竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地下鉄副都心線開業、その後(東武東上線編)
 話しは前回の続きです。最近少々マニアックな記事が多いですね(笑)。今回6月14日のダイヤ改正を受けて、自分が最も使っているであろう東武東上線も大きく変わりました。大きく…という部分ですと、やはり『TJライナー』の新設と、副都心線乗り入れという事なのでしょうが、実はマニアックに見ますと、色々と細かい変化も起きています。それらを含めて、少し見てみる事にしましょう。

 以前〔地下鉄副都心線開業に向けて(東武東上線編)〕の記事でも言いましたが、東武東上線の車両で副都心線に乗り入れる車両は、新造の50070系と、改造の9000系(9050系を含む)の2車種となっています。このうち9000系の第1編成は、ドア位置が他の編成と異なるので副都心線対応改造は行わず、現在は地上線専用になっていると書いたのですが、最近この編成を見ると、有楽町線にしか入れない…という意味の“Y”マークが貼り付けられていました(左下写真参照)。有楽町線の駅でもある小竹向原駅にはホームドアが設置されてしまったので、そもそも有楽町線にすら入れない状態の筈なのですが…。どういう意図なのか…謎です(笑)。

   1編成のみなので、逆に貴重とも言える9000系未改造車   2両固定編成が繋がれているのが分かります…池袋駅にて

 また、これは副都心線乗り入れとは直接関係はないですが、東上線の池袋~小川町間の列車は全て10両編成での運転となりました(副都心線直通列車の一部は8両編成なのですが、これは地下鉄の車両での運行のみとなっているので除外します)。今までは8両編成が交じって運行されていたので、いい加減10両に統一されれば良いのにと思ったのですが、何故これが今まで続けられていたかというと、東上線の車両には8両固定編成が存在したからでした。これが10000系という車両で、東上線には8両固定編成が2本、10両固定編成が4本あるのですが、現在この10000系という車両は造っていない為、10両に増結する事が難しかったのです(東上線に2両固定という編成は、8000系という昔からの車両ならあるのですが、これは10000系と連結する事は出来ません)。そこで今回は、東武伊勢崎線という、いわば東武の本拠地の方から10000系2両固定編成を2本持ってきて、今回10両化に至ったわけです(右上写真参照)。だからどうした…と言われると何も反論できない話しではあるのですが(笑)、今まで東上線内では、10000系同士が連結されている編成は存在しなかった為、それだけでも自分は感動を覚えたものなのです。…どうかご理解下さいませ(笑)。
 車両的にはこのくらいでしょうか。あと、東上線の支線である“越生線”という路線がワンマン化されたという出来事もあるのですけど、自分への影響があまりにも少なすぎる為に、今回は割愛させて頂きます(笑)。

 さて、それでは先日、自分その話題の?『TJライナー』に乗ってきましたので、それのレポートでもしてみたいと思います。乗ったのは池袋駅19:00発の『TJライナー2号』で、利用する人が多いであろう平日を狙って、最初の停車駅である、ふじみ野駅まで利用してみました。実は、時間的には18:00の列車にも間に合ったのですが、発車10分前に切符を買おうとしたら、ギリギリで満席になってしまっていて、次の19:00発の列車にせざるを得なかったのです。どうやら順調に利用客は推移しているようですね。

   一躍東上線のスターに?…50090系(快速急行に使用中)   切符の柄にも“TJライナー”の文字が!

 『TJライナー』は定員制の列車であるので、整理券を事前に買っておく必要があります。これが300円するのですが、高いか安いかというのは難しいところでもあります。個人的には、付加価値的には安いですが、設備的には高い…という感じでしょうか。これを買って、今まで降車専用だった池袋駅5番線に向かうのですが、ホームには既に並んでいる人で一杯です。

   発車15分前で列はこんな状態です…この後すぐ満席に…   5番線で列が出来るのは、今まで見られなかった風景です

 そう、定員制という事ですので、座席的には自由席なのです(前5両、後5両という指定はあります)。必ず座れるという保障はあるものの、皆良い席に座りたいという事なのでしょうか(窓側に座りたがる傾向があるようです)。列車の到着前からその列は出来ていて、よく考えたら、通常の急行や準急列車とあまり変わらない行動をしているようにも思えたのですが、それでも並んでいるのですからしょうがありません。列車は発車10分前くらいに到着して、5分前に乗客扱いを開始しました。この間には、車内の清掃や座席の転換(自動です)等が行われていますが、何だか新鮮な風景のようにも思いました。
 そして、定刻通り19:00に『TJライナー2号』は発車しました。発車すると即座にメロディーが流れ出し、自動音声のアナウンスが入ります。メロディー自体が東上線では新しい感じですが、その案内は「この先列車が揺れますので、お立ちの方は吊革か手摺りにお掴まりください」というもので、全席定員制のこの列車には若干不要な案内だとも思いました(笑)。全ての列車でそうアナウンスされるようになっているのかもしれませんが、皆絶対座っているので、逆にお客さんは優越感を感じるかもしれませんね。個人的な解釈ではありますが…。
 そんなこんなで走り出しましたが、ときわ台駅くらいまでは結構ゆっくりとしたスピードでした。しかし、その後は結構快調で、自分の最寄駅である成増駅、現在通過するのは当列車のみという和光市、志木駅も快調に通過しまして、池袋駅を発車して20分でふじみ野駅に到着しました。急行の池袋~ふじみ野間の標準所要時間は25分くらいですから、やはり『TJライナー』の恩恵はありますね。しかも車内は静かで、立っている人もいない為、これは満席になるのも当然かなとは思いました。

   300円余計に掛かりますが、ラッシュ時の喧騒とは異なった車内空間です…敢えて成増駅通過時に撮影(笑)   ふじみ野駅で見送った『TJライナー』

 ふじみ野駅で自分は降りましたが、この駅からは整理券無しでも利用でき、何人かのお客が入れ替わっていた感じでした。そんなに混んでいないので、他に比べて車内設備の良いこの列車を、敢えて狙って乗る人もいるかもしれませんね。せめて終点(2号は森林公園行き)まで乗車してみたかったのですが、時間の都合でここまでとさせて頂きました。それでも十分雰囲気は伝わったので、乗った甲斐はあったと思います。
 なかなか便利な列車でしたが、この為に既存の急行・準急列車が減便されたという背景もありまして、特に池袋発で見ると、『TJライナー』の前後の優等列車は12分も間隔があいてしまっていて(今までは6分間隔)、止むを得ず『TJライナー』に乗っているという人もいたのではないかと思います。結果的には、座席は連日満席になっているので、ある意味東武鉄道の“作戦勝ち”とも言える列車ですが、出来れば更なるサービスアップを望みたいところですね。お隣の西武鉄道では、夕ラッシュ時は30分間隔で特急列車(ちゃんと特急型車両を使っています)を走らせており、全車指定席で、値段は池袋~所沢間では350円です。東武鉄道では、『TJライナー』にはいわゆる汎用タイプの車両を導入したという事ですが、これが後々のサービス低下問題に繋がらない事を祈るばかりです。それでも、また時間があったら乗ろうかと考えている自分もいたりしました(笑)。

   たまたま今回乗車した『TJライナー』と同じ編成番号でした   クロスシート時とは結構雰囲気が異なりますね

 …という事で最後には、汎用という設備を生かした、ただの急行列車に使われている50090系を紹介します。この時には座席は時間帯を問わずロングシート仕様となっているようで、車内の雰囲気の違いがお分かり頂けるかと思います。『TJライナー』には平日に3編成、土・休日に2編成が使用されていて、50090系は4編成用意されているので、『TJライナー』、『快速急行』以外で見かける事があったらラッキーと思って下さい!…いつもと違う車内空間が味わえるかもしれません。

 ☆東武鉄道のHP…http://www.tobu.co.jp/

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント
先を越されました・・・
何度か乗ってみようと思いましたが、いつもギリギリでチャレンジするので
タッチの差で満席というのが2回ほどv-12
前もってその時間に帰ることがわかっていれば、あらかじめ買うんですがね。。。
朝に買っている人も見ました。
今度こそ乗って優越感に浸りたい。v-10
【2008/07/14 11:20】 URL | mariboo #k8hoI9U. [ 編集]

先越しました…♪
でも、ふじみ野までしか乗ってませんので…。
せっかくなら川越以遠を体験してみたいものです。

直前で満席になる事は結構あるようですね。
西武線みたいに、携帯で予約できるようになれば
良いのですが…。いつか実現できる事を祈ります。
【2008/07/14 11:53】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/694-763160c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。