竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気紛れライブハウス、西川口如何屋
 今日は、ボーカル・ギターのさばいばる伊藤さんのユニットで、西川口にある如何屋(どうや)というお店でライブをやってきました。この日も Daddy さん、すぅさん共に一緒で、今月の19日に行われたライブ〔さばいばる伊藤、関東ツアーの始まり参照〕から続いてきた関東ツアーの一貫でもあったのですが、今日でその2人と一緒に出演するのは最後になりました(ライブはまだまだ続くのですが、この後はそれぞれ別の場所で…となっています)。もはや、19日に大森で行われたライブが、かなり前の事だったような気もするのですが(笑)、振り返ってみれば本当にあっという間でしたね…。
 そして今回のお店である如何屋…。店名からして何かありそうな感じがしますが(笑)、これはお店のHPを見てもそうで、“営業時間…マスターの気分次第”、“目安は20:00~”等、かなり気紛れの要素が含まれているお店という印象を受けました。実際自分達は、お店にはかなり遅めの18:30頃に到着したのですが、それでもマスターはまだ来ておらず、結局19:00を過ぎてからお店に入り、そしてリハーサル…という形になっていきました。この相当なマイペースっぷり…素晴らしいです(笑)。

   駅からは若干離れた所にあります   ハーブ入りというのがまたニクい(笑)!

 そして、それはメニューにも表れていました。まず Daddy さん達がお店のマスターに、「何か食べるものとかありますか?」と聞くと、「どんなのが食べたいですか?」と逆に聞かれる始末です(笑)。…そのまま、「お腹を満たしたい」…だけをキーワードに作られたものが、ガーリック風味の、ベーコン入りパスタでした。これが美味しそうだったので、自分も同じものを注文してみたのですが、何となく独り言的に「自分、どちらかと言うとトマトソースの方が好きなんですよね…」と呟くと、その出来上がりは正に右上写真のものが運ばれてきました!…ちなみに、自分の隣に座っていたお客さんも、同時期にパスタを頼んでいたのですが、その際にマスターに、「トマトソースで良いですか?」と言われていました(笑)。これは…完全にマスター・ペースの流れではないですか(笑)。

 そんな中ライブは始まりました。ちなみに、暫くマスターは注文に追われていたので、ライブ開始時刻は遅めにずれ込み、結局21:00近くから始まったのではないでしょうか…(笑)。これぞマスターの気紛れ云々ですね。最初はもちろん Daddy さんと、すぅさんからでした。
 今ツアーで見るのはこれで最後になるわけですが、今までを振り返ってみると、Daddy さんのソロから2人編成になってはいましたが、殆ど違和感無く自分の中に焼き付いたライブになっていました。これは、ただ2人にしたのではなく、ちゃんと2人用に曲がアレンジされているのが大きく、ソロの時とは別の視点で見れるのが良かったのではないでしょうか。それでも、もちろん Daddy さん“らしさ”はちゃんと出ており、そこが安心して見られる部分かなとも思います。前にも言ったように、殆どレパートリーは固定されていましたが、だからこそ「2人での演奏」というのを強く印象付けられた結果にもなりました。今後もまた楽しみな感じですね!

   愉快な雰囲気が出てます♪   ピリッとした雰囲気が出てます(笑)

 そして自分達ですが、ここでは音量を大きくすると(特にジャンベの低音)周りから苦情が来てしまうらしく、若干音を抑えての演奏とさせて頂きました。まあ、樹明は予想通り不服そうでしたが(笑)、今回はキーボードではなく生ピアノを使ったので、バランス的にはそれで良かったのかもしれません。なので、選曲も少しは変えての演奏となり、今までは違った雰囲気が出ていたのではないかとも思います。
 自分もフレーズには気を遣いました。ただでこそ、こういった場所ではピアノの音の小ささが表れてしまうので、力一杯のフレーズより、細かなフレーズを多用したのです。そして敢えて音量も抑えて演奏しました…。これは、ここで自分の音が小さいと言って大きめに弾いてしまうと、周りがそれに合わせ、大音量へと発展してしまうからです。その為、“花灯り”という、アドリブを軸とした曲等は、今までとは違うアプローチでの仕上がりになったように思うのです。これもある意味で面白いライブでしたね。
 だからと言って、テンションを落としてはいけません。お互いの音に聴き入る…という面では、むしろ今まで以上に神経を研ぎ澄まさなければいけない状況でもあるのです。写真を見ただけでは分かりませんが、恐らく、今回の関東ツアーでの中でも今日は異色の演奏になっていたでしょうね…。それでも、また1つの可能性を探れた点では、大きな意味を持つライブになったと思いました。…というのは、以前で同じ状況下に置かれた場合、ここまで自分達らしい演奏は出来ていなかったと思うからです。…ちゃんと成長はしているのですね♪…最後には一応自分達のペースになれて良かったです(笑)。

 …という事で、Daddy さん、すぅさんとはお別れになってしまいました。自分達だけになっても、あと数回、ライブは残っていますが、やはり自分達らしさを忘れないのが大事なのでしょうね。今回までのライブでは、特にそれを感じました。

   ほのぼのするジャケットですねぇ(笑)

 そして今回の、『Daddy 津田&鈴木勇造』名義のCDも買わせて頂きました!…これも、それぞれの“らしさ”が満面無く凝縮された作品になっているように思います。是非機会があったら購入して聴いてみて下さい。今までにも発表されている曲が多いですが、アレンジが違うのでまた面白いですよ♪…そんなわけでお2人様方、今回はどうもお疲れ様でした!

 ☆西川口如何屋のHP…http://dowya.hp.infoseek.co.jp/

 ☆さばいばる伊藤さんのHP…http://su-zan.net/survival/

 ☆Daddy 津田さんのHP…http://www.geocities.jp/studio0378/

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

お疲れ&サンキューでした!
4月5日のレトロコンサートの件が地元の情報誌と毎日新聞に取り上げられてますよ。
掲載紙取ってもらtっとくね。
【2009/03/26 10:20】 URL | Daddy津田 #- [ 編集]

お疲れ様でした!
間髪入れずに、次は北九州ですね。
楽しみにしています。よろしくお願いします!
【2009/03/26 15:12】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/871-34292ed5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。