竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒光由佳アコースティックライブ in Kanasai
 今月の11日(土)、ボーカルの黒光由佳さんのライブに参加すべく、兵庫県の武庫之荘という所まで行ってきました。これは、今年の8月31日(日)に行われた〔黒光由佳アコースティックライブ in Tokyo〕の“関西版”…という事なのですが、やはり元宝塚という黒光さんの経歴的に、関西でのライブは必須だったのでしょう(今年の6月にCDを発売して以降、関西でのライブは今回が初めてだったと思います)。…なので、東京で行われたライブをそのまま関西に持ち込んで…という感じかと思っていたのですが、これがまた東京とは全く異なる雰囲気、全く異なるサウンドのライブになりました。関西ライブは昼夜2回の公演で、本当に丸一日掛けての行程となりましたが、順に振り返っていきたいと思います。

 この日、ライブをやるお店での入り時間というのは、朝9:00というものでした。これは東京でやる時すらビックリするような数字ですが、まずはこの時間までに武庫之荘に着かなくてはならないという事です。今回の移動は飛行機で、羽田空港発朝7:00の便が用意されていましたが、それなら羽田空港集合は6:00という感じでしょう。自分は前日の夜に友人と遅くまで飲んでいて、これは寝たら起きれないと思い(笑)そのまま寝ずに来たのですが、他のメンバーも同じような境遇があったかもしれません…。
 しかし、集合は思ったより順調もでした…。ここで集合したのはミュージシャン・メンバーで、自分と、バイオリンの Tsumuzi 君、ベースの大森さん、そしてドラムの佐々木俊之さん(以下トシさん)でしたが、6:30頃までには皆、それぞれ飛行機の荷物預かりも済ませられた感じで集合する事が出来ました。ところで、黒光さん側の方達は、既に関西に入っているようなので、まずは自分達だけでの行動となっていたのですが、ここでドラムにトシさんがいた事が大きな変化でしょうか。いつもはパーカッショニストとして、佐藤直子さんが参加して下さっているのですが、今回はスケジュールの都合で出演できず、誰か打楽器系の方を…という時に、自分がトシさんに白羽の矢を立てたのです。
 トシさんは、このバンドで参加するのはもちろん初めてで、やる曲も全てと言って良いくらい初めて演奏するものばかりです。しかし、バンド全体でのリハーサルというのがこれまで設けられなかったので、それでも乗り越えられる人材と言えば…自分と何回も一緒にライブをしている彼しかいなかったのです(笑)。やる曲は事前にある程度分かっていたので、今月頭に行った自分のピアノトリオのリハーサルの合間に、トシさんと自分の2人で1時間だけみっちり仕込んでおき、そして大丈夫だと確信するまでに至らせたのです。
 つまりは、Tsumuzi 君や大森さんとは今日が初めての顔合わせという事で、それも何だか不思議な感じがしましたが、これから長い1日の行動を共にするわけで、ある種の連帯感が生まれていたようにも思いました。よく考えたら、この時点で今までとは違う何かがあったように思ったものです。

   相変わらず、飛行機に近付けない撮影環境が歯がゆいです   まずは一時の一休み…という感じでしょうか

 この日は3連休の初日という事もあって羽田空港は凄く混んでいて、荷物検査を済ませて飛行機の前まで着けたのは、出発する約10分前というものでした。航空会社は全日空(ANA)で、この朝7:00発の伊丹空港行きは自分は何度も利用させて貰った事がありますが〔夢輝のあソングショー at 宝塚ホテル参照〕、いつものボーイング777ー300という機体ではなく、それより少しだけ長さが短い777ー200というものでした。つまりは定員が少なくなっていて、それ故この便は満席となっていたのですが、混雑している日だけに、恐らく、更に混む他の便の機材と取り替えられていたのでしょう。混雑期を象徴するような出来事でもありましたが、今回のその機体をよく見るとスターアライアンス塗装という、特別塗装の機体だったわけで、自分は俄に喜んでその説明を他のメンバーにしてしまいます。しかし、どうも反応がよくないのは、外が雨だったからでしょうか…、それとも朝が早くて辛かったからだったのでしょうか…(笑)。
 飛行機は5分程遅れて出発しました。この日の天気はあまりよくなく、着陸する直前まで雲に囲まれたフライトとなっていて、予想通り機内はよく揺れました。そして、そのせいかドリンク・サービスが冷たいもの限定となっていたのは残念です…。自分はスープを、トシさんはホット・コーヒーを注文する気満々でいたのですが、呆気無くその希望は打ち砕かれました。まあ1時間強ほどのフライトなので、大したショックではありませんでしたが(笑)、朝早い時間だっただけに、少しの気持ちの動きが精神を大きく揺らす要因であるという事も、自分達は学んだ気はしたものです。

 そして、飛行機は定刻より約10分ほど遅れて、大阪伊丹空港に到着しました。ここからライブハウスのある場所までは電車で移動するのですが、急いで行ってもギリギリだった為にこの10分は大きく、案の定お店にて着いたのは9:20過ぎという感じでした。しかし、まだ音響のセッティングも終わっていない感じだったので、とりあえずは間に合ったと言って良いのかもしれません。ホッと一安心でした。

   建物の外観全体を掴めなかったのが残念

 この日のお店であるLive Spot Arrow は、ビックバンド等をやるように出来ているお店で、アコースティックの雰囲気が大きく出ている感じでしたが、その分、ステージのスペース配分には頭を使いました。ドラムは端に寄せ、グランドピアノもステージの下に置いてあり、いつものセッティングとはまるで異なる配置になっていました。また、モニター関連も最小限に留めているようで、確かに楽器の真の部分を生かすといったセッティングなのかもしれません。実際お互いの音はよく聴こえたので大丈夫でしたが、最初は冷や冷やしたものです。
 そしてリハーサルが始まりました。ここでトシさんは、初めて皆と音を一緒に出したわけですが、まるで問題無い感じでさすがでしたね。ただ、一応全ての曲をさらっておいたので、それは開場10分前くらいまで続いてしまいました。この時点でお昼の12:00くらいだったのですが、一気に疲れがきてしまった事を覚えています…。
 1回目の本番は13:30からだったので、まだまだ時間はありました。ここで腹ごしらえを兼ねて、お店の外に出て周囲を探索してみたのですが、これがまた難航しました。付近は住宅地のど真ん中という感じで、気軽に入れるような雰囲気のお店をなかなか見付けられなかったのです。
 そんな時、お店のすぐ近くに『ハピネス』という、何とも興味をそそられるようなネーミングのお店を発見しました。プチレストランと銘打っており、ランチもやっているようです。もちろん、ここで皆ご飯を頼んだのですが(自分はこのお店のお勧めである“ステーキ丼”を注文しました!)、やはりトシさんとライブに来たからには、ステージ前のビールは欠かせません。他のメンバーにも「いる?」と聞いたのですが、「いや、飲むと寝てしまうので」等の理由で却下されてしまいました。そこで、とりあえずトシさんと自分とでビールを2本頼んだのですが、出されたビールが瓶ビールで、そしてグラスが4つ…(笑)。これはもう皆で飲めって事ですよ!…という流れにし、結局皆で杯を交わす事になりました♪
 そして、もちろん4人で2本なんてすぐ終わってしまうわけで…、もう2本追加し、そしてもう2本、、、と、結局合計で7本空けてしまいました(笑)。自分も含めて皆眠かった筈ですが、ここでテンションは一気に上がり、なんだか今日は良い演奏が出来そうな気がする…と確信まで得た気がしたものです。勢いって大事です(笑)。

   豪華絢爛?なテーブルです(笑)

 そして、本番はとても良いものに仕上がりました。変に冷静でいられたというか、お互いの音を聴きながら、その身体の動きまで見えるくらいで、そして遊び心も忘れなかった感じです。静かなところは静かに、そして熱いところは極限まで熱く!…というのはもちろんで、一体感もこれまで以上(…って、そこまで皆と一緒には合わせてないのですが…)にあった気がしました。
 トシさんと自分の場所は、それぞれステージの上手と下手という感じで、言わばメンバーの中では一番離れた場所に位置していたわけですが、逆にお互いの表情がよく見えたというか、遠かったからこそ意識が働いたのかもしれません。ベースの大森さんも、ビールが入って良い意味でくだけた演奏になったのか、リハーサルではやらなかったようなフレーズまで繰り出してくれて、それが出る度にトシさんと自分は目が合い(笑)、さらにサウンドを盛り上げていくような形が作り出されていたと思います。また、Tsumuzi 君のバイオリンも綺麗な音を聞かせてくれて、ステージに華を添えてくれてました。もちろん、ボーカルの黒光さんの歌があって、このようなステージが繰り出されていたわけですが、バックもバックで良いバランスで演奏できているなと思っていたのです。

 このように、1回目を無事終え、今度は2回目の公演を待つ事になっていたのですが、ここが変に時間が空いてしまっていました。特にやる事もなく、自分以外のメンバーは横になったり眠ったりしていましたが、何故か自分はそうはなりませんでした…。今思えば、ここで休んでおけば良かったと思っています…。

   これぞ元気の源(笑)!!

 そして17:00になって開場し、開演の18:30までまたどこかのお店に行こうという事になりました。もしかして、再度ハピネス!?…となりそうな予感もあったのですが、無難?に近くのコーヒー屋で寛ぐ事にしました…。実際、少しメンバーの表情には疲れが見えていて、もはや気力で乗り切りたいところでもあったのです。
 しかし、ライブハウスに戻る途中にビールの自動販売機を発見し、ここでトシさんと自分は1本ずつ購入し、本番前に楽屋でこそこそ飲んでいました(上写真参照…笑)。そしてテンションも上げていきました。
 ここまでの写真だけ見ると、ホントに何しに来たか分からない感じになってしまいますので(笑)、ここで2回目の公演の写真を載せておきますね。雰囲気が伝わればと思います。

   恐らく“Spain”ソロ中です   全体でまとまっていましたね!

 こんな感じで2回目の公演もやり終えました。昼と夜では、選曲が少しだけ違ったのですが、わりと演奏側としては、同じ曲でも違う雰囲気をもって演奏していたと思います。昼夜2回とも見てくれる方もいらっしゃたので、その配慮もありつつ、自分的にも全く同じ演奏は面白くないと思いつつ…それにしても楽しい時間を過ごせたと思います。皆よく動き、よく聴き、そしてよく飲んだライブでした(笑)。さすがに全ての演奏を終えた時の達成感といったらありませんでしたが、自分に自分で御褒美をあげたい感じでしたね。皆さんどうもお疲れ様でした!

 さて、演奏が終わったら、次はお楽しみの打ち上げです。ただ、バイオリンの Tsumuzi 君だけ、次の日の朝早くから予定が入っているという事で、最終の新幹線で帰ってしまったのですが、それでも、とにかく打ち上げを心から楽しもうという気持ちは変わりませんでした。ライブも本気なら、打ち上げも本気というわけです。
 ここは兵庫県の武庫之荘という所ですが、どうやら黒光さんの知り合いの方が、大阪の中心部のあたりでお店をやっているという事で、今日の打ち上げ場所はそこに決まり、そこまで移動する事になりました。車は限られた台数しかなかったので、自分とトシさんと大森さんの3人で電車で移動しましたが、遠くない距離の場所にしては電車の乗り換えが多く、楽器を持っている2人には大変な行程だったと思います。乗り換えをする度に、自分が色々な電車に乗りたいが故、敢えて回り道してのではないかという疑いを持たれましたが(笑)、いやいや、最短経路で行かせて頂いたつもりです。そして、やっとの事で打ち上げ開場に着きました。

   2人とも、ナイスポーズです…阪急梅田駅にて   後ろの建物に注目です!

 そして、そのお店を前にして驚愕しました…。そこには何とも派手な構えのお店が自分達を待ち構えていたからです(右上写真参照)。これは絶対に中も凄い筈だと思いましたが、やはり期待を裏切りませんでしたね。ここはよく、披露宴の2次会等にも使われるような場所でもあるようですが、今回は個室を取ってくれていて、そこに案内されて更にビックリです。
 何ともお洒落な空間なのですが、一言で言えば“シンプル”なもので、スタイリッシュなスピーカーからはモダンなジャズが流れています。黒光さん達はまだ着いていなく、先に3人で飲んでいていいよ!…とは言われていたのですが、それよりもまず、どうも部屋を物色せざるを得なかったというのは自分の悲しい性でしょうか…。これはビールも美味しい違いないと思い、ある程度時間が経ってから先に3人で乾杯をしたのですが、その味といったらもう…。敢えて言う必要はありませんね。そして、トシさんと大森さんがビールを飲んでいるところを写真に撮ってみると、著名人同士の対談みたいになってしまいました(笑)。この空間は、自分達の雰囲気すら変えてしまう力があるようです。

   佐々木俊之×大森輝作…みたいな(笑)

 そして、何分かして黒光さん達も到着…。やはり自分達と同じように、この部屋のあまりの凄さに驚いているようです。そして、やはり現状把握に数分を要して(笑)、やっと皆で乾杯が出来るに至りました。ここではシャンパンが注がれたのですが、このシャンパンもまた、いつまで泡が出るんだというくらい勢いの良いもので、もう全ての物に対して拘りを見せてくれましたね…。恐れ入りました(笑)。
 飲み物もそうですが、更には食べ物まで用意して下さって(こちらも美味しかったです…)、もう至れり尽くせりでした。ところで、お店のスタッフの方の何人かは、この日のライブ(昼のほう)にも足を運んで下さっていたようで、逆にお礼を言われてしまいました。いやいや、こちらこそ…ですよね。とても良い思い出を作らせて頂き、本当にありがとうございました!

   皆で乾杯して…これからが長かった…   食べ物も…美味し過ぎました♪

 乾杯をしたのは、結局遅くなって22:30ぐらいからだったのですが、よく考えたら、自分は一体何時間寝てない事になっているのでしょうか。これは大森さんも似たような境遇で、前日に目覚めたのが自分より早かったため、夜の24:30ぐらいでダウンしてしまいました(もうこの時は、発する言葉全てが面白い事になっていました…笑)。そして大森さんをタクシーで先にホテルに帰らせ、やれやれと思いながら続けて飲んでいたのですが、今度は気付くと自分がトシさんに起こされている状況になってました(笑)。
 時計を見ると夜の1:30過ぎ…。いつの間に寝ていたのでしょう(本当に眠った事に気付きませんでした)。そしてついにトシさんと自分も皆と別れ、タクシーでホテルに行き、長かった1日がこれで終わったのです。結局眠れたのは2:30過ぎくらいだったでしょうか。それでも、妙に満足感を持てた1日だった気がします。改めて、皆さんお疲れ様でした!…というか、今回の記事はトシさんをフィーチャーし過ぎましたね…。

 そして、これは次回のブログに続きます!

 ☆ゴールデンバード・レコーズのHP…http://www.goldenbird.jp/

 ☆佐々木俊之のHP…http://www.toshiyuki-sasaki.com/

 ☆武庫之荘 Live Spot Arrow のHP…http://www.arrow-jazz.co.jp/LSA/index.html

 ☆武庫之荘ハピネスのHP(笑)…http://www3.plala.or.jp/Happiness/

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント
さすがに・・・
ここまでフィーチャーされては書き込まない訳にはいきませんね。
関西お疲れ様でした。
どうやらはしゃぎ過ぎたようで、帰ってから熱を出してしまいました。
でも竹内君のおかげで道に迷わずに、そしていろいろな電車(多分必要最低限の)に乗れて楽しく移動が出来ました。
名古屋でもはっちゃけましょう。
【2008/10/14 21:49】 URL | とし #A54BUlig [ 編集]


あら。珍しく、俊さんがコメントしてる(笑)

2回ステージお疲れ様でした!!
ステージの和やかな雰囲気と一体感が
そのまま伝わってきて、本当に楽しいライブでした♪

名古屋でもはっちゃけて下さい(笑)。
【2008/10/14 22:17】 URL | #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/10/15 01:19】 | # [ 編集]


>としさん
 どうもお疲れ様でした。熱ですか?…まあ、あの1日は
 どう考えても健康的ではなかったですからね…。
 
 演奏を完璧にこなす人は沢山いますが、その後の打ち上げも
 完璧にこなすという人はなかなかいません…。トシさん、
 さすがでした(笑)。この調子で、今後ともどうぞよろしくお願いします!


 今回は、何回トシさんと目が合ったか分かりません。
 お互い、笑わしてやろうかと何度思った事か…(笑)。
 名古屋でもはっちゃけてしまいましょう♪


 どうもありがとうございました。若干恐縮ですが(笑)、
 喜んで貰えて良かったです!これからもよろしくお願いしますね。
【2008/10/15 02:29】 URL | 竹内 #- [ 編集]


わたしのいないところで、、、なんて楽しそうな、、、っ
羨ましいぞ。
ビール飲み過ぎだよ。(トシ君がいるから予想はしてたけどね。)

おつかれさま。いいライブだったようで何よりです。
またよろしく!
【2008/10/15 09:59】 URL | さとー直 #PooosTlY [ 編集]

あ、見つかりました(笑)?
自分も若干予想の範囲内でしたが、
あの本数だけは予想外でした(笑)。

また楽しいライブを作っていきましょう!
【2008/10/15 12:44】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/751-a40214c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。