竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さばいばる伊藤ライブ3days
 こんなタイトルを前にも書いたような気がしますが〔さばいばる伊藤ライブ2days参照〕、9月の26日から28日にかけて、ボーカル、ギターのさばいばる伊藤さんと、3日間付き添ってライブをやってきました。ただし、前のように、それぞれのライブハウスで音を出して…という感じではなくて、それぞれの“会”で演奏させて貰う…という側面の強いライブでした。最終日には京都にまで足を運んだので、これはある意味ツアーに分類されるものなのかもしれませんが、今回は自分達で組んだ演奏ツアーとは異なるものが多々あった為、こういった形で記事を書かせて頂きます。順に振り返ってみる事にしましょう。

   9月26日(1日目)
 この日は普通に…というか、伊藤さんのお姉さんが経営している、千葉県松戸市の五香にある慎也というお店でライブをやってきました。ここは今年の2月にもやっていて〔“慎家”という店参照〕、自分は2回目の出演という事になるわけですが、伊藤さん達はその間にも何度か出ているようで、このお店ではお馴染みの人と化しているようでした。

   狭いながらも頑張っています!

 ここでは40分くらいのステージを2回行い、伊藤さんの饒舌?なトークも交えながら、盛り上がって終えられたと思います。もちろんその背景には、伊藤さんのお姉さんの力もあるのかと思いますが(笑)、ライブ後(ライブ間にも?)お客さんとも交えて色々な話しが出来たりして、暖かな雰囲気はまだまだ健在でした。ライブをやっていない時はカラオケ等で盛り上がるようなお店なので、たまに面白い雰囲気になる時もありましたが、また来たいと思います。お寿司まで奢って貰いまして、どうもありがとうございました。

 そしてこの次の日には、同じく千葉県の柏という所に行く予定だったのですが、自分はこの五香の近くに祖母の家があるので、そこに泊まる事にしました。何も泊まるまでしなくても…とお思いでしょうが、次の日の集合時刻は朝9:00(!)というものだったので、やはり何かと泊まっていく方が便利だったのです…。伊藤さん達は、そのままお姉さんの家に泊まっていったそうで、ここで取り合えず、3daysのうちの1日目を終える事になりました。そしてこれから2日間が大変だったのです…。

   9月27日(2日目)
 2日目、朝7:30には起きて、8:30には伊藤さんと合流、そしてそのまま今日の演奏場所へと向かいました。この日の演奏場所というのは“麗澤”という学校にてで、これは伊藤さんの高校時代の母校でもあります。この日は第60回目を迎える麗澤の同期会が行われるのだそうで、その一環で自分達も演奏をここで行う事になっているのでした。…というのは、この60回目を記念して、参加者には学校の昔の映像などを納めたDVDが渡されるのですが、そこに伊藤さんは作曲・作詞として歌を何曲か提供しており、それらの背景で今回演奏が実現したというわけです。第60回目を迎えているだけに参加者人数は多く、軽く1000人くらいは来訪者がいるでしょうか…。ここは頑張って演奏したいところです。

   今回の会場となった体育館   樹明もなんだか、大人になったのだと思います(笑)

 会場は大き目の体育館で行われましたが、中には丸テーブルが並べられ、その中央には“第○○期生”という札が掲げられています。伊藤さんは第33回卒生なのですが、もちろん同期の方達がこの日の為に集まってきていて、その方達は伊藤さんが地方にツアーに行く度にお客さんとして見る人でもあったので、自分もすんなりとその輪に入る事が出来たのは良かったです。改めて、色々な人達にお世話になっているというのを感じずにはいられませんでした。

   会場は溢れんばかりの人でした!   第“33”回期生をイメージしています

 テーブルには飲み物、食べ物が置かれ、立食パーティーみたいな感じだったので、自分は色々と口にし過ぎてしまいましたが(笑)、そんなこんなで本番です。自分達はこの会の締めの部分に使われているようで、正に一斉に注目を浴びてしまう感じでした。それでも、ステージが割りとしっかりとした造りだったので(残念ながら、演奏中の写真は無いです…)、伸び伸びと演奏する事が出来たと思います。ただ、若干緊張が見えてしまったのが惜しい感じだったでしょうか…。それでも、伊藤さんが司会の方に紹介されると、第33回期生のテーブルからは歓声が起きたりして、何だか嬉しかったですね。
 ここではいつも演奏している曲から、前述したDVDに納められている曲等、確かにいつもとは違う感じのライブではありました。慣れていない曲に挑戦していた部分も否定しませんが、これらも良い経験になったと思います。やはり、なかなかこういった大勢の前で演奏する機会はありませんから、今回のような状況下での演奏というものについて、今後に生かせればと思いましたね。もちろん、演奏後のCDの販売にも余念が無く(まだまだ売りたいところでしたが…)、こうして2日目も幕を閉じた感じでした。

 ただ、2日目はこれで終わりではありませんでした。実は3日目の演奏というのが(しかも昼)、ここから遠く離れた京都で行わなければいけないのです。この日にもお会いした、伊藤さんの先輩にあたる方がいらっしゃるのですが、その方の会社でパーティーが行われ、そこで演奏を担当するのです…。聞くと、この日に京都でホテルを取って下さっているようなのですが、これはゆっくりしているわけにはいきません。この日の演奏が終わって、学校を出たのは16:00過ぎくらいだったのですが、これでもその日中に着けるか…という感じではありました。

   まだまだ先は長いのか…   自分は名古屋らしく、味噌カツ丼を注文…

 これはなかなか良い読みで、やはり都心部を抜けるのに時間が掛かってしまい、首都高から東名高速に乗れたのが夕方の18:00過ぎという感じで、写真上の浜名湖SAに着いたのが夜の21:00過ぎ…。そして京都のホテルに着いたのが、その日ギリギリとも言える23:50着というものでした。これは…伊藤さんは運転で、相当お疲れだった事でしょう。いや、ただ移動しているだけでも、十分疲労に値するものです。

   これが本場のオーラです!

 しかし、そんなお疲れムードの漂う中でも、自分は何か京都に来た証がほしいと思ってしまい、何か食べられるお店を探して、そのままホテルを出ていってしまったのです(笑)。そして探し当てたのが、京都発のラーメン屋である“天下一品”でした。これは東京にも沢山あるお店なので有名だとは思いますが、本家は京都なので、一度現地で食べてみたいと思っていたのです。もちろん、味は殆ど東京と変わらない感じでしたが(一応チェーン店ですしね…)、お会計の時に店員が、「おおきに!」と言ってくれた事が、なんか嬉しかったです(笑)。こうして、束の間の京都の夜は更けていきました。

   9月28日(3日目)
 一応この日が最終日という事になるのでしょうか。まだまだ移動時間の方が長い(演奏時間に比べて)ような気がしてならないのですが(笑)、この日はパーティー内での演奏という事で、気合いを入れて臨みたいものでした。しかも、場所は由緒正しき京都ホテルオークラという事で、気合いと同時に、凛とした態勢も調えていきたいところだったのは言うまでもありません…。

   ホテル地下の駐車場で着替えます   演奏直前に、何故か記念写真(笑)

 …かと言って、着替えは実はホテルの駐車場で行うという、何ともいえない事実があったのですが(笑)、それは置いとくにしても、楽屋を用意してくれたり、軽食まで用意してくれたりと至れり尽くせりで、これは演奏をもってお応えしないといけません…。実は、この日は伊藤さんユニットとしての演奏の前に、歓談中のBGMとして自分のソロ演奏も用意されており、どう弾いていこうかという思いもあったのです。
 もちろん歓談中ですから、基本的に「あ、何かやってるな…」ぐらいに思って頂ければ良いのですが、せっかくですから、何か印象付けたい…という気持ちもありました。なので、普通のジャズ・スタンダードも演奏しましたが、どちらかというポピュラー系や、邦楽も何曲かやらせて頂きました。それにしても、こういう時に強いのはやはり、ビートルズやカーペンターズの曲ですね…。主催者の方の好みも反映させまして、BGMながら拍手まで頂けるなど、とても嬉しかったです。うまく次の演奏に繋げられたのでは…と思いました。
 そして、いよいよ伊藤さんユニットでの演奏です。ここはもう、BGMではなくライブなので、思い切って弾けても良いような感じがしました。ただ、今回来て頂いた方の年齢層が高いかもしれない…という事で、わりと落ち着いた曲から入っていったのですが、2、3曲やっていく内にもうその縛りは忘れてしまったのか、いつもの伊藤さんの姿を取り戻したような感じがありました。会場も、最初は静かにじっと聴いていただけの感じもあったのですが、徐々に身を乗り出してくれた場面もあり、やはり、自分達の良さが一番生かせる状態にする…というのが大事なのだと思いましたね。もちろん、この場所でもCDを売らさせて頂きまして、伊藤さんの名を残す事が出来たのではと思います…。どうもお疲れ様でした。

   大きな、そして豪華な会場でした   またまた…違いは分かりますでしょうか(笑)…京都駅にて

 この後、自分は車で一緒に帰るのではなく、夜に用事があったので、新幹線で先に帰らせて頂きました。本来であれば?また色々な所に寄りながら帰りたいところなのですが、この時ばかりは時間が無かったので真っ直ぐ帰るしか無かったのです(まあ、それが当たり前なのですが…笑)。日曜の夕方という事もあって、直近の『のぞみ』号の指定席は取れなく、京都駅で何本かやり過ごしていたのですが、その間にはやはり写真を撮っていたのは言うまでもありません。ちょうど、700系とN700系の横並びを抑える事も出来ましたし、ここでも満足感を得られて東京に帰れたのが良かったです(笑)。

 そういえば、今回新しく出来上がったCDですが、帰り際にを伊藤さんに戴いてきました(自分がキーボードを担当してますしね)。ジャケットの桜は、2日目に訪れた麗澤キャンパスの写真らしいが、春らしい爽やかな感じが良いのではないでしょうか。こちらもどうぞよろしくお願いします!

   桜はいい感じですけどね…

 そのタイトルですが、ジャケットを見ると、『Legent of R'』と…。


 ……。


 ……。


 …え、“Legen t ”…??(笑)。

 ☆さばいばる伊藤さんのHP…http://su-zan.net/survival/

 ☆麗澤(中学・大学)のHP…http://www.hs.reitaku-u.ac.jp/

 ☆京都ホテルオークラのHP…http://www.kyotohotel.co.jp/khokura/

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

益々、みきや君が大人になって、カッコ良くなってる~♪
今度、会うのが楽しみですね。

「Legent」・・・きっと、私のように?間違いに気づかなかっただけですよ。
そうそう!!そういうことなんだよ^^
【2008/10/10 19:02】 URL | まーちゃん #- [ 編集]


まあ、そういう事っていうか何というか…。
大々的に間違ってますけど…ま、いいのか(笑)。
【2008/10/11 01:00】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/748-50210747
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。