竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり、鉄道は楽しい。
 『Pen』という雑誌を御存知でしょうか?…これは、美しい“モノ”へこだわり、魅力的なライフスタイル実現する男性のための雑誌…と説明されていますが、いつもなかなか面白い特集が組まれていて、自分も立ち読みをしては気に入ったら購入するという感じの雑誌でもあります。最近ですと、“いまこそ知りたい、アール・ヌーヴォー”、“ピカソをめぐる旅へ”、“家づくりのヒント”、“広告デザイン2009”等、確かに自分の興味をそそられる内容のものが沢山ありました。
 そんな中、今月の最新号は“やっぱり、鉄道は楽しい。”だったから堪りません(笑)。本屋で中身をそんなに読まずとも、もう最初から期待大であり、これは即購入させて頂きました♪…そして鉄道を、デザイン、写真、駅弁、模型等、それは多様な角度から見つめる『Pen』独特の描写は、自分を惹きこませるのに十分な魅力を持つ内容となっていて(また、特集以外の記事も面白かったりするのです)、それはそれは読み応えのあるものでした。

   こんな表紙ですと、迷いもせず購入してしまいます   写真が良いので、すぐに内容にも惹かれていきます

 そして大事なのが、この雑誌は写真がまた綺麗に撮られているという事です。せっかく面白い内容なのに、写真が中途半端ではやはり面白みは半減してしまいますが、この『Pen』はそんな心配は無用です。内容的に、やはり自分も鉄道の知識を持っている人間なので(笑)、中には既知の記事とかもあったりするのですが、そこは写真を見て、より新たな魅力を知る感じでしょうか…。とにかく、自分的には結構“当たり”な内容だったと思うのです。

 このような感じで記事を見ていくと、とても気になる内容のものがありました。それは“鉄道ファン生態分布図”というもので、要するに、鉄道好きにも色々な種類がいる…という事なのです。確かに自分が知っている限りでも、“乗る派”や“撮る派”、“時刻表派”や“模型派”等という感じの言葉は聞いた事があり、更にその中でも細かく分ける事が出来たり、それぞれの派の類似点や相違点等も挙げられる事も出来そうな気がします。まずは左下写真にある“血中テツ分濃度、診断表”というもので(笑)、自分の「テツ」度を調べてみる事にしましょう(もちろん、自分は血中濃度100%でしたが…笑)。

   鉄道好きには、殆ど当たり前の“事件”です(笑)   色々参考になりました♪

 そして右上写真で、自分のポジションがどの辺りに位置するのか、探ってみる事にします…。しかし、こうして見ると色々ありますね(笑)。自分が現在やっているのは、ほぼ完璧に“乗りテツ”だと思いますが、車両の写真も撮らないわけでは無いですし、どこか新しい駅に降りたら、大体はその駅舎も写真に収めます。模型は昔はやっていたものの、今は持っているだけで(さすがに捨てるには惜しい…)広げたりはしません。
 “乗りテツ”には、旅情派や記録派に分かれるようですが、気持ち的には前者なものの、このブログに旅日記を載せている時点で、後者の要素も十分にある気もしてしまいます。
 “撮りテツ”は写真だけかと思いきや、ビデオ派や、なかなかディープな感じですと録音派…いわゆる“録りテツ”もいるわけで、まだ自分はここまでには踏み込めていません(笑)。
 “収集テツ”に関しては、自分はそんなに物を集めるという事は無いのですが、たまに記念に切符を持ち帰る事もありますし、よく考えたら『鉄道ファン』という雑誌は毎月買っていました(笑)。しかし、さすがに鉄道の部品や、制服までは集めていませんね…。
 “模型テツ”に関しては先程述べた通りですが、この派には“仮想ダイヤ”や、“鉄道会社運営妄想”というものがあり、これには結構思い当たる節があったりしたものでした(笑)。要するに、ここからここまでの鉄道があったら良いな~…という想像から始まるのです。…通常はここまでかもしれませんが、自分はもう1歩先に踏み込んで、そうなるとダイヤ(時刻表)はこうなる…とか、こんな特急列車を走らせて…とか、最終電車は他の路線とも接続も考慮して…とか、都心へは地下鉄○○線と相互乗り入れをさせて(ヘタすると、乗り入れ相手の路線まで勝手に作ってしまいます…笑)…ですとか、、、。まあどこまでも想像(妄想?)は広がっていくわけですね。
 あまりに現実味を帯び過ぎて、何でこの駅にこの路線は無いんだっけ?…と考える1歩手前まで来てしまう時もありますが、あまりにディープ過ぎるので、もうこの辺りでやめておきましょう…(笑)。とにかく、やっぱり、鉄道は楽しい…。そして、その楽しみは尽きる事が無いのです!

 ☆Pen のHP…http://pen.hankyu-com.co.jp/

テーマ:自分を磨こう! - ジャンル:ライフ

この記事に対するコメント

なんていうか、
読みながら、怖い妄想世界に迷い込んでしまいそうでした(笑)。

先日も何の話だったか?忘れてしまいましたが、
即、やっぱり、鉄道はいいです、、、
と、話が変わっていってしまった、、(結局、何の話をしてたか忘れてしまいましたし・笑)

また、時間あれば、ディープな妄想世界を
熱く語って下さいませ。

【2009/06/09 07:31】 URL | まーちゃん #mQop/nM. [ 編集]

濃+深
penたまに立ち読み、たまに買いますよ。買うからには結構捨てられない充実さだったりいい雑誌ですよね。
ただ、この号は表紙は目に入ってたけどスルーしてたら、まさかここでピックアップされるとは…?!

職場の同じフロアにでっかい本屋があってバックナンバーもあったりするんであったら見てみよ。分布図が面白そう(笑)
妄想運営…内容を聞くと健全ですが、緻密な妄想すぎで衝撃的でした…

ディープですね…テツ分濃いっすね…

【2009/06/09 10:24】 URL | ぽぽ #- [ 編集]


>まーちゃんさん
 ついでに、この妄想は小学生ぐらいの頃から
 半ば永久的に続いているものなので、その歴史は
 最近開業した鉄道会社を越えてしまっています(笑)。
 実は妄想とは言え、あまりにも非現実的だと意味が
 無いんですよ。やはりバランスが重要だと考えています。

>ぽぽさん
 今回の表紙は結構目立ちますから、買うのは別として
 目には着くのではないかと思います。いやいや、今回こそ
 買わないと(笑)!…この記事ではディープな部分だけ
 拾ってしまいましたが、割りと読みやすい所もありましたし(笑)。
【2009/06/09 14:45】 URL | 竹内 #- [ 編集]


まだありましたー
表紙を横目に、今日は全く見る時間がなかったのでまた今度。エンドのプッシュゾーンに結構まだ積んであったので、大丈夫でしょう!
【2009/06/09 22:47】 URL | ぽぽ #- [ 編集]


うーん、それほど売れ残っているという事か…(笑)。
【2009/06/10 01:19】 URL | 竹内 #- [ 編集]

テツ分不足でした
買ってはないんですがね、別の本屋でもありました!まんべんなくサラリと立ち読みをば。
『テツ分不足です。仕事などで電車を乗り間違えたりして途方にくれた事はありませんか?』 全然あります。
鉄のバイエル!持ってますか?いつかライブのおまけでやって下さい!

駅名ドリル。もず しか読めませんでした。普通に難読にでる言葉だからですかね。

結構面白かったです!
【2009/06/10 15:59】 URL | ぽぽ #- [ 編集]

あれは一体、なんだったのか?!
こんばんは、かっぱです。お久し振りでございます。5月14日の黄門バンドでは、楽しい演奏に、楽しい輔さんの音楽講話を、素敵なムードのお店で楽しませていただき有難うございました。一緒に参りました友人ともども大変に楽しませていただきました。友人も私も、また外苑前ライヴも黄門様ライヴにもお邪魔したいのですが、私の多忙のため友人もうかがえずに残念がっております。私も、次回のライヴに行くのを楽しみに、仕事がんばっております。さて、実は、5月23日(土)に、その日のうちに輔さんにメールでお話したかったのですが、それに適したテーマの日がなかなかなくて書く機会を逸しておりました。今日は久々に鉄道ネタ!!そこで、書くことにしました。(私も、この本、買ってました!その話はまたさせていただくとしまして、)さる5月23日(土)の朝10時前だったと思います。出勤のために大宮駅で乗り換えたのですが、階段をホームに向かって降りていきましたら、一眼レフを構えた「撮り鉄」の人々が、ホームに大量にいるのです!「なんだ、なんだ?!」と、降りて行ったら反対側のホームに、なにやら特急電車が停まっていたのですが、昔の特急ひたちのようなデザインの車両に、青でラインが入っていました。しかも、適度にエイジングされた色調が、なんとも味わい深い。それを、子どもから少年、青年から「もと青年」まで、大量の人(ほぼ全員が男の人)が撮影していたのです!そうこうしているうちに「はい、車両から離れてくださ~~い!」という、爆音の構内放送とともに、あっと言う間にその車両は出て行きました・・・。ホームの鉄ちゃんたちは興奮しつつ、おそらく知らない人どうしで親友のようになって、写真を見せ合う・・・「あれは何の車両だったんですか??」とは、ちょっと訊けない雰囲気のまま、私の乗る高崎線が到着し、私は後ろ髪を引かれる思いで電車に乗ったのでした。さて、あれはいったい、なんの車両だったのか?!・・・ききにくい雰囲気でも躊躇せず、近隣の鉄ちゃんにアレが何なのか尋ねておけばよかったと後悔したのも後の祭りでした(:_;)。という、意味のないメールでしたが、輔さんは、それが何だったのか、ご想像できますか?ふふ、無理ですよね(^.^) 今日は梅雨入りでした。これから少しジメジメしますが、それを吹き飛ばす勢いでご活躍くださいませ!では、また~!
【2009/06/10 22:54】 URL | かっぱ #- [ 編集]


>ぽぽさん
 まあ、普通はテツ分不足で正解だと思います(笑)。

 鉄のバイエルは持ってません!…ネタの1つになりますかね…。

 駅名ドリル…百舌鳥だけ読めれば十分です!場所は大阪になります。

>かっぱさん
 なかなか興味深い話しですね…。大宮駅というとJR東日本の車両工場があり、
 普段は見られない車両が来ていたりするので、“撮りテツ”的には、常に
 目が離せない撮影場所でもあるのです。…なので、どんな車両が来るかは
 本当に予想が出来ないのです。青いライン…と言っておりましたが、せめて
 ベースの色(白ろか銀とか…)分かると、もう少し踏み込めて予想出来そうです。
 ちなみに、場所的にJR東日本の車両ではあると思うので、良かったら
 http://www.jreast.co.jp/train/photo/index.htmlを参考にしていて下さい。
 もしかしたら、その時ご覧になった車両があるかもしれません。
【2009/06/11 03:02】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/919-9e230868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。