竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄門御一行バンド解散!
 …というエイプリル・フールのネタはさておき(笑)、今日はいつものように、五反田 Rocky で黄門御一行バンドのライブでした。最近、天気が悪くなる事はそんなになかったのですが、この日は本番の時間辺りになると、雷を伴う大雨になってしまいまして…。やはり天気には恵まれない黄門バンドでございます(笑)。

   正直、テーブルに載らないくらいでした!   正直者のメンバー達です(笑)

 今日もまたバラエティーに富む選曲でした。極めつけは2ステージ目に行われた、インストの“Spain”から、そのままボーカルで“Diana”に繋げていった事でしょう。ジャズ系(しかもスタンダード以外)からオールディーズへの繋がりと言うのは、他では聞いた事がありません(笑)。これぞ黄門バンドの極致だと思いましたね♪
 そんな中、初期の黄門バンドを思い起こさせてくれるような選曲もありました。これは3ステージ目に行われたもので、“朝まで踊ろう”と“ファンキー・モンキー・ベイビー”を2曲続けて演奏したのです。これはいわゆるお客さんを躍らせる為に組まれたもので(実際、ちゃんと踊ってくれましたし♪)、ここでは逆に珍しい感じになりました。
 そしてこれらを通して演奏してみて、やはり「ロケン・ロールは良いねぇ~♪」みたいになりまして、そしたら毎回こういった感じの場所を設けようか?…という方向にもなりまして(笑)、これはもしや、ついに“お客さんコーナー”が出来てしまうのか…と思わせるのに十分な演出になりました(笑)。前にも確か“お客さんコーナー”をやった時がありましたが〔本当に“御一行”バンド参照〕、これとはまた違った趣向ですよね、お客さんを躍らせる…というのが目的ですから(笑)。

 …とまあ、このようにまだまだ進化?していく黄門バンド。次回は月末、4月30日(木)です。どうぞまた楽しみにしていて下さい!

 ☆五反田 Rocky のHP…http://livecafe-rocky.com/

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント
雷に負けず
いつもながら、ジャンルが幅広いと思っていますが
今回は一段とバラエティーに富んでいましたね(^-^)
恭子さんのボーカルでは「花水木」
インストでは"Spain"と"We're All Alone"が素晴らしかったです。
【2009/04/02 19:46】 URL | ♪みかん♪ #- [ 編集]

どうもありがとうございます!
選曲に拘りが無いのが拘りですからね(笑)。

また色々な曲をやっていくと思いますので、
どうぞよろしくお願いします!
【2009/04/02 20:04】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/878-ae0e8de3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。