竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年春の、さばいばる伊藤関東ツアー、千秋楽!
 今日29日(日)をもって、今月19日(木)のライブ〔さばいばる伊藤、関東ツアーの始まり参照〕から続けてきた、ボーカルのさばいばる伊藤さんの関東ツアーが終了しました。自分の都合で、その期間内の全てのライブに参加するわけにはいきませんでしたが、このツアーを通して音楽的に大きく成長出来たような気がしています。ツアーとは銘打っているものの、場所が関東なだけに、1回1回自分は家に帰っているわけですが、最後の28日(土)~29日(日)にかけては、伊藤さんの家に1泊させて頂くという事にもなっていました(初です…笑)。そんなわけで、それも含めて最後の2日間の様子をお送りしたいと思います。

   3月28日(土)
 この日は、東飯能にある East Court というお店でライブでした。東飯能という駅は、西武秩父線とJR八高線が通っている駅なのですが、どちらも電車の本数が少ないので、自分は1つ手前の飯能駅まで車で迎えに来て貰い、そこからお店まで向かいました。…とは言え、飯能駅からも歩けない距離ではありません。元々、飯能駅と東飯能駅は至近の距離にも位置しているのです。

   東飯能駅(奥)はすぐそこです   伊藤さんにしては珍しい雰囲気のお店だったかも…(笑)

 お店に着いて驚いたのが、随分とモダンな造りだったという事です…。場所にしても、こんな所にライブハウスなんてあったっけな…という感じだったのですが、コンクリートで囲まれているその建物は正にシンプルで、比較的新しい感じもしました(実際、元々ライブハウスではなかったようで、最近オーナーが変わって、こういったお店になったのだそうです)。
 ここでは対バン形式となっていて、弾き語りの植竹正彦さん、それと“さるお”というバンドの皆さんと共にライブを作っていったわけですが、個人的に、“さるお”というバンドには注目せざるを得ない感じでした。
 どうやら4人組で、その内メンバーの2人は今年大学を卒業(大体皆同い年という感じです…)という世代の人達です。バンドの編成はウクレレ・ボーカル、ギター・ボーカル、コンガ・ボーカル、そしてカホン(パーカッション)で、つまりは3人が歌ったりコーラスをとったりするわけです。そして全てがオリジナルで、飯能や入間辺りを活動の拠点としていて、そして後にさばいばる伊藤さんと出会い、、、。

 これって、自分が昔やっていた Dixie Pork みたいじゃないですか!

 …とりあえず、Dixie Pork に関しては〔Dixie Pork(ディキシーポーク)というバンドがありまして…〕を参照して頂くとして、さるおというバンドのライブには、かなり昔の自分達のイメージが重なってしまいました。音楽のジャンルこそ全然違ったのですが、ライブの雰囲気というか、人柄なのか、相当 Dixie Pork に近いものが感じられたのです(これは、伊藤さんが彼等のライブを初めて見た時にも、同じ感想を持ったそうです)。特に、4人のライブ時でのポジションと言いますか、そこが相当似ていて、もう自分は笑いそうになってしまうくらいでした…。極めつけは、Dixie Pork には“田園少年”というタイトルの曲があったのですが、彼等には“短パン少女”という曲があり、発想まで近いのか!…と思いましたね(笑)。ホント、これからの彼等の末永い活躍をお祈りします…。

   この純粋な感じがたまりません   ステージを見下ろすような造りです

 …という事で、この日はそんな衝撃の発見?があったので、そんなに自分達自身がどうとか…という感じでもないのですが(笑)、いつも通り熱いステージが出来たのではないでしょうか。特に、樹明の叩くジャンベのリズム・パターンが本当に良くなってきて(これは個人的な見解になってしまいますが…)、これまで“しっかりしたビート”だったのが、“自分の好きなリズム”に変わってきたのです!…さすが、樹明に自分のピアノトリオのライブ音源を聴かせているだけあります(笑)。シンコペーションの入り方とか、“間”とか、相当参考にしているんだなと思いましたね…。やはり、吸収が早い年齢なのでしょう。このままいくと、本当に一緒にやり易いプレイヤーになるのではないかという感じがしてきます。この勢いですね!
 こうして東飯能 East Court でのライブは終了し、伊藤さんの家族と共に(笑)、自分はそのまま伊藤さん宅に向かう事になりました。

 …とは言え、伊藤さんの家に着いたのは夜の23:00近く…。ビールを飲んだり、食事を頂いていたりしていたのですが(こういう状況の基本として、樹明の小学生時代の卒業アルバムを見て盛り上がる…なんて事もしてみましたが…笑)、時間はあっという間に経ってしまった感じでした。次の日は朝が早いスケジュールになっていたのも影響したのか、特に違和感も無く自分は早めに床についてしまったのでした(笑)。

   3月29日(日)
 この日は朝7:50頃に起き、そのまま朝8:30過ぎには家を出るというスケジュールでした。この日は何だったのかというと、実は樹明の通っている中学校で、そこの吹奏楽部による定期演奏会があり、何と今回、自分達がゲストとして演奏する事になっていたのです!
 吹奏楽部の定演で“さばいばる伊藤ユニット”とは、かなりチャレンジャー的な行為ですが(笑)、これでも一応、向こう側から誘われたもので、今回の演奏は実現しました。ただ、この入り時間の早さは、機材の搬入だけによるもので、楽器を体育館のステージ上にとりあえず設置した後、そのまま吹奏楽部のリハーサルが3時間も掛けて行われるので、いったん自分達は退散するのです…。まあ、伊藤家はこの中学校から程近い場所にあるので、その部分では救いだったのですが、あまりよく分からないスケジュールでもありました。お陰で、自分はその再度お邪魔した伊藤家で、昼寝を敢行してしまいます…(笑)。

   若干学校の前で待機中…   こちらは自宅で待機中…(笑)

 そして、12:00前にしてやっと、自分達のリハーサルが開始…という感じでした。ご存知の通り、吹奏楽部というのは基本的にマイクを使わず、生音でのステージとなっているので、どうしてもマイクやミキサーというセットが必要となる自分達は、全て機材を自分達で持ち込み、そして全て自分達でセッティングしなければならないのです…。これは予想通り大変でしたが、更にここは体育館という特別な環境だけに、完璧を音響空間を求めるのは難しいのです。…それでも何とか音を作り上げ、本番を迎えました。何とかなるだろう…という思いと共に…(笑)。

   それぞれの個性が出ていた吹奏楽部でした♪   自分は中学生に負けない感じで…(笑)

 今回の定期演奏会は4部構成になっていて、まず1部に、吹奏楽部によるクラシック演奏が2曲披露されます。そして2部がゲスト演奏…という事で、まずはヴァイオリンとピアノによるソナタを演奏する人達がいて、自分達はその後での出演となっていました。つまり、それまでクラシック一色だった空間に、いきなり“さばいばるサウンド”が混じってくるわけです…(笑)。
 本当に大丈夫かと若干心配にもなりましたが、これが意外にも大丈夫でした。ステージから客席が遠かったのが難点でもありましたが、目を凝らしてお客さんを見れば、ちゃんとしっかりと耳を傾けてくれていて、曲によっては手拍子なんかもしてくれていいました。ある意味で個性が発揮されたステージになったのだと思います。また、やはりこの中学校の代表として、樹明にはいつも以上にソロを回してましたし、この学校の生徒達にしても、樹明のこんな姿を見たのは初めてだった人が多かったのではないでしょうか。実際、凄く驚いていたようで、ライブ後は樹明は色々な生徒達に(先生も?)囲まれていたものです。平たく言えば、『樹明の株が5ポイント上がった!』…って感じですかね(笑)。まあ色々な人達に喜んで貰えて良かったです。
 この後、3部には、それぞれの楽器のアンサンブル、そして4部にはフル編成によるポップス曲演奏という事で、約2時間半における定期演奏会は無事終了しました。結構長丁場で大変でしたが、生徒達の一生懸命な姿を見る事ができ、なかなか良い体験をしたなと思いましたね。…また、中学校における樹明…を見る事ができたのも、ある意味で良い体験だったような気もします(笑)。

 さて、ライブはこれで終わりではありません。そのまま今夜は福生にある BeanS Kitchen という所で、今ツアーの最後のライブが控えているのです。機材をいったん伊藤家に置く作業をした後の移動となり、、流石に移動中は疲れて眠ってしまっていましたが、現地に着いてからは、また気分を新たにお店に向かう事が出来ました。

   なかなか良い写真に仕上がっております(笑)   何でも良いので、とりあえず注文したくなります(笑)

 ここは“おでん屋”と銘打った居酒屋ライブハウスのようでしたが、お店に入ってみると、そのステージの狭さにまず驚きました。何と言うか、、、今回はキーボードの設置は無理かも…と思ってしまう程です(笑)。…とは言え強引にセッティングはしてしまうのですが(笑)、相変わらず伊藤さんは凄いお店を探してきてくれますね…。お店の角に詰め込んでのステージをお送りする感じになっていたような気がします。
 それよりも、自分はここは店の雰囲気を見ただけで、絶対食べ物が美味しいお店だと確信しました。それはもう大当たりで、もう今日は最後ですし、“飲みモード”になろうかなと思ったくらいです(笑)。でも本当に“塩辛”とか“ホッケ”とか、“軟骨の唐揚げポン酢和え”とか(完璧に酒の摘みですね…)、もう最高でしたね。『食べ物が美味しいお店では、絶対に良いライブが出来る』…。この言葉を信じる時が来たようです(笑)。

   心地良い音楽でした♪   千秋楽に相応しい、熱いライブでした!

 この日のライブは2マンで、もう1組は“とおる&あさよ”…という2人のユニットの演奏でした。この人達と知り合いになった事が切っ掛けで、今回のライブは実現したらしいのですが、やはり人の縁とは希有なものです。この日がツアーの千秋楽だったからかもしれませんが、演奏前にふとそんな事を思ってしまいました。振り返れば、今ツアーの対バンというのは偶然の出会いでもあると思うのですが、伊藤さんを通じて必然の出会いになっているという見方も出来なくはないですし、やはり“縁”なのでしょう…。実はこの時のライブは自分は若干酔っていて(やはり…笑)、あまり細かい事は覚えていないのですが、何だか楽しかった事は覚えています。こんな感想で良いのか…と思うかもしれませんが、本当にこれで良かったと、自分は素直に思えてしまったのです。そんなライブをセッティングしてくれた伊藤さんに感謝…という感じですね。

 決して、沢山のお客さんが来てくれた!…と言えるような状況ではない日が続きましたが、また新たな一歩が踏み出せるツアーにもなったように思います。音だけの会話ではなく、普通に人と人の付き合いの大切さが垣間見えた印象が強かったかもしれませんね。そこが見えるのは、簡単なようで難しい部分でもあったりするのです…。どうぞ今後ともよろしくお願いします!

 ☆さばいばる伊藤さんのHP…http://su-zan.net/survival/

 ☆東飯能 East Court のHP…http://www.h4.dion.ne.jp/~asanon/

 ☆さるおのHP…http://www.freepe.com/ii.cgi?sarubito

 ☆福生 BeanS Kitchen の(あし多摩の)HP…http://www.tama-navi.com/detail/index.cfm?shop_id=82

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

いやぁお疲れ様でした(笑)
この3日間くらいがめちゃくちゃ盛り上がりましたね。
卒アルみたり、酒のつまみ食べたり、本当に楽しかったよぉ~

演奏の部分でも、自分が大きく成長できたツアーだったと思います!!

今後ともよろしくお願いします!!
(笑)

・・・・。

どうもです!!!
【2009/03/30 12:51】 URL | ミキヤ~~!!! #- [ 編集]

お疲れ様
いやあ、この何日間で、樹明がだんだん親父化していくのが
本当に面白かったです。これからも期待してます(笑)。

よろしくです!!
【2009/03/30 13:37】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/875-2558c0c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。