田君にはよく言っておきますね(笑)。
 …ついでに、この一連の流れについての、池田君視点でのブログが書かれていますので、多角的に読みたい場合はこちらも参照してみて下さい(笑)⇒〔Get Happy!:緊急事態、、 それはちょっと楽しい参照〕

 しかし、今日のお店の雰囲気は、“Ami's Bar”…ではなく、完全に“西仲美咲バンド”…という色に染まっていましたね。これもまた凄い事なのかもしれません。もうこうなったら自分に正直に、ドンドンやっていけば良いんじゃないかと思いました(笑)。またこれからもよろしくお願いします!
 
 ところで、このベースの安達君は、今度11月25日(水)横浜 Hey-Joe で行われる Generation Gap ライブに参加する事が決定しているそうで、また共演する機会があるという事ですね!…自分にとっては今日が初共演の日になってしまいましたが(笑)、こちらも楽しみにする事に致しましょう♪

 ☆西仲美咲さんのHP…http://misakinishinaka.com/

 ☆銀座 Ami's Bar のHP…http://sound.jp/isoboo/amisbar/

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

やっぱり、さすがは池田君でしたね~(笑)

その光景見たかった♪

トラブルも楽しいライブですね。
だから、ライブって、楽しいんです♪
【2009/09/26 08:00】 URL | まーちゃん #mQop/nM. [ 編集]


 ハプニングを サプライズに代えたのね(*^m^*) ムフッ

 結果オーライだね!
【2009/09/26 09:48】 URL | かんれきおばはん  #- [ 編集]


>まーちゃんさん
 そうですねぇ。ああいう状況って、大変な筈なんですけど、
 どこか楽しんでいる自分がいたのは事実です(池田君も
 同じでしょう)。だからライブってやめられません(笑)。

>かんれきおばはん
 そうです。これぞプロの技です…と言っておきます(笑)。
【2009/09/26 22:53】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/982-5662de9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。