竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回平和を願うコンサート in 埼玉
 去る9月20日(日)、21日(月・祝)の2日間、ボーカル・ギターのさばいばる伊藤さんが企画する、『平和を願うコンサート in 埼玉』が開催されました。これは埼玉県の日高総合公園という場所で、名義的には『憩いの森ふれあいコンサート』と銘打って行われたのですが、趣旨は間違い無く、昨年に行った〔第1回?平和を願うコンサート in 埼玉〕の2009年度版という事で行われ、日にちも全2日間と規模を広げ、全国から計22組のミュージシャン達が集結し、音楽の2日間を共にしました。自分は2日間とも出演したので、ここでは2日間の様子を続けて書き綴りたい思います。


 1日目は、企画者である伊藤さんのユニットとしての出演です。自分達の出番は一番最後でしたが、夕方までには終わるイベントなので、出演開始時刻は15:50ぐらいからでした。つまりはコンサート自体は午前中(10:00~)から始まっていて、1日に11組の出演者ですから凄い事ですが、尚更“締め”の演奏として、気を引き締めていかなければならない事は確かでした。
 自分はベースの池田暢夫君と、14:00過ぎ頃に現地に到着しました。…と、実は今回は、さばいばる伊藤さんのユニットに池田君も加わって演奏するのです。どうやら伊藤さん自身が、池田君の演奏を気に入ってのオファーだったらしいのですが、自分としては、かなりの異色の組み合わせです…。一体どんな演奏が披露されるのか、本当に蓋を開けてみるまで分からない状態のまま(笑)会場入りしました。

   好天に恵まれていた日でした   木漏れ日がまたいい感じです

 会場は、実はコンサート前日(つまり、トリオライブの日の昼です!)にリハーサルの為に1回訪れていたので、大体の様子は分かっていたのですが、この日は秋らしい素晴らしい好天に恵まれていて、そして、お客さんの姿も多く見えたので、また違った雰囲気を醸し出していました。賑やかではあるんですけど、どこか喉かで落ち着いていて、やはりステージ周りの森林がそうさせるのでしょうか、木漏れ日や涼しい風が気持ち良い場所でした。
 ステージではもちろんライブが行われていて、自分達の2つ前の、水野たかしさんという方の出番になっているようでしたが、よく見ると、ジャンベの樹明も参加しているではないですか。どうやら、ライブ直前に水野さんから直接誘われたらしく、急遽ライブに参加…という形になったそうです。さすが!と思いましたが、この日は既に、更にもう1つのバンドでも参加をしたらしく、もはや引っ張りだこのポジションを得ていたと言っても過言ではないかもしれません。このイベントでは、伊藤さんの知り合いが多数参加していますが、久しぶりに見た樹明の身体の大きさや、そして演奏に驚いた事でしょう。自分はしょっちゅう合っているので、急に成長したという感覚は薄いのですが、久しぶりに見た人はやはり驚かれるそうで…。何だか他人事ながら、嬉しくなってしまいますよね。

   やはり、ここでも Daddy 節は炸裂(笑)!   メインボーカルがステージの端って…(笑)

 そして、お馴染みの Daddy 津田&鈴木勇造さんのライブを経て、自分達の出番となりました。ステージ上に、ほぼ1列に、自分、樹明、池田君、伊藤さん…と並ぶ姿は不思議な光景でもありましたが、それもまた伊藤さんらしいスタイルです。樹明のジャンベソロから始まり、そして自分、更に今回は池田君のソロも続け様に盛り込み、伊藤さんの歌へと繋げていきました。
 実は、今回池田君が入ってくれる事によって、自分の演奏時での負担はかなり減りました。今まではベースの部分も自分が弾いていたのですから当然ですが、これでバッキングに集中した演奏を弾く事が出来ます。また、アドリブ時にも“音階”として絡んでくれるので(さすがにジャンベでは、リズムの絡みしか無理ですよね…)、このユニットとしては新たな風を吹き込んでくれたように思います。どうやら樹明もそんな雰囲気に触発されたようで、いつも以上に激しいジャンベを叩いていたようにも思いました。
 ただ残念だったのは、時間が若干押していたのか、予定しておいた曲を1曲減らさなければならない事でした。いや、減るくらいならむしろ構わないのですが、少し時間に切迫された演奏になってしまっていたかなとも思ったのです。実際、慌ただしさは否めませんでしたし、ソロではない(ソロは結構たっぷり回したので…笑)、じっくり聴かせる時間があっても良いと思いました。ただ、自分の前まで溜まっていた時間の押しを、自分のバンドの時間で消化させたという伊藤さんの転機は、評価したいところでもありますね。また時間のある時の演奏で、この借りは返してしまいましょう!

   この時、既に時間は切迫しています   凄い人数ですね!

 何故こんなに時間にシビアなのかというと、駐車場が時間になると閉まってしまうからなのです。また、この場所は市のものでもありますので、何気に融通が効かなかったりするのです。それでもやはり“記念”の写真は大事で、まるでこの日で終わりかのような集合写真が繰り広げられていました(笑)。こうやって見ると、改めて多くの人が関わっているイベントなのだと思いましたね。それこそ、自分は次の日に繋げる原動力にもなれたのではないかと思います。


 さて、2日目はどこから話せば良いのでしょう…。とりあえず、1日目の打ち上げ(2日目の後は撤収作業がある為に、打ち上げは行わないとの事でした)というのがコンサート終了後に行われ、それは18:00頃から始まったのですが、自分は早々と19:00頃に早退させて貰い、一度自宅に戻りました。そして色々と個人的な作業を片付け、23:00頃に今度は、また違う飲み会に行く為にある場所に向かったのです。
 その飲み会とは、2日目に演奏する Dixie Pork というバンドでの飲みでした。これも、メンバーの1人が演奏後に静岡県の浜松に帰らなければならない事から〔弾丸、日帰り浜松リハーサル参照〕、打ち上げ的な事が出来るのはこの日のみ!…という事で集まったものでした。ちなみに、使わせて貰った居酒屋は“元気屋ふってん”というお店で、現在4店舗にもなるお店になのですが、実は Dixie Pork のボーカルの小口一真は、そこの専務でもあるのです。3、4年くらい前に自分達で始めた居酒屋だったのですが、こう見ると順風満帆ですよね。そして、お店の雰囲気を見ても、その理由は分かるような気もしたものです(ついでに、料理が美味しい上に、相当安いです。わざわざ自分達の為に、Dixie Pork という、前菜的な肉料理を作ってくれましたし♪)。楽しい時間はあっという間に更けていきました。

 ※実は、先にボーカルの一真とドラムの渥美は、2人だけで夕方頃から飲んでいて、
   そして後から自分を含めて2人が加わった感じなのですが、夜中3:00頃に店を後にした時の
   会計が、1人3000円だったのには驚きました。結構飲んだんですけどねえ…(笑)。
   皆さん、是非“ふってん”に行ってみましょう!

   浜松の続きみたいですね♪

 そして、店を後にした時の行動が、「Dixie House」に行こう!…というものでした。Dixie House は、昔このバンドのメンバーが共同生活をしていた、“自称”スタジオ付きの一軒家ですが(笑)、今は違う人が住んでいます(とは言え、縁のある人物ではありますが)〔Dixie Pork 復活の兆し参照〕。なので、こんな時間にお邪魔するのは迷惑以外何者でもない筈なのですが、「今誰もいないから大丈夫だよ」という、一真の無責任な一言で(住人の1人が前述の“ふってん”で働いているので、専務権限なのか…)お邪魔してしまいました(留守でしたが、予想通り裏庭のドアの鍵が開いてるし…笑)。
 そして勝手に家に入り込んで、ギターをどこから持ち出し、演奏し始めます…。歌い出します。やはり家の使い勝手を知っているので、簡単に寛げてしまうんですよね。昔懐かしの練習MDとかも聴いて楽しんでましたし。

 …ですが、これって、、、

   夜な夜な(深夜3:00頃)Dixie House に向かいます   それでこの元気さ(笑)

 一歩間違えたら(…いや、間違わなくても)不法侵入ですよね(笑)。

 …しかし楽しい時間でした。この後、住人が帰ってきたので(当たり前です)早々と退散し、この日は一真の実家に泊まらせて貰いました。しかし、次の日は朝9:30頃に日高総合公園に集合しなければならないので、結果的に7:30起きは免れませんでした。寝たのは5:00近かったのですが、とにかく頑張りましょう!


 …という事で、ここからが本格的な2日目の始まりです(笑)。なんとか時間通りに起きる事はでき(いや、本当は色々と紆余曲折があったのですが、、、省略します…笑)、時間通りに会場に着く事が出来ました。実は、この2日間とも、先ほどの“ふってん”はここで生ビールを販売する露店を出しており、更にこの日は焼きそばも売りにかかっていました。自分も何回かお世話になり、すっかり出来上がってしまいます(笑)。午前中、そして野外でのビールがまた最高でしたね。

   午前中からビールに舌鼓を打ちます♪

 さて、この日は前日のような好天とはならず、そして若干肌寒い朝でした。その為かまだ人もちらほらという感じだったのですが、いずれ人も多くなってくるでしょう。自分達の出番はこの日4バンド目、11:20からの予定です。
 そして、緊張感も高まってきました。実はボーカルの一真こそが、メンバー唯一の緊張しいなのです。この日も例に漏れず、それがメンバー的には雰囲気で伝わってきました(これは表面上というより、一歩深く掘り下げて見る事により分かる、メンバー独特の見極め術です)。個人的には、自分が Dixie Pork のメンバーとしてライブをやるなんて、恐らく3、4年振りの事でしょうから、緊張は当たり前だと思いますが、やはりそれよりも、楽しみの方が全然上でしたね。ブランクこそありましたが、伊藤さん達との付き合いが昔からあった事から、何気にこの界隈で Dixie Pork を知っている人は多いみたいなのです。自分達の出番になり、何だか人も多くなってきたのですが、若干考え過ぎでしょうか(笑)。良いライブになりそうな気がしました。

   何気に、注目してくれていた人は多かったです   恐らく?熱唱中!

 この日、Dixie Pork が演奏した曲目というのが、

 1、Gambo
 2、ココロのロココ
 3、ドアドア
 4、Strawberry An A(一期一会)
 5、いつもここから

 …の5曲でした。いやあ、気になるタイトルばかりですよね…(笑)。本当に何年振りというライブでしたけど、殆どそんなブランクは気にならない、自分達らしいライブだったと思います。“ふってん”のスタッフの方々も応援に回り(恐らく、一真がこうした舞台でちゃんとライブをやっているのを見たのは初めてだったのではないかと…)、盛り上がりに拍車が掛かっている感じでした。正に“復活”ではないでしょうか。
 しかし、こうなると更に曲を演奏していきたいと思うのが人の常というものです。いずれワンマンライブ(いきなり大胆な発想ですが)でもやるか!…という感じになりました。もう、突っ走っちゃって下さいませ!

   樹明はまだまだ出ずっぱり!   最後、1曲だけ演奏させて頂きました

 そんな中、プログラムはまだまだ続いていきました。よく考えたら、自分達の出番が終わっても、まだ午前中という時間帯だったのです。まだ半分以上は残っているわけで、後はゆっくりビールでも飲みながら(また…笑)見物でもしていようかなという感じでした♪
 ステージにも色々あって、どちらかと言うと弾き語りの方が多かった今回のコンサートでしたが、中にはまたもや樹明がゲスト参加させて貰っていたり、コンサートの最後に1曲だけ、さばいばる伊藤ユニットとして演奏もさせて頂く等、変化も様々でした。ただ、やはり時間内という制限は変わっておらず、その雰囲気だけは払拭する事が出来ませんでした。せっかく喉かな場所なのに惜しい事です。もちろん伊藤さんは、違う形になったとしても、こうしたコンサートは来年以降も続けていくのだと思いますが、色々と見直しも必要だと思うので、頑張ってほしいところです。今後はどんな形で“平和を願う”事になるのか、こちらも楽しみにする事にしましょう。

 …と、考えていたさなか、、、

   気持ち良さそうにお昼寝~♪

 メンバーはお休みでございました(笑)。しかし、もしかしたらこの光景が。今回のコンサートの象徴的な姿なのかもしれません…。皆さん色々とお世話になりました。そして会場に足を運んで頂いた皆様、改めて、どうもありがとうございました!

 ☆さばいばる伊藤さんのHP…http://su-zan.net/survival/

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

平和コンサート2日間
本当にお疲れ様でしたぁ。

いとうさんのユニットでの池田君のゲスト参加も
池田君の言うように?おしゃれになって(笑)
でも、ゲストとは思えないくらいしっくりしていたし、

残念ながら、今回は観れなかったDixie Pork 復活も、、、

なんだか、感慨深い
のどかな平和コンサート♪
好きな音楽を生で聞けるって
平和な事です。幸せなことです。

この勢いで、
Dixie Pork のワンマンライブも?(笑)
そして、これからの竹内君にも期待しています♪
【2009/09/22 19:41】 URL | まーちゃん #mQop/nM. [ 編集]


行楽シーズンに野外コンサートっていいねぇ。
なんせこっちは緑がないから森林浴にあこがれる。

そういえば初めて大輔のライブを聞いたのがDixie Porkだったような・・・。
だから何って話Part-2ですが。

お疲れっ!
【2009/09/22 20:41】 URL | Cre #- [ 編集]


>まーちゃんさん
 前日からのご参加、どうもありがとうございました!
 そして、遠い所ご苦労様です(笑)。楽しんで頂けたら幸いです。
 伊藤さんユニットは新しい試みでしたが、意外にすんなりといけて
 ましたよね(笑)。ただ、もう少し落ち着いてやりたかったかも…。
 まとめて、今後に期待という事で(笑)、よろしくお願いします!

>Cre さん
 確かに、森林のイメージは全く無い所だよねぇ…。
 しかも、また懐かしい話しを呼び起こしてくれたり。
 よく分からないけど、こちらこそお疲れっ(笑)!
【2009/09/24 01:49】 URL | 竹内 #- [ 編集]

憩いの森 『木洩れ日』コンサート
平和を感じ、考えるため1日目に参加させていただきました。1日目はお天気が良く、しかも会場は木洩れ日が心地よく、すばらしい音楽を聴きながら、平和な瞬間を感じていました。さばいばる伊藤さんのど迫力にはびっくりしました。ただ押していたんですね。ゆっくりMCすることなく、ガンガンきてましたから。
Daddy津田さんがおっしゃっていた『ここの土は柔らかい、こういう自然を守っていかないと』というのには感心しました。言われないと気づかないことでしたが、確かに踏んでみると柔らかい。自然を感じ、まっすぐに生きているミュージシャンの感性なんでしょうか、平和ー自然ー音楽(感性)がつながった感じがしました。また来年、参加したいです。お疲れさまでした。ありがとうございました。
【2009/09/24 13:06】 URL | にーに #57Ys6QWA [ 編集]

ありがとうございました!
1日目は本当に天気が良かったですよね。木漏れ日も美しく、
そして土の柔らかさ等も相まって、自然との共有がはかれた
コンサートだったと思いました。平和な瞬間、、、
正にそうだと思います。また良かったらお越し下さい!
【2009/09/25 01:23】 URL | 竹内 #- [ 編集]


いつもながらの詳細なレポートありがとうございます。
まるで自分がメンバーになって一緒にビールを飲んでいるような気がいたします。

草葉の陰から応援してますんで、是非とも都内ワンマンライブを実現しちゃってください。
【2009/09/27 18:51】 URL | しみちょく #- [ 編集]

あらま、珍しい書き込みが…
そうでしょう、懐かしいですよね。ビールは青島ですか?

草葉の陰とは言わず、最前線で見てやって下さい♪
【2009/09/27 21:19】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/979-32118582
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。