竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンバード Presents クリスマスライブ2008!
 昨日はクリスマス・イブ…でしたが、自分的にも恒例になりつつあるイベントがあります。それは、昨年の同じ日にも行われた〔ゴールデンバード Presents クリスマスライブ!〕というもので、日ごろ自分もお世話になっているゴールデンバードレコーズ(以下 GB)という事務所が企画するクリスマス・コンサートがあるのです。今年も昨年と同様、竹芝インターコンチネンタルホテル東京ベイ内のチャペルで行われ、色々なアーティストさん方と共演させて頂きました。

   もちろん、ヘリウムガスで入れています   こんな感じに出来上がりました!

 そして今回は、昨年と違う点も幾つかありました。会場は昨年と同じなのですが、今回はバルーン・アートとでも言いましょうか、バルーンによる装飾を各所に行ったので、雰囲気的には結構異なるものを作り出せていたと思います。チャペル内はもちろん、受付からその場に至る通路内にも幾つか備えられており、なかなかメルヘン?な空間が生まれていました。
 あと、ステージはそれぞれ15:00~と19:00~の2回公演だったのは昨年もそうでしたが、今回は開演1時間前に開場をし、アーティストさんを交えてのカクテルタイムが設けられてありました。そんなに広い場所ではなかったのものの、色々な方と触れ合える時間でもあり、なかなか面白い試みだったとも思います…。もちろん、ワインやビール等(ソフトドリンクもありました)も販売しており、立席パーティーのような感覚もありましたね。…せっかくなので、自分もお酒を頂いてしまいました(笑)。

   スタッフお手製!曲名にも注目♪   二重のバルーンは、作るのは難しいのだそうです

 アーティストさんもまた豪華でした。お馴染みの黒光さんや北条さん、昨年も共演させて頂いた鳴海じゅんさんは今年ももちろん出演されていましたが、今年から新しく GB に加わった千紘れいかさんや、元宝塚歌劇団星組の秋園美緒さんも出演されていて、本当にバラエティーに富んでいたというか、これぞクリスマスというイベントだからこそ出来る組み合わせだと思いましたね。また、1ステージ目のみ(しかも前半、中盤だけ…笑)、飛び入りでパーカッションの佐藤直子さんも出演してくれていました。どうもお疲れ様です(笑)。

 さて、このように昨年から色々と変化を遂げた内容になっていたのですが、自分的に最も異なっていた部分というのは、これらの伴奏は全て自分が担当するというものでした。アーティストさんは入れ替わり立ち替わり、時には3人くらいの組み合わせで歌ったりするのですが、自分は常にステージ上にいて、皆さんの土台を作っていかなくてはいけなかったのです。
 これは昨年だと、例えばオケによる伴奏で歌っている方もいたり、また、他にもギターの方が出演されていて、その時に自分はステージ上から降りて、休む時間が確保されていたのですが、今回は全く休み無しです。約1時間半~2時間、ぶっ続けです!…更に、直子さんのいない2ステージ目では、伴走者は完全に自分だけとなっていたので(一応、少しばかり北条さんもパーカッションを担当してくれましたが…)、全ての演奏の責任は自分が背負う感じになってしまいました。
 同じ歌い手をバックに1時間半やるのと、異なった歌い手をバックに1時間半やるのでは訳が違います。それぞれに歌い方に特徴があり、また、歌い手に合った曲を選んできているので、とにかく1曲1曲で、自分の頭の中を整理しておかないと、それぞれの人に合った演奏が出来なくなってしまうのです。しかも、やはり皆さん元宝塚という経歴があるために、歌う曲もオーケストラ系というか、ミュージカル系というか…、とにかくバンド的な曲ではないので、それを自分とパーカッションだけで再現するというのも大変なものでした。…ならば、ここは元曲を再現というか、やはり自分なりの演奏で表現した方が良いというものです。ただ、曲の特色は残したかったので(バックのフレーズとか“間”とか云々ですね)、それを短時間で見出すというのが何よりも大変な作業ではありました…。何だか、一気に若返った気分を感じましたね(笑)。

 曲的には全部で16~17曲あり、それを1時間半という短時間で繋いだのも脅威でしたが、自分的には結構満足した演奏が出来たつもりです。楽器が生ピアノではなく、キーボード…というのが残念と言えば残念でしたが、それでも感情を込めるには十分な仕様でした。歌の方との一体感を全面に押し出し(これがデュオ演奏の極意ですね)、そして楽しんで頂けるように演奏し、会場の暖かい空気とも相まって、なかなか良い空間を体験出来たのではないでしょうか。今回は、お客さんの反応も直接伝わってきた感じがしたので、一体感という意味では会場を包んでの事になりましたね。やはり、それが一番の状況だと思います。皆さんどうもありがとうございました!

   自分は白ワイン、黒光さんは…水です(笑)   幻想的な感じになっているでしょうか…

 …ところで、裏話をすると、自分は先ほど言ったカクテルタイムにも参加し、そこでは恐らく出演者で唯一?お酒まで頂いてしまったいたのですが(笑)、1ステージ前に飲んだのがワインとビールでした。しかし、このビールがある意味失敗で、演奏中にトイレに行きたくなってしまっていたのです(笑)。これがもう、まだステージも中盤ぐらいの事で、この長丁場のステージに何て事だ…と思いましたね…。おかげで、若干焦りが表れた演奏になっていたかもしれません。
 その反省を踏まえ、2ステージ前にはワインだけにしておきました(それでも一応、お酒は飲んでいるという話しですが…笑)。この選択は成功で、今度は全体に亘って落ち着いた演奏が出来たと思います。ただ、1ステージ目のようなアグレッシブなアプローチも、個人的には好きでしたけどね(笑)。要するに、演奏前のビールには気を付けよう!というお話しでした♪…お後がよろしいようで(笑)。

 GB 関係者の皆様、今年1年も、どうもお疲れ様でした!

 ☆ゴールデンバードレコーズのHP…http://www.goldenbird.jp/

 ☆ホテル・インターコンチネンタル東京ベイのHP…http://www.interconti-tokyo.com/second.html

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/12/28 20:27】 | # [ 編集]

応援ありがとうございます!
そして、先日は楽しんで頂けたようで良かったです。
そうですね…飲み過ぎには注意で、ほどほどに?しておきます(笑)。

また来年も、よろしくお願いしますね!
【2008/12/29 01:28】 URL | 竹内 #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/12/29 21:34】 | # [ 編集]

楽しませていただきました!
こんばんは、かっぱです。
24日のライヴでは、竹内さんの素晴らしい歌伴を、歌手の皆様の歌と共に、堪能させていただきました。ありがとうございました。
私は、竹内さんのことは黒光女史師匠のライヴで存じ上げるに至ったばかりの新参者なのですが、ここ最近、二か月続きで竹内トリオのライヴのほうに行かせていただいていたので、歌伴をする竹内さんは久しぶりに拝見することになり、非常に新鮮な思いで拝見・拝聴しておりました。竹内トリオで他のメンバーさんたちとコラボされておられる時とは異質な「チラ見」をなさりつつの演奏、しかもあの譜面量には仰天でした。凄い。歌手に合わせて、曲想に合わせて16~17曲も、演奏の音色を変化させつつもピアノはピアノで表現するという、大変に興味深い演奏を見せていただき、あらたな感動を得たひとときでした。竹内さんの絶妙な伴奏に支えられ、歌手の皆様の歌声も、それぞれ一層、素晴らしさを増していたと思います。どうもありがとうございました。
トイレに行きたくなっていらした・・・とは。・・・話が全く飛びますが、いつかもお話したように、私・かっぱはディズニーシー好きであります。あそこの海上で、「レジェンド・オブ・ミシカ」という大規模なショーが毎日開催されています。数えたところ、衣装を着たダンサーとキャラクターだけで総勢140人くらいはいるという壮大なショーであります。その中央の最も大型の船上には勿論スーパースター・ミッキーマウスが乗船し、高い塔の上に乗っています。去年の12月に観に行った時、このミッキーの乗った塔が下がらなくなってしまったのです。この塔が下がりませんと、帰路にあります橋げたの下を船が通過できないため、帰ることが出来ないのです。そんなわけで、このミッキーの乗った船は、ショーが終わったあと凡そ1時間ほど、他の船が全て帰ってしまって一艘も残っていない海上に、ぽつんと取り残されてしまったのです。ミッキーは、音の何もしなくなった海上に一艘のこされた船の上の高い塔の上に、約1時間も立ったまま、無言で手を振り続けたのでした。多くの観客が心配して「ミッキー、がんばれ~!!」と大声で声掛けをしながら見守っていましたが、私はその時、「ミッキー、トイレ大丈夫かな・・・・」と心配したのでした。話が長くなりましたが、竹内さんもライヴ中にトイレに行きたくなっておられたとのことで、きっと冷汗をかかれたのではないかと拝察した私は、この「ミッキー取り残され事件」のことを思い出したのでした。人前に出て責任のある仕事を担当するかたに共通の大問題、それはトイレ!トイレというのは生理的欲求ですし、いつ行きたくなるかわからないので、なかなか厄介ではありますよね(笑)。せいぜい、水分を控えておくしか手はないけれど、それでも行きたくなる時は行きたくなってしまうものですしね。特に緊張するとトイレは益々近くなりますよね(笑)。
激しく話題が逸れました。申し訳ありません。今年は、わが敬愛する黒光女史のライヴをとおして竹内さんに出会わせていただき、竹内トリオライヴにも行かせていただく機会を得ることができ、たくさん楽しませていただきました。まことにありがとうございました。そんな新参者ながら、竹内さんの演奏とともに、電車や飛行機、旅紀行などが綴られているブログも、旅好きなかっぱには非常に興味深く、基本的に書き込みしない主義のかっぱが珍しく投稿したいと思いまして、時々投稿させていただくに至っております。来年も、どうぞお体を大切にされて、素敵な演奏をお聴かせ下さいませ。ますますのご活躍を祈念いたしております。
追伸:竹内さんの海外紀行日誌のほうも、とても楽しく拝読しております。またゆっくり拝読しまして、いつかコメント書かせていただきたいと思います!

【2008/12/29 21:58】 URL | かっぱ #- [ 編集]



 はは、どうもすみません(笑)。
 ほどほど…くらいになると、お酒も“飲む”ではなく、
 “たしなむ”と言いたいものです。よろしくお願いします。

>かっぱさん
 どうもです。この日のコンサートも楽しんで頂けたようで何よりです。
 この時は自分のピアノトリオのスタンスとは違っていて、主役は
 何よりもボーカリストの皆さんでした。あくまでも自分は“引き立て役”に徹し、
 バックの演奏を務めさせて頂いたわけです。ただ、引き立て役は引き立て役なりに
 大事であり、全体のバランスが難しいポジションでもあります。それだけに
 凄く遣り甲斐のあるものでもあり、その部分で楽しみを見つけるというのも大事
 なのだと思っています。ミッキーよりはグーフィーぐらいのポジションでしょうか(笑)。
 
 いつもブログを見て頂きありがとうございます。また来年も今年と同じように、
 演奏、旅行、鉄道、飛行機、、、等の面で色々と綴っていきますので(笑)、
 これからもご愛読よろしくお願いします!…それではどうもありがとうございました!
【2008/12/30 19:57】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/807-b7a07d8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。