竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川上彬子ラストライブ『Akiversary』
 昨日は六本木の Morph-Tokyo にて、ボーカルの川上彬子さんのライブをやってきました。これまで何度も伝えてきているように、この日で川上彬子という名義でやるライブは最後になっていて、この先は“亜希蘭(アキラ)”…という名前で活動をしていくのだそうですが、それは今回のようなバンド形態でのライブに、一先ず終止符を打つという事を意味しています。自分も何度となく川上さんのライブに参加させて頂きましたが、それも今回で最後になるわけです。ただ、個人的な思いとしては、終わってしまう事の寂しさと言うよりは、新しい道への幕開けのような印象の方が強く、今回のライブにしても、川上さんを盛大に見送っていこう!…という気持ちでやらせて貰ったような気がしました。

   通い慣れた道、東京ミッドタウンの光景です   リハーサルは基本的に取り込んでしまいます…

 そして、今回はただ単に“ラスト”のライブだったわけではありませんでした…。この川上彬子バンドでイベントを企画して、そして新しいCDのレコ発ライブというのも兼ねて、川上彬子 "Akiversary"Release PARTY『優しい人』というタイトルでやらせて頂いたのです。もちろん、対バン等も基本的には自分達で呼び集め、しかもライブの合間には、芸人の方々に“お笑いライブ”をやって頂く趣向も取り入れてみる等、本当に色々と盛り沢山のイベントになっていた事が分かるかと思います。

   地下のトイレに続く階段に、写真を貼らせて頂きました   いつものように、今回は最後のメッセージを書きます

 その為、自分達の今回の入り時間は昼の12:30と、かなり早い時間に設定されていました。これでも初めてやらなければいけない事が山積みで(例えば“ギャラリー展示”と題し、お店の通路の壁などには写真を展示させてみたりもしました…また、ライブの合間に映像を流すという試みもやってみました)、リハーサル等も含めて時間は凄くタイトでしたが、それでも川上彬子バンドのライブでは恒例?となっている、うどん屋“つるとんたん”に行く事〔飲みに始まり、飲みに終わるスタンス参照〕は諦めませんでした。やはり、モチベーションを上げるという行程も非常に重要なわけですね(笑)。
 この日のオープンは17:00、スタートは17:30と、これらも早めの時間設定です。本当にたっぷり見せたいという思いが表れているかのようでした。

   今回、“先行”という形で CD は販売させて頂きました   “つるとんたん”での腹ごしらえも見納めか…

 さて、そんなわけで自分達の出番(もちろん最後です)が来る前に、オープニング・アクトで1人、対バンドとして4組、そして芸人の方2組に出て頂きましたが、どれも素晴らしい人達ばかりでした。自分達が呼んでいるからこそ思い入れも強かったわけですが、本当に雰囲気が良く、そして自分達の出番に繋げていってくれている思いが凄く伝わってきたのです。これぞライブのバトン・リレーですね。今まで以上に色々なものを背負いながら、自分達はステージに立てたのではないかと思います。

 いつものSEで幕を開けてから、今回はしっとりと、バラード曲である“変わらない愛があるのです。”から始めさせて頂きました。この曲はピアノだけのイントロで始まり、つまりはライブの始まりを与える者として自分が重要な役割を担っているわけですが、ここでは曲の可能性を与える…という点を意識して演奏に入ってみました。つまりイントロで曲の全ての雰囲気を自分が決定付けるわけではなく、その後に入ってくる楽器陣(歌も含めて)と合わせて雰囲気を作っていこうという事です。その方が広がりのある表現が出来ますし、何よりこの日は特別なライブでもあります。自分だけで雰囲気を決定するのもおこがましいと思ったのです…。
 そして、この曲の特徴としては緩急にあると思います。イントロも含め、歌い出しは相当小さい感じで入っていくのですが、サビになるとそのボルテージも上がっていき、まるで歌詞にある感情の強さに比例するかのようです。その山は全部で3回あり、もちろん最後の山が一番大きいのですが、それは最後の山に行く直前で、一番小さく歌っているからでもあります。これこそ緩急のコントロールが試されると言っても良いでしょう。そしてその高まりは最後には納まりを見せ、余韻を残すような感じで次の曲へと繋がっていきます。

   今回は、しっとりと始めていきました

 そしてその余韻は、ドラムの刻みで現実に戻されます。ここからは雰囲気を変え、賑やかに演奏していきたい思いが伝わるかのようです…。ここで今回初めてのホーン隊が加わり、ギターの山口和也君が作曲した(メロディと歌詞は川上さんです)“Peaceful”に入ります。この曲は元々ブラス・セクションを意識したアレンジとなっているので、やはり生でホーン隊に加わって頂くのは格好良いですし、何より音に厚みが出て気持ち良いですね。
 皆も笑顔になっていき、川上さんも楽しそうに歌っています。曲の途中で「Peace!」と、いわゆるピース・サインを掲げて歌うところもあるのですが、この仕草が曲の全体の雰囲気を表していると言っても良いですね。演奏的には特に難しい部分はないのですが、展開が結構早いので、頭の切り替えは冷静に行わなくてはいけない曲でもありますね。そして、ホーンを加えて演奏したのは今回が初めてでもあったので、ホーンのフレーズが映えるようなピアノ・バッキングもやってみたりしていました。

   今回はホーン隊を入れてみました!   コーラスの清水愛さんと自分です

 そして3曲目は“Trap”です。この曲は、メンバーそれぞれの個性が表面的に出せる曲でもあり、ライブ全体としても大事なポジションにある曲です。ギターのイントロから始まり、ボーカルがスッと入っていき、そしてリズム隊もスッと入っていく…。あまりにも自然に楽器陣が増えていくので、この時に既に楽器の“罠”にやられているような錯覚を感じますが(笑)、それは2番のサビに入った時に、いきなり現実的な表現となって前に出てきます。ここにも緩急の例が当て嵌まってくるのかもしれません。
 いつもなら、ここでベースソロ、ドラムソロ、ピアノソロ…というように続いていくのですが、今回はコーラス、そして初めてのホーン隊もいますので、コーラスソロ、ピアノソロ、そしてホーンのソリ…という順番で回してみました。コーラスソロでは、刻みを大きく取ったメロディを聴かせてくれたので、自分は逆に細かいフレーズでホーンのソリに繋げていきます。そして、やはりホーンという存在感の大きさを改めて感じましたね。歯切れの良いフレーズが更にそのセクションを魅力的にさせてくれていました。
 ところで、この時自分は、ホーンのメロディの隙間を縫うようにピアノのフレーズを入れていき、緊張感と一体感を盛り込んだセクションにもしていきました。必ずしもソリのパートは長くないのですが、だからこそ一気に色々な要素を盛り込んだ方が、混沌とした世界感を表現出来るような気がしたからです。そして、それは良い方向に流れたと思いました。
 MCを挟んで4曲目は、ジャズっぽいテイストが聴きやすい“Star”です。この曲の演奏は本当に気を遣うのですが、やはりジャジーな雰囲気によるものが大きいでしょう。空気感を大切にしていると言うか、その場に出た音を聴いて、改めてまた雰囲気を作っていく感じが、個人的には好きな曲でもあります。
 そして今回は、トロンボーンをフィーチャリングという事で、ホーン隊に1人だけ残って頂き、ソロや間奏部分等ではトロンボーンによる雰囲気を作ってみました。これが音域的に本当にこの曲にぴったりで、最初からこういう編成だったのではないかと思うくらい、しっくりと感じられるバランスがありました。もちろん、歌もこの曲ではフェイクを多いに取り入れているので、正に即興メロディ同士のぶつかり合い(良い意味で)が展開されていました。あたかもメンバー同士での会話が聞こえてきそうな、そんな和やかな雰囲気を過ごせた時間になったのではないかと思います。

   ギターの山口和也君です

 この次のMCで、川上さんの「今回のライブ、ここまで演奏してきた曲は、新しいCDには入っていません!」という衝撃の発言に皆驚かされていましたが(笑)、ここでまた雰囲気をまたガラリと変え、5曲目は“緑”という曲を演奏しました。この曲はもう、単純に「楽しい♪」と思わせてくれるようなノリの良い曲です。曲の最初に川上さんが、「手拍子を皆さんで♪…何となく、それらしいところがありますので!」と、かなり抽象的な表現で手拍子の説明をしてたのには笑えましたが、いざ曲に入ると、お客さんは殆ど着いて来てくれていたのにはビックリしました。つまりは川上さんの事をよく分かっているという事ですよね(笑)。今回はここまで敢えて触れませんでしたが、やはりステージ上には川上さん用のステージ“ドリンク”として、白ワインがコップで置かれていましたし…(笑)。とにかくこれぞ川上彬子!…という曲が“緑”ですね。楽しさもピークに達した感じがありました。

  ボーカルの川上さんと、ドラムの Soki 君です

 そして、6曲目にはグッとテンションを落として、“優しい人”に入ります。川上さんのMC中に、自分がピアノを入れて、雰囲気で弾いていきます。そしてそのまま歌メロに入るのですが、これはいつも即興なので、自分でもどのように弾いていくか、蓋を開けてみないと分からない状態で臨んでいます。もちろん、それが良いのです。また、暫くはピアノとボーカルの2人だけなので、思う存分柔軟に対応できます。
 これまで川上さんのライブでは、その殆どに“優しい人”が入っていましたが、思えばその分、自分も川上さんとデュオで演奏してきた時間があったという事ですね…。本当に、同じ感じと思った事は一度もありませんでした。その都度その都度で、ライブ会場の雰囲気というのは大きく変わる…。それを端的に感じられる曲の1つだったと思います。
 ピアノとデュオの部分を過ぎ、2番に入る前の間奏で皆が入ってくるのですが、これもまたデリケートに入ってきます…。しかし、確かな存在感はそこにあり、それは2番の後の間奏で爆発的なものへと変化していきます。このように、本当に大曲のようなアレンジになっているのですが、この曲だからこそ許されるものはあると思いますね。テンポがゆっくりなせいもありますが、曲の長さのわりに、歌詞はそんなに複雑ではないのです。今回のイベントのタイトルにもなっている“優しい人”ですが、それだけ思い入れがあるという事でしょうね。今回もまた、今回だけしか出来ない演奏になっていたような気がしました。

   この一体感は嬉しいものがありました♪

 そして“優しい人”で最後かと思いきや(今までのライブでは大体最後に持ってきた曲だったので)、再度ホーン隊を入れ、本当にラスト曲となる“パンジー”です。…という事を、“優しい人”をやる前のMCで川上さん自身が暴露してしまっていたので、意外性も何もあったものでは無かったのですが(笑)、とにかく最後の最後の曲でした。
 これは、今までの集大成が表れた曲となったと言って良いと思います。もちろん、メンバー個人個人の思いがあるからこそなのですが、これ程一音一音が大切に聴こえた時はありませんでした。曲を進めるにつれて、ライブの最後が近付いてくる…。頭の中では気にしないようにしても、それは自然に浮かんできてしまいます。この曲も展開が色々あるのですが、どこか一貫したものも感じられる曲で、馴染みやすい曲だと思います。サビでは手を大きく振って歌っていましたが、お客さんもそれに合わせて皆で手を振り、お店は一体感という雰囲気に大きく包まれました。本当に楽しい時間でした。
 この時、本当に最後だ…と自分は思いましたが、“パンジー”の最後の方で「今スタートしたんだ」という歌詞があり、それに気付いた時、自分はこのライブの意味を改めて理解出来たような気がしました…。つまり、確かに最後ではありますが、それは始まりでもあるという事です。今回のイベントは川上さんにとって“節目”であり、川上彬子というアーティストの“けじめ”でもあるのでしょう。川上さんは今回の曲順を決めるにあたって、“パンジー”を最後に持ってくるという事を頑なに拘っていました。その時は何故?とも思っている自分がいましたが、今なら理解が出来ます。
 そして改めて考えてみると、川上さんと一緒にライブをやってきて、最後の最後になってしまったものの、本当にこの瞬間に全てが理解出来たとも思えた自分がいたのです。これは、タイミング的に良いのか悪いのか分かりませんが(笑)、そこには川上さんのサポートというポジションをやってきた自分への迷いはもうありませんでした。あるのは満足感と安堵感で、本当に手伝ってきて良かったと思えたのです。このバンドを通じて色々な方に巡り合い、そして楽しませて頂きましたが、本当に皆さんお疲れ様でした。そして、見て頂いた全ての方々へ、感謝の気持ちを申し上げます。ありがとうございました!

   CD も順調に売れていました!

 …さて、久しぶりに長い長い、ちゃんとした?ライブレポートを書いてしまいましたが(笑)、ここからはもう飲み会モードです。…というか、前述した“つるとんたん”で既に何名か(自分とか…笑)飲んでおり、Morph でもドリンクは頼んでいたりしたので、改めて「飲む!」という感じはしなかったもしれません…。しかし、バンドによるライブの演奏納め…という、大きい意味での打ち上げでもありましたね。ここでは皆、飲み、食べ、騒ぎ、笑い、、、お店を梯子して飲み、食べ、騒ぎ、笑い、、、

   川上さん直々に(当たり前ですが)サイン入りで戴きました!…素“適”ではないですけどね…笑   そして飲み会は続く…

   まだまだ飲み会は続く…(笑)   もう辺りは明るくなって解散です(笑)


 気付いたら朝の9:00でした!(外が明るい…笑)


 何故ここまで続けてこれたかが分かったような飲み会でした(笑)。またすぐにでも集まれそうな感じではありましたけどね…。一先ず、皆さんお疲れ様でした!!

 ☆川上彬子のHP…http://kawakamiakiko.com/

 ☆六本木 Morph-Tokyo のHP…http://www.morph-tokyo.com/

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

読ませていただきました!!ライブレポ!!
ライブレポを読んでいると、一こま一こまに竹内さんの思い入れが
感じられて、感動します。そうだったんだ~って☆
私も、彬子さんの区切りとなるライブに行けて本当に楽しかったし、
幸せな時間でした!皆がきらきらしてました♪

気づいたら朝の9時!!!気づくのおそーい!!ですよね。笑
でもあっとゆうまでしたね♪
【2009/05/04 19:22】 URL | omami #- [ 編集]

どうもでしたー!
ええ、たまに真面目な文章を書くんですよ(笑)。

本当に“節目”に相応しいライブ、そして飲み会でした♪
また何かの機会で集まれればと…そんな風に思います。
【2009/05/05 01:21】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/897-98d5c8a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。