竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分名義ライブ17回目
 昨日は外苑前の Z・imagine にて、今年最後の自分のピアノトリオのライブでした。ここでのライブは久しぶりなような気もしますが、それもその筈で、CDを発売して以来の出演でもあったのです。前回ここでやらせて貰ったのは10月の頭の事でしたから〔自分名義ライブ14回目参照〕そんなに日にちは経ってないのですが、その間にはオリジナルCDの発売、そして名古屋への遠征レコ発ライブ〔竹内大輔ピアノトリオ、名古屋ツアー(2008.10.17~10.18)、自分名義ライブ15回目/a>参照〕、さらには沼袋での無料ライブ〔自分名義ライブ16回目、2周年!!参照〕など、短い期間ながらも濃い活動をさせて貰ったので、それは2ヶ月振りという期間以上の長さを感じたものでした。
 この間の活動は本当に充実していて、無事発売したCDも沢山の方々にご購入して頂けましたし、ピアノトリオのサウンドも更に良くなっていったような気がします。そんな中で、昨日は今年最後のライブという事で、それは気合いが入るのも当然でした。

 今年最後の自分名義ライブ…という事で、選曲には結構悩みました。もちろん、現在発売中のCDの中からの曲を演奏した方が良いとは思うのですが、そこだけに気を取られてもいけない気がしました。やはり、更なる前進を見せなければなりません!…という事で、新曲を3曲ほど(このうち1曲は、実はライブ当日に曲を書き上げたものです…笑)やらせて頂き、12月という事でクリスマスソングも1曲やり、また、トリオ演奏としては久々な曲も取り上げてみました。ある意味で新鮮なライブだったとも思いますし、自分達にとって、非常に刺激的なライブにもなったと思うのです。
 その代わり新曲を演奏していくと、元々何回も演奏している曲の方の弾きやすさが顕著に現れましたね。やはり今までそれだけメンバー内で音を合わせている証拠なのでしょう。曲中で、皆で合わせられる所と自由になれる所が、もう口合わせ無しで分かるのです。こんなに弾いていて楽しい事はありません。だからこそ、自分も(皆?)安心してアドリブがとれるのでしょうね。今回演奏した新曲も、日にちが経つにつれ、このような方向になってきたら良いなと思いました。

 今回は本当に長丁場という感じでしたが、それもその筈で、特に2セット目は、いつもより多めの6曲を用意した上に、更にはアンコールも来たので(これは久しぶりに、ソロピアノで挑戦させて頂きました)全部で7曲演奏し、時間にしては80分を超えてました(笑)。もう自分なんかは最後の方はヘトヘトだったのですけど(若干足元がふらついてましたし…笑)、これはもう今年の最後という事で、もうやれるだけやってやろう!…という感じがありましたね。メンバーそれぞれも同じ境遇だったのではないでしょうか。お陰で、今年1番?とも言えるパワフルな演奏を披露する事が出来たと思います。本当に楽しいライブでした!

   今回は本当に印象に残るライブでした♪   なんか写真的に、トシさんのバンドみたいですね(笑)

 ライブ後は、1年間お疲れ様の意味を込めて、またドラムのトシさん宅の近くの居酒屋で、“朝までコース”で打ち上げを敢行してきました!ここでもまた盛り上がりを見せて、気持ち良く1年を締め括れた感じですね。どうも皆様お疲れ様でした!

 この1年間、自分名義のピアノトリオライブとしては11回ライブを行い、それにボーカル・バックでの演奏も合わせれば、月に1回以上、このメンバーで常にライブを行っていたという事になります。これはなかなか自分としてもよく頑張ったと思いますね。やはり、続ける事に意味はあるような気がします。そして、その集大成としてのライブも楽しく出来たので、昨日は1日、本当に充実した時間を過ごせたと思いました。
 今年1年、どうもありがとうございました。このバンドではまた来年も活動していきますので、どうぞ応援の程よろしくお願いします!…ちなみに次回は2月7日(土)、同じく外苑前 Z・imagine にてです。これからのピアノトリオにも、どうぞご期待下さいませ!


  ●今回のセットリストです!

・1ステージ 1、The Christmas Song
         2、Guernica(オリジナル)
         3、The Day Of The Black Key(オリジナル)
         4、Montmartre's Cafe(オリジナル)
         5、La Fiesta

・2ステージ 1、Morning In Trastevere(オリジナル)
         2、Water Lily(オリジナル)
         3、La Cantaora(オリジナル)
         4、Monte Fiesole(オリジナル)
         5、Suite Sandorine Part1
         6、December's Sunset(オリジナル)
         7、Spain(アンコール、ピアノソロ)

 ☆外苑前 Z・imagine のHP…http://www.radio-zipangu.com/zimagine/

 ☆池田暢夫のブログ…http://nobuike.exblog.jp/

 ☆佐々木俊之のHP…http://www.toshiyuki-sasaki.com/

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント
非常に楽しませていただきました♪
竹内さん、池田さんに佐々木さん、昨夜はお疲れさまでした。とてもお疲れになられたのではないかと思います。3時間にわたり殆ど休憩もなく、あれだけ熱演されたのですから!
私にとりまして、今年最高の自分へのクリスマスプレゼントになりました。私、サービス業の一つの仕事をしておりまして、クリスマスシーズンは通称「くるしみます」と言われるくらいに忙しく(苦笑)、今年も連日のサービス業にヘトヘトで、その仕事が19日に一段落したところでの、昨夜のライヴでしたので、心ゆくまで美しい音楽の世界に心を遊ばせて参りました。私は沼袋が初めての竹内トリオライヴだったので、まだ2回目の体験でした。沼袋にも私を連行した友人が昨夜は2部からしか来れなかったので、私だけ1部から拝見していたのですが、おそるべきことに1部と2部が全曲、違っていたので(←竹内トリオライヴでは常識ですか?!)、合計14曲も楽しませていただけました!どうもありがとうございました。沼袋でCDを買わせていただいて、連日のように聴き倒していたので、CDの曲はとてもよくわかりましたが、実際に演奏されている手元や表情を拝見しながら聴くのはライヴならではの楽しさでした!不肖、私も幼少時から親の意向で強制的にクラシックピアノを習わされてきましたが、才能ないのでちっとも上達しなかったのでした。だけどピアノは大好きで、クラシックの演奏会には結構、行っています。しかし、ジャズピアノに身近に触れたのは竹内トリオが初めてですし、クラシックの演奏会はステージが客席より高いし遠いので、あんなに近くから演奏者の手元を拝見しながら演奏を楽しむ、といった経験は初めてなのでした。竹内さんの演奏は素晴らしいですね。緩急自在で、やわらかな音から力強い音まで流麗に演奏され、その表現力の豊かさに驚嘆しました。才能は勿論のことですが、子ども時代に相当、練習を積まれたのではないかと、想像させていただいております。
 フィレンツエやモンマルトルなど、欧州の様々な土地でインスピレーションを受けられ、それがあのような曲に構成されていったのだと思い、自分も行った時の情景を思い出しながら聴かせていただきました。モンマルトルは確かに新旧が織り交ざった不思議で素敵な街でしたが、私はモンマルトルで食べたサンドイッチが不消化で、夜ホテルで腹具合が悪くなったのを思い出しながら聴いてました。あとになれば食あたりも思い出です(苦笑)。
 睡蓮も素敵でしたね~。けだるいモネの絵画の雰囲気が良く描写されてると思いました。
竹内さん、欧州の中の北欧とかは如何ですか?北欧の国を題材にした曲のレパートリーお持ちですか?私は新人の竹内バンド応援者なので、よく存じ上げずにすみません。もしお持ちでしたら、いつかぜひ聴かせてくださいね。まだでしたら、ぜひ作曲をリクエスト!竹内さんのイメージにかかると、北欧はどういった曲になるのか楽しみです。昨日の新曲も含めて、またCD出してください。楽しみにしています。12月の夕陽。素敵でしたよ~!私の部屋も南西向きでして(夏の夕方は猛烈に暑いですよね)、昨日は私も部屋で着替えしながら同じ夕陽を見て「きれいだな~、今日の夕陽」と思っていたので、それを思い出しながら拝聴しておりました。
 トシさんのドラムも凄かった~~!!すごい技術ですね。手足が全部、猛烈な速さで動くのに見とれてました。私はディズニーシーが好きなのですが、シーのショーでミッキーがドラムを演奏するんです。もちろんトシさんの演奏とは比べモノになりませんが、それでもそれなりに上手で、あの大きな頭で(笑)ミッキーっぽい動きをしながらも、かなりのレベルでドラムを演奏するんですよ。昨夜はトシさんの演奏を拝見しながら、「シーのミッキーも、あの着ぐるみの中で、こんな表情をしながら演奏してるかたがいるのかな」なんて密かに想像してしまいました。・・・おっといけない、夢のない話をしてしまった!ミッキーはミッキーですねっ!
 今度は2月にもライヴですか!またいけたら行きたいです!
 ではでは、どうぞお体をお大切にお過ごしください。今日は電車ネタ一切なしの、かっぱでした。
 
【2008/12/21 16:41】 URL | かっぱ #- [ 編集]

凄いですね!
ここまで書いて頂けるとは思ってもみませんでした。
大変だったのではないですか?…自分も負けずに書いていきたいと思います。

今回で、このトリオのライブは2回目という事で、どうもありがとうございました。
また前回とは違った感じで楽しめたのではないでしょうか。自分のバンドでは基本的に、
同じ日に同じ曲をやる事は殆どありません。たっぷりお楽しみ頂けましたでしょうか。

自分は元々クラシックをやっていて、途中からジャズをやり始めた経緯があるのですが、
やはりクラシックには無い面白さがジャズにはあると思います(もちろん、ジャズには無い
面白さがクラシックにもあると思いますが…)。特に顕著なのが“即興感”というものでは
ないでしょうか。譜面はあるにはありますが、1音1音が指定されているわけではないので、
それぞれ演奏者の即興演奏が重要で、メンバー同士の出た音を聴きながら、更に曲を発展させて
演奏していくのです。これがライブ感にも繋がりますし、臨場感…つまりは今正にこの場で
作られている音楽というのを見る事が出来るわけです。これがライブの醍醐味でもありますよね。

もちろん、自分は小さい頃からピアノの練習はしていましたが、むしろ今では“経験”とか
1つ1つの“行動”が、こうした即興演奏に影響を与えるような気がしていています。こうした
生活環境って、実は結構演奏に出るものなんですよね…。なので、常に刺激を受けていたいとは
思います。旅行とかも、もしかしたらその一環なのかもしれません(笑)。

1曲1曲の感想もありがとうございます。やはり海外という場所は、自分は相当な刺激を受けるらしく、
つまりは音楽にも繋がってしまい、こういった曲達が出来上がりました。自分としても、その時の風景を
思い出しながら弾いています。もしかしたらこういった曲を作る事…というのは、自分の場合、日記に
書き留める事に近いのかもしれませんね。気に入って頂いて良かったです!

ドラムのトシさんは、もしかしたら、今まで自分が一緒にやってきた中で、一番パワフルなドラムを
見せてくれていたかもしれません。はっきり言って、演奏中、自分もびっくりしてました…(笑)。

…と、自分の文章も長くなってしまいましたが、本文の通り、今度は2月7日(土)に
このピアノトリオでライブをやらせて頂きます。また色々な曲を用意してお待ちしたいと
思いますので、どうぞ良かったらよろしくお願いします!…昨日はどうもありがとうございました♪
【2008/12/22 01:51】 URL | 竹内 #- [ 編集]

楽しい返信ありがとうございます!
竹内さん、さっそくの充実の返信、お疲れの中、どうもありがとうございます。楽しく拝読させていただきました。
なるほど、ジャズピアノの面白さは、そういったところにあるのですね。確かに間近で拝見して思ったのは、池田さん佐々木さんと竹内さんが、お互いの空気を読みながら、絶妙の調和で演奏を進めていらっしゃるんだということでした。いわゆる「チラ見」をしながら演奏を繋いでいく絶妙感に、素敵な緊張感とユルユル感を感じてました。
全曲、違う曲をやるのが通例、には仰天しました。すごすぎ。それを軽やかなに「うちのバンドは同じ日に同じ曲をやることは殆どない」と言ってのけてしまう竹内さん、かっこよすぎ。竹内バンドとそのファンのかたがたにとっては常識かもしれませんが、普通、これは常識ではありませんから!お3人のチームワークも抜群なんですね。自分一人ならまだしも、そうでなきゃ、とてもやれません。
2月7日にも、またなさるのですね!風邪をひかないようにして、ぜひ楽しみに行かせていただきたいと思います。
有難うございました!
【2008/12/22 11:12】 URL | かっぱ #- [ 編集]

おそらく…
“同じ曲をやる事は殆どない”…というのは、そのライブが
入れ替え制か、そうではないか…というところによるものも
大きい気がします。まあ、もし入れ替え制だったとしても、
自分は色々な曲をやりたいので、極力同じ曲は避けるでしょうが…。
でも、ジャズというのは、同じ曲でも、全く違う雰囲気で
弾く事が出来ますから、それも面白いのかもしれませんね。
【2008/12/22 11:29】 URL | 竹内 #- [ 編集]

私も書かしていただきます。
私も12月20日行く予定にしていましたが、子供が風邪を引き、断念しました。せっかく楽しみにしていたのに残念です。かっぱさんのコメントを読ませていただきさらに、悔しさが倍増!?しました。娘は6歳ですがピアノを遊び半分習っています。自分でうまく出来ないと、くやしくて泣きながら練習してますが、ただ、性格的に負けず嫌いなだけで、ピアノに夢中というわけではありません。娘もpicturesを、私と一緒に何回も聴いていますので、『この曲が好き』とか言ってますので、ぜひ、娘をつれて聴きに行きたいと思ていました。私は楽器は何も出来ないので、竹内さんたちのあうんの呼吸でそれぞれの楽器を演奏し1つの曲を作り上げていくというライブというものにものすごく憧れます。ピアノの練習があまり好きではない娘にもライブの緊張感や素晴らしさが心に残れば、またピアノに対する思いも違うかなと思っていましたが、1歳の弟が風邪のため今回は断念しました。また来年、ぜひ楽しみにしています。
【2008/12/22 17:49】 URL | にーに #57Ys6QWA [ 編集]

コメントありがとうございます
CD聴いて頂いていますか!どうもありがとうございます。
しかも、娘さんと一緒に聴いているのというのが微笑ましく、
作って良かったなぁ…と、改めて思いました(笑)。

自分も、誰かのライブを見る度に、やはり刺激を受けまして、
その日からの練習量が増える…という影響はあったように思います。
自分のライブでそうなるかは分かりませんが(笑)、せっかくなので
見て頂けたらと思いますね。また来年お待ちしております!
【2008/12/23 01:46】 URL | 竹内 #- [ 編集]


ぉ疲れサマでした♪ライヴ楽しかったですっ☆個人的にちょっと辛いことに直面していて…ヘコみ気味だったのですが…竹内さんのピアノを聴ぃて『明日からまた頑張ろぅ!!』というパワーがわいてきました!!ぁりがとぅござぃました…m(_ _)mアンコールでゎ私のぉ気に入りの“Spain”を弾ぃて下さり(-^〇^-)もぅ嬉しいのなんのってなかったです♪しかも竹内さんのピアノソロだし(^O^*)ふふふ。少し早い、クリスマスプレゼントを頂けた様な…そんな嬉しい気持ちデス!!ほんとに、ほんとに、ぁりがとぅござぃました。
【2008/12/23 12:29】 URL | #- [ 編集]

どうもでした!
お馴染み?の“Spain”をまた違う感じで
演奏したので(まあ、ソロピアノでしたしね♪)、
新鮮に思えたのではないでしょうか?
まだまだ色々な側面を出していければと
思ってますので、今後ともよろしくお願いします!
【2008/12/23 13:10】 URL | 竹内 #- [ 編集]

一年お疲れ様でした!
なんだか、長いコメントが並ぶ中で
どう書いたら良いか?と悩んで、
書くかどうかも
相当、悩みましたが
私らしく♪
一年11回のpiano trioを観てきたわけですが
毎回、毎回、いろーんな趣向があり、
いつも新鮮なライブで
どんどん、好きになって行ってたし、
前回よりも今回の方が…と回を重ねていく毎に
上がって行ってるなぁと
しみじみ思います。特に、チャーリーは(笑)トリオ結成当初、
話しかけてもクールに
ライブ中にもクールに(笑)だったから
今回の刺激的過ぎるくらいのドラムを
想像できなかったです(笑)。
演奏はもちろんですが
いつも、セットリストでも楽しませてもらっていて
今回はまた、新しい曲と久々の曲で
緊張感と良い意味での緩い感じが(笑)
憎いくらい良いものになっていて
さすがです♪

毎回、どんな曲をやるんだろう?
どう演奏されるんだろう?
ワクワクドキドキしながら、
期待通り、期待以上のトリオライブは
本当に毎回、楽しくて仕方ありません!
さらに来年も今年以上に
最近はあまり聴かなくなった名曲も踏まえて(また、ぜひ、聴かせて下さい!)
トリオの飛躍を心から
願っています。

竹内大輔piano trio
私のオンリーワンですね(笑)。
【2008/12/26 03:52】 URL | まーちゃん #mQop/nM. [ 編集]

1年ありがとうございました!
この記事の書き込みは、長い文章縛りでも
できているのでしょうか。まあいいですが…(笑)。

そうですね、今年1年は本当に進化がありました。
それは、個人個人の事でもそうなのですが、
このトリオ全体としてのサウンドが、何よりの成長の
証しだったような気がします。続けるものですね。

ずっとチャーリーと言われて可哀想なトシさんですが、
とりあえず今回のドラムは異様にパワフルでしたね。
おそらく、曲の流れがそうさせたのだと思いますが、
まだまだ皆の見えない部分を引き出せるとも思い、
ますます今後が楽しみになってしまいました。

今年1年は、CDも作れて、本当に頑張ったと思うのですが、
さて、来年はどうするか…。もちろん、CDを売っていくのは
当たり前ですが、新曲もドンドンやっていければと思っています。
その意味では、今回のライブのやり方は、本当に意味があった
ものだと思います。また来年にも御期待下さい!
いつもいつも、どうもありがとうございました!
【2008/12/27 03:04】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/804-7dff072c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。