竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年の川上彬子バンド
 今日は、六本木 Morph-Tokyo にて、ボーカルの川上彬子さんのライブをサポートしてきました。何気に今年初でもあったライブでしたが、それよりも前回のライブ〔2008年最後の川上彬子ライブ参照〕から既に2ヶ月以上が経っている…というのが意外な感じがしました。やはり日にちを気にしないと、あっという間に月日は経ってしまっていますね。

 今回は色々と新しい事がありました。その1つはコーラスが加わった事です。前にも一度、コーラスを入れてのライブを試みた事がありましたが〔コーラスが入るという事参照〕、その時とはまた別の方で(笑)、そしてコーラスの入れ方も、異なるアプローチで臨んでくれました(今回新しくやった曲もありましたしね)。それによって、また新しいサウンドが生まれていたので、なかなか面白いなと思いました。やはり同じ曲でも、演奏する人によって大きく変わる…というのを改めて感じましたね。
 もう1つは、オケを流して演奏した…というものです…。これは、今度4月29日(水・祝)に、このバンドでレコ発ライブを予定しているのですが(場所は同じく、六本木 Morph-Tokyo にてです)、その時にホーン・アレンジをした曲があるので、せっかくなのでライブでも流そう!…という事で実現したもので、既存の曲ではありましたが、新鮮な気持ちで演奏する事が出来ました。やはりホーンのメロディーというのは重要で、それによってリズム感が変わるという事も多々あり、演奏する上で非常に注意すべきポイントだったと思います。何気に日々勉強もさせて頂いているわけですね(笑)。

   家庭的な雰囲気が魅力です   ちょっと背景がごちゃごちゃし過ぎましたね

 …そして、今回のライブで川上さんから御報告があった通り、川上彬子バンドは、前述した4月のレコ発ライブをもって、一時お休みを頂きます…。これは、川上さんがレコ発後、ソロで活動していく事を決めている為で、取りあえずの一区切りを付けたい…という思いによるものであります。…なので、もうカウントダウンは始まっている感じですが、取りあえず次回は3月10日(火)で、同じく Morph-Tokyo で予定しているので、良かったらお越し下さいませ。自分もあと2回、頑張ってサポートしていきたいと思います。

 …それにしても、このバンドはオフショットが多いですな(しかも、本番後ではなくて本番前だし…笑)

 ☆川上彬子のHP…http://kawakamiakiko.com/

 ☆六本木 Morph-Tokyo のHP…http://www.morph-tokyo.com/

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/843-46acfb53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。