竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹内大輔ピアノトリオ、名古屋ツアー(2008.10.17~10.18)、自分名義ライブ15回目
 自分の名義で演奏ツアーを行う…。そんな経験を初めてさせて貰ったのは、今年6月の北九州での事でした〔竹内大輔、北九州ツアー(2008.6.5~6.9)参照〕。あの時はもう全てが新鮮で、そこでしか得られないものを十分に吸収できたと思うのですが、今回またそんなチャンスがやってきました。しかも、今度はバンドでの演奏ツアーが出来るというのです。
 演奏ツアーで大変な事は、その行き先々で、どれだけ自分達の音楽を聴いてくれる需要があるか…になると思うのですが、今回は企画者さんの多大なる協力もあり、実現するに至りました。もちろん、一筋縄ではいかない部分も多々あったのだと思いますが、こんな機会を自分達に与えて頂いて、本当に感謝でした。自分のバンド…というのは、もちろん自分のピアノトリオの事ですが、ここで初めて地方での演奏が実現する事になったのです…。予想通り色々な事が起きましたが(笑)、順に見て頂ければと思います。

   10月17日(1日目)
 メンバーの集合場所となったのは、東京都の国分寺駅前で朝10:00の事でした。ドラムの佐々木俊之さん(以下トシさん)は、それよりも30分も前に着いていて(まあ、いつもの事です)優雅に朝食を…、ベースの池田君は車に乗ってきて、『おはようございます、わたくしは今、国分寺駅南口を出て左手にあるみずほ銀行前で眠いです。』…という、よく分からないメールをよこしつつ、何とか全員が揃う事が出来ました。
 国分寺駅に集合したのは、他ならぬ車を出してくれる池田君がこの辺りに住んでいるからですが、ここでまず名古屋に向かうにあたって、東名自動車道で行くか中央自動車道で行くか悩みました。結局、道の高低差が少ない東名で行く事になったのですが、この選択が思わぬ展開を生む事になるとは、この時は誰も知る由はありませんでした…。

   東京都府中市を抜け、多摩川を渡っています   この渋滞はまた序の口でした…東名高速海老名付近にて…

 途中、東名に乗るまでが意外にも渋滞していて、東名川崎インターに乗れたのが11:00くらいだったでしょうか。そして、その先の海老名、厚木付近も若干混んでいたのですが、そこまでは予想内だったので、ここからは順調に飛ばしていくぞ!…と意気込んでのドライブにはなっていたと思います。車内では、池田君の持つ iPod からの音楽や、自分の持ち込んだCDを皆で聴きながら過ごす等、メンバーで同じ音楽を聴くという状況が今までなかなか無かったので、ある意味新鮮な時間ではありました。皆それぞれに色々な聴き方があるようなので、そんな意見に耳を傾けるのも面白かったのです。…こうしていると時間が経つのは早いもので、静岡県を抜け、愛知県に入るのも意外と近く感じられました。

   富士川SAにて、浜っ子丼を食す!   ついに愛知県!…ですが、この道路状況では…

 しかし、静岡県に入った辺りから気になっていたのですが、東名がこの時期集中工事とかで、長きに亘って道路が片側1車線規制になっているのです。これはなかなかストレスが溜まるもので、スピードを出そうにも上手く出せません(その前に、池田君の車は軽自動車ですしね…)。しかも、工事をしていない所でも、安全の為…とかでやはり1車線になっていて、本当に道を隔てているコーンが永遠に続くのではないかと思ってしまいました。
 そしてメンバーは、道路情報で驚愕の事実を知ります。


 岡崎付近10kmの渋滞、名古屋市内まで2時間以上!!


 …これは、時間通りには着かないな…。誰もが思った事でしょう。今回の入り時間は16:00に設定していたのですが、途中での混雑もあったので、16:30ぐらいになりそうな感じではありました。しかし、ここに来て更に渋滞が発生してしまっていたのです。距離的にはあと30~40kmだったので、1時間も掛からず着く…とは思っていたのですが、これは大誤算でした。しかもその渋滞、ノロノロとかそういった状況ではなく、完璧に車が止まってしまうような渋滞だったのです。
 これは17:00、いや、18:00に着くのも怪しいかも…とさえ思ってきました。今更中央道の事が頭に浮かびますが、時既に遅しです。もう道に任せるしかありません。今回のお店は、本来リハーサルが18:00までで、その時にお客さんを入れてしまうので、それ以降は音は出せない状況だったようなのですが、そこは何とか音出しもさせてくれるようにお店に連絡をし、後はとにかく急ごう…という感じにしておきました。
 しかし、焦れば焦るほど車は動いてくれません。この東名の岡崎付近といのは、普段でも混む所らしいのですが、さらに1車線規制になっているので、収拾がつかない状況になっているのです…。とにかく落ち着こう…という考えは働くのですが、今回初めてやらせて貰うお店の事も考えてしまうので、気が気ではありません…。やはり、道に任せるしかなかったのです。

 そして、ついに渋滞を抜けました。時間は17:30を過ぎて、そろそろ辺りも暗くなってきているようでしたが、これなら何とか18:00には着けそうな感じでした。当初の予定では、手前の東名三好というインターで降りて、少し下道を走って行く予定だったのですが、もう少し名古屋寄りのインターの方が良いだろうという事で、そこを抜け、東名から東名阪へと車を進めていきました。そして、池田君が事前に調べてきた、高針というインターで降りれば大丈夫ですよ!…という意見を参考に、そのまま車を向かわせたのですが、、、


 高針インター、降りられません!


 なるほど、ここはインターではなく、ジャンクションだったのですね…。そのまま道は名古屋の都市高速になってしまい、更に750円を取られつつ、泣く泣くその次のインターで降りると、皆でここはどこだ?という表情です…。
 そして、時間も18:00を過ぎてしまいました。しかも、何だか先程の高針という所から、かなり距離を進めてしまったような感じもしました。後はもう、お店の人に道を聞いたり、勘を頼りにで、更に2,3回ほど道を間違えながら、やっとの事でお店に着いたのは夜の19:00を回ろうというところだったでしょうか…。本当にお待たせしてしまって申し訳なかったですが、本番が20:00予定だったので、何とか少しだけでも音は出せそうです。すぐさまセッティングをし、本番に備える事にしました。

   結局   もう夜と言って良い時間帯でした…

 今回の演奏場所は Sunny Side というお店で、閑静な住宅街のど真ん中にあるという感じでしたが、ステージや客席は大きく、これなら本格的なライブも問題無くできそうで、これは少し期待以上の環境でした。セッティングを済ませ、挨拶も済ませ、とりあえず落ち着けたのは本番の30分前、19:30という時間でしたが、本当にもっと早く着いていたら…と悔やまれます…。また、その言葉以上に、自分達は落ち着きを持って臨まなくては駄目だとも思いました。やはり、今朝から移動に移動を次ぐ行程を体験してきたので、いきなりライブをする状態に持っていけるかというと、やはり厳しいものがあると思ったのです。とりあえず水を飲み、差し入れの手羽先や天むすで心を落ち着かせ(笑)、ゆったりの気持ちを心掛ける様にしていきました。

 そして20:00を若干過ぎましたが、本番の時間がやってきました。ただ、この時気持ち的には落ち着いてはいたのですが、逆に“緊張”という状態は解けていなかったようでした。今回いらしてくれたお客さんというのは、もちろん殆どが初めての方で、自分の音楽なんか知らないような方達です(そもそも、こういったジャズですら、普段から聴いているのかどうかも分かりません)。そうなると、どうやってステージを作っていくのが良いという考えになるのですが、まずは自分達がどういう者なのかを伝えるのがベストのようにも思いました。自分のオリジナルもやるにはやりますが、やはりスタンダード曲や、ジャズ以外のカバー曲も交えて、何とか聴きやすい雰囲気をもっていくようにはしてみたつもりです。
 しかし、最初は演奏に固さが残ったというか、終始リラックスというわけにはいきませんでした…。もちろん、移動の疲れも影響が無いわけでは無いと思うのですが、雰囲気にのまれていた部分も、少なからずあったように思います。それでも、いつものように曲を演奏していくにつれ、それらが緩和されていっていたのは良かったかもしれません。1ステージ目の最後の曲は激しい曲でしたが、自分も楽しく演奏できたように思いました。

   今までの苦労を吹き飛ばすような雰囲気です(笑)   ついに終了!

 この調子で2ステージ目も進めていきたいものです。自分はトシさんと景気付けにビールを1杯飲み、いつもの感じで臨みました。そして、2ステージ目は集中力も上がり、最後まで楽しく演奏出来たように思いました。これだとビールのお陰…になってしまいそうですが(笑)、この時はお互いの音を冷静に聴く事が出来て、それらの良い雰囲気を楽しむ余裕があったのです。もしかしたら、いつもより長い時間演奏をしていたかもしれませんが、それもそういった影響からでしょう…。今までの移動の苦労を忘れさせるような、そんな演奏でした。本当に、頑張ってここまで来た甲斐があったというものです。改めて、お疲れ様でした!
 そして、この日は自分のオリジナルCD〔My Trio オリジナルCD キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!参照〕の発売日でもありました。知らない場所でライブをやって、そして無名の自分達のCDをどこまで買ってくれるかは未知数でもありましたが、何枚か買って頂けたようで、本当に感謝でした。これからも頑張って売っていきたいものですね。

 その後、メンバーと企画者さん側で(お店にて)軽い打ち上げを行い、この日はホテルを取ってくれていたので(これもまた感謝です)、自分達で名古屋市内へと車を向けました。今回のツアーはここ1回だけでの演奏だったので、ライブはこれで終了だったわけですが、まだ名古屋に着いてから5時間も経っていません(笑)。少しは名古屋に来た感覚を持ちたいもので、また若干迷いながらも(笑)名古屋の中心、栄までやってきて、ホテルに無事チェックイン後、街へと繰り出しました。

   テレビ塔をバックに撮影…もう夜の12時を過ぎてます…

 何軒かお店は探しましたが、地下にある、いい感じのバーを発見し、ここで再度打ち上げです。池田君は、ここまで1人で運転してきたのでお酒が飲めなかったのですが、ここで晴れて皆でビールを交わす事が出来ました。これぞ泊まり有りのツアーの醍醐味ではないですか!…さぞかし美味しいお酒だったに違いありません。
 そして、ここで食べた串揚げの美味しかった事…。名古屋名物とはまた違うと思うのですが、何だか名古屋に来た感覚が湧いてきたようにも思います(笑)。そして、目一杯飲んだらラーメンが食べたくなってきて、お店の人にお勧めのお店を聞いたのですが、一番お勧めのお店が既に閉まっているとの事だったので、わざわざ店員さん自ら別の店に歩いて案内してくれる事になってしまいました。

   感無量の表情   名古屋でこの店に辿り着くとは…(笑)

 さすが、サービスの良い店だな…と思っていたのですが、ここで最終的に辿り着いたのが、東京、環七沿いで有名な、あの“なんでんかんでん”でした。さすがに皆で笑いましたが、ここ名古屋でも流行っている?とは露知らず…。長い1日の締め括りとしても面白かったです。
 こうして、ラーメンで腹一杯になってホテルに戻ったのは朝の4:00前!…これなら名古屋(の夜)を満喫していると言って良さそうですね♪


    ●この日のセットリストです!

・1ステージ 1、Final Approach(オリジナル)
         2、Besame Mucho
         3、Here,There And Everywhere
         4、The Day Of The Black Key(オリジナル)
         5、Fingers Dance(オリジナル)

・2ステージ 1、Seasons Of Love
         2、Guernica(オリジナル)
         3、Morning In Trastevere(オリジナル)
         4、Monte Fiesole(オリジナル)
         5、Spain

   10月18日(2日目)
 次の日、何かと色々あった1日目でしたが、この日、自分とトシさんは朝8:30に目覚め、ホテルの朝食を食べに行くという快挙を成し遂げました。池田君はチェックアウト(10:00)ギリギリの朝9:30起床でしたが、やはりここで、運転してきた者と、してこなかった者の差が出ていたようにも思います(え…違う?…笑)。
 この日はもう帰るだけだったのですが、せっかくなので(昼の)名古屋を少しだけでも探索したいものです。まだ午前中という状況で、ここから何かをする…というのはなかなか難しい感じでもあったのですが、トシさんが徐に、「コメダ珈琲でコーヒー飲もうよ」と言い出しました。
 コメダ珈琲とは、自分は初めて聞く名前でしたが、名古屋では有名なのだそうで、愛知県を中心に展開している喫茶店なのだそうです。聞けば、トシさんは名古屋に来た際によく利用しているのだとか…。これは行くしかありませんね。

   爽やかな朝です   爽やかなコーヒー・タイムです

 チェーン店なので、歩けばどこかにある…という感じではありましたが、ホテルから5分くらいでそれは見付ける事が出来ました。早速コーヒーを注文しましたが、更にここ名物であるシロノワールという食べ物も注文しました。これは、温かいデニッシュの上に冷たいソフトクリームが載っているという食べ物で、朝食兼デザート…という感じでしょうか。更に、上にメイプルシロップをかけて食べ、3人で1つを注文しても、意外とお腹は膨れたと思います。これは間違い無く、名古屋ならではの食べ物かもしれません。

 この後の予定は、若干迷いました。「何が食べたい?」という質問に対し、やはり“櫃まぶし”という意見と、昨日、時間的に遅くなってお店が閉まり、結果的に行きそこなった“台湾ラーメン”という意見が挙がったのです。結局、間に名古屋城観光(笑)を挟んで両方行けば良い…という意見になったのですが、では、軽そうな櫃まぶしから行こう!…と足を運んだのが甘かったです。

   爽やかな?櫃まぶしタイムです

 訪れたのは“いば昇”という、なかなかの有名店で、朝11:00の開店とほぼ同時にお店に入りました。訪れる瞬間まで忘れていましたが、自分は以前1回だけ来た事があった店で、ここは期待できると思ったものです。名古屋の中心という場所ですが、都会の喧騒を忘れさせる静けさがそこにはあり、店内には小さな中庭、そして小川も望む事が出来る環境にあります。
 ここで3人が皆同じ櫃まぶしを頼んだのですが、これが大きいお櫃1つで出てきまして、予想以上の量でもありました。味は確かに美味しく、これが名古屋の櫃まぶしかと、暫くお昼の時間を楽しんだものですが、食後に池田君から発せられた言葉は、「もう食えないです」…でした(笑)。これで、この後台湾ラーメン屋に行くというのは、かなりの挑戦のようにも思えましたが、間に名古屋城を挟めば大丈夫かも…という期待を持ち?そのまま皆で“歩いて”名古屋城まで向かいました。
 意外にも名古屋城までの道のりは簡単で、30分も掛からず着いてしまいましたが、これではまだお腹が空くような状態にはなりません。その為、名古屋城の最上階まで階段で上ろうと誰かが(きっとトシさんですね…)言い出し、そしてそれは実行に移ってしまいました。
 名古屋城は、実は中にエレベーターが装備されていて、本来なら楽に上れる筈なのですが、どうやら完全に疲労しての登頂?となってしまったようです(トシさんは何故か元気でしたが…)。しかし、これでお腹が空く事には残念ながらならず、ただ疲れて上がっただけという結果になってしまいました。

   ホントに観光ですねこれは…(笑)   最上階に到着の図

 その後、台湾ラーメン屋に行くか行かないかでかなり揉めたのですが(子供か!…笑)、結局、次回来たくなる期待を込めて、今回はパスをする事にしました。まあ、昨日の夜12:00に名古屋に着いてから、ホテルでの朝食を含めて、今までで5回食事をしている事になってますから、これが6食になったらそれはもう大変だったでしょう。この時の時刻は13:00過ぎくらいでしたが、もう名古屋に1日くらい居たのではないかと思う充実感が湧いてきてしまいました。

   再度テレビ塔をバックに、名古屋を惜しみます

 さて、後は安全運転で帰るだけです。お腹一杯の池田君を見て、「じゃあ俺が運転してこうか」と、トシさんが運転意欲満々で切り出してきました。ではお言葉に甘えて…という感じで、ここで初めて池田君が後部座席に座る事になりました。なんて新鮮な光景だった事でしょう(笑)。
 帰りは行きの反省も踏まえて、全員一致で中央道で帰る事にしました。名古屋市内を北上して小牧インターに入り、その先で中央道方面へと進路を向けていきます。中央道はアップダウンの激しい道ですが、道中の景色は美しく、アルプスの山の上の方では紅葉も成りかけていそうな感じでした。

   帰りは中央道で…ほぼ順調でした!   こんな景色が見られるのも、中央道ならでは!

 ここで、敢えて行きの道のりでは聴くのを控えていた、自分のオリジナルCD『Pictures』を車内でかけてみる事にしました。もちろん自分は今までに何度も聴いていますが、池田君やトシさんは、CD化になって初めて聴く事になったわけです。変に自分も緊張の時間が流れてしまいました。
 これがまた、メンバーにもなかなか好評でした。自分の曲では、ヨーロッパの田舎の風景を参考に作った曲がありますが、これが中央道の岐阜県から長野県に入っての光景とも上手くマッチ?していて、面白い環境の中で曲を聴けたように思います。そしてCDを聴き終わり、3人で「いやー、名盤が生まれた!」と、満足気な表情を浮かべてしまいました。本当に自分が好きな人達です(笑)。

 そして途中の駒ケ岳SAで休憩をし、ここで運転手は自分に交代…、中央道を下りるまで運転していきました。気になる所要時間ですが、途中の相模湖や、下りる手前の府中付近で渋滞があったものの、名古屋市内を出てから約5時間半で戻って来ることが出来たのです。運転時間は、トシさんが約2時間、自分が約2時間半で、車の持ち主の池田君は0時間でフィニッシュでしたが、その事を池田君に伝えると、


 「自分、行き9時間ですから…」


 …という、重い重い返事が返ってきました(笑)。いやー、9時間って凄いですよね。本当にお疲れ様と言いたくなるようなツアーではありましたが、今回も、ここでしか得られない経験を一杯積んで帰って来れたように思います。その為には数々の協力があって実現したわけですが、ここで改めて皆さんにお礼をさせて下さい。本当にどうもありがとうございました。そして、更なる飛躍を目指し、自分のトリオ活動を中心に、今後も頑張っていきたいと思う次第です!

 ☆池田暢夫のブログ…http://nobuike.exblog.jp/

 ☆佐々木俊之のHP…http://www.toshiyuki-sasaki.com/

 ☆平針(名古屋)Sunny Side のHP…http://www.ss01.jp/

 ☆コメダ珈琲のHP…http://www.komeda.co.jp/

 ☆いば昇(本店)のHP…http://www16.ocn.ne.jp/~ibasyou/

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント
お疲れ様でしたω
ラ-メンのびるよ~ω

いつの日か三人の演奏を聴かせてください。
【2008/10/23 02:03】 URL | ル-ジュω #- [ 編集]


はい、そうですね…いつの日か…。
どうぞよろしくお願いします!
【2008/10/23 02:45】 URL | 竹内 #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/10/23 03:20】 | # [ 編集]

どうぞー!
はい、写真を見ても分かるように、その
モーニングを頼んでおります(笑)。ただし、
余計にお腹一杯という結果にもなっています…。

何となくですが、名古屋もラーメン屋が
多いように感じたのですが、気のせいでしょうか…。
【2008/10/23 03:24】 URL | 竹内 #- [ 編集]

本当に本当にお疲れ様でしたぁ
名古屋もしっかり、満喫してしまうところが
さすがは旅好きなトリオ(3人ともが好きですよね♪)ならではですね。

ひとつ、気になったのですが
俊さんは朝、ホテルとコメダでモーニングを食べた!
という事になるんでしょうかっ(笑)!?
さすがですね~♪
次回は是非とも、台湾ラーメン食べて下さいね。
名古屋もかなりラーメン屋は多いですよー。
しかも、いろんな地方の美味しいラーメン屋さんが
かなり進出してきていますね。

【2008/10/23 05:05】 URL | まーちゃん #- [ 編集]

どうもでしたー
はい、トシさんは前夜から食べまくってました(笑)。
これからも旅好きならではの演奏ツアーをご期待下さい!
【2008/10/23 10:09】 URL | 竹内 #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/10/24 01:19】 | # [ 編集]


調べてみたところ、東京にも何店舗か
あるみたいですよ。ただ、町田とか
稲城とかで、若干多摩寄りかもしれません…。

そうですね、質問に関してですが、
気合いを入れる為であるとか、景気を
付ける為ですとか、緊張を和らげるとか、、、
まあ恒例です(ただ単に好きなんです…笑)!
【2008/10/24 03:07】 URL | 竹内 #- [ 編集]

お疲れさまでした
初めてコメントさせていただきます。
先日CDをお願いした者です。
名古屋ツアー日記、ドキドキハラハラしながら読ませていただきました。
名古屋満喫できたようで、次回はやはり台湾ラーメンを是非!
フレーバーのエンジェルシフォンケーキもおみやげに是非!
いつか、琵琶湖の近くでライブお願いいたします♪
CDが届くのを楽しみにしています。
【2008/10/24 08:12】 URL | さいとう #- [ 編集]

コメントありがとうございます
CD、もう少しお待ち下さいませ!

そうですね、台湾ラーメンは盲点の
部分でもあったので、次回は是非
立ち寄りたいものです。琵琶湖も良いですね!
【2008/10/24 12:07】 URL | 竹内 #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/10/25 00:06】 | # [ 編集]


はい、特に1杯には拘ってないので(笑)、
これからも自分達のペースでいきたいと思います♪
【2008/10/25 02:25】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/758-e6f19f1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。