竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分名義ライブ12回目
 ついに恐れていた事が起きました。最近何かとハプニングを起こしてくれる、ベースの池田暢夫君ですが、今回自分のピアノトリオのライブで初めて、“来ない”という偉業を達成させてくれました。下の証拠写真を見れば明らかで、今回はドラムのトシさんと2人のみでライブを進めざるを得ない状況になってしまったのです…。

   今までやっていそうで、やっていなかった組み合わせです


 ……。


 ……。


 嘘です(そもそもベースがステージ上に置いてありますしね…笑)。


 …ちゃんと池田君はライブに来ました。…上の写真は、今回敢えてデュオ編成でやってみようという計画の下、実現した絵でもあります(ピアノとベースというデュオ編成でもやってみました)。

 今回のライブは、実は前から、「どうしよう」…という思いがありました。というのは、最近よくやらせて頂いている外苑前の Z・imagine というお店と今回の Django は、音楽環境があまりにも違い過ぎるからです。Z・imagine では音響設備が整っているのに対し、今回の Django はいわゆる“生音”で、音の出し方に相当気を遣わなければなりません。特にドラムとの絡みがそうで、Django で普通にドラムを叩いてしまったら、ピアノの音は音量的に消されてしまうでしょう。…なので、ドラマーからしたら、普段の叩き方では出来ないという事で、かなり音量的に気を遣う現場となってしまっているわけですが、だとすると、Z・imagine のようなスタンスでライブを臨むようにしても、やはり限界があるのではないかという意見になってくるのは当然と言えます(これは、ただ単に音量的な問題だけではなく、それに纏わる色々な事情を踏まえての判断です)。
 そういった事情から、今回はスタンスそのものを変えてライブに臨んでみました。やる曲は一応考えておきましたが、敢えてライブの直前になってメンバーに伝えてみたり、今までやった事のなかった“デュオ編成”での演奏というのを取り入れてみたり、そして、今回来て頂いた方はお分かりかと思いますが、トークと演奏(笑)…という感じで進めたりしてみました。
 こういった試みは、自分のライブでは初めてだったと思うのですが、それまで悩まされてきた Django という場所でのライブの見せ方に、1つの答えが出せたような気がしました。自分でその状況を作り出す…というのが難しい部分ではありましたが、演奏中はいつもの自分を出す事ができ、最後まで楽しい感覚でステージをやっていけたのではないかと思います。
 バンドで演奏するにしても、やるお店というのは本当に千差万別ですから、こちらも柔軟に対応していかなければならないわけですね…。その意味では、今回は“成功”の部類に入ると思いますし、今後にも生かせるライブになったのではないでしょうか…。色々と経験して良いライブにしていくという思いが、改めて認識させられた1日にもなりました。もちろん、この勢いでどんどんライブは敢行していきますので、またこれからもピアノトリオをよろしくお願いします。今日はどうもありがとうございました!

   一応、存在意義を醸し出してないといけません(笑)

 写真は、ライブ後に向かったラーメン屋、“うめばち”です(今年の1月以来だったかもしれません)。一応、池田君は来ていた…という証拠にでもなれば幸いです(なるかな…笑)。そんなこんなで、次回のピアノトリオライブは8月29日(金)、先程言いました外苑前 Z・imagine にてです。楽しみにしていて下さい!


  ●今回のセットリストです!

・1ステージ 1、Tell Me A Bedtime Story
         2、Besame Mucho
         3、Guernica(オリジナル)
         4、Looking Up

・2ステージ 1、Spain(ピアノソロ)
         2、Norwegian Wood(ピアノ、ベースデュオ)
         3、Armando's Rumba(ピアノ、ドラムデュオ)
         4、Monte Fiesole(オリジナル)

・3ステージ 1、Morning In Trastevere(オリジナル)
         2、Bud Powell
         3、Dreams(オリジナル)
         4、Blue Bossa(アンコール)

 ☆千駄木 Django のHP…http://www.jazzclubdjango.com/

 ☆池田暢夫のブログ…http://nobuike.exblog.jp/

 ☆佐々木俊之のHP…http://www.toshiyuki-sasaki.com/

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

言葉でどう表現したら良いか?
音へのこだわりをとても大切に
演奏者への心配りが自然に形として
できてしまう。
なんだか、堅苦しいようで
1音1音かみしめて
聴いてる方もそれが自然にできてしまう
不思議な感覚で
奏でる音のシャワーを
気持ちよく体に心に感じられました♪

そういえば、竹内君があそこまで、長く
体をねじって?演奏したのも初めて見た気がします。
大変でしたよね?お疲れ様でしたぁ♪
ありがとーございました!
【2008/07/05 05:55】 URL | まーちゃん #- [ 編集]

色んな意味で
今回のライブでまた癒やしと活力を頂きました!
デュオという新しい試みも面白かったし、楽しかったです☆
やっぱり、デュオはトリオとはこうも違うのか…という感じの曲になって、改めてひとつひとつの楽器の音の大切さが分かったというか…
また次回のライブも楽しみにしていますっ◎
ちなみに、コロナの黒ビールも美味しかったよ~d=(^o^)=b
【2008/07/05 09:28】 URL | せんぼく #5lqXcOOc [ 編集]


連絡するの忘れてた!
昨日人生初面接だったんよ・・・・
【2008/07/05 10:28】 URL | HOT #- [ 編集]


のぶおちゃん、とうとうやったか!と思いきや、な~んだ~。
【2008/07/05 12:36】 URL | りこ #- [ 編集]


>まーちゃんさん
 昨日は何だか楽しかったんですよ(酒のせい?…笑)。
 喋りも多いライブというのも初めてだったような…。
 あとで聞きなおしてみたら、それぞれステージの前に
 5分以上は喋っていたようで…まあ、たまには有りかなと…。
 また新たな一面をお見せできたかもしれませんね。

>せんぼくさん
 コロナ黒ビールは美味かったね~。そもそも今回のライブは、自分は
 ビールに始まり、ビールに終わっていたような気がします。他のメンバーが
 飲めなかったのが本当に残念で残念で…(笑)。また、デュオも意外に
 面白かったので、次回以降、機会があればやろうかなと考えています!

>HOT さん
 いえいえ、大事な日は大事な日にしておいて下さいな!
 また来月にもありますので、その時にまたお越し下さいませ。

>りこさん
 はい、期待を裏切るような文章になってしまいすみません。
【2008/07/05 13:15】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/689-7442fd66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。