竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東武東上線『TJライナー』出発式
 前回の記事で副都心線に乗った時「ちょっとした事情で、この日は池袋から終点の渋谷まで利用してみました」…と書きましたが、この“ちょっとした事情”というのは、東武東上線の池袋駅で行われていました。副都心線が開通した6月14日という日は、もちろん東武東上線も西武池袋線もダイヤ改正が行われていたわけですが、つまりは東上線には、今回新種別となる『TJライナー』〔地下鉄副都心線開業に向けて(東武東上線編)参照〕が初めて営業運転を始める日でもあったのです。
 『TJライナー』の一番列車は池袋駅17:00発というもので、この時に池袋駅では出発式も行われるという宣伝もなされていました。この日は外苑前 Z・imagine で自分のライブだったわけですが、お店の入り時間は18:00というもので、これには余裕で間に合う事が予想できました。だとしたら…こんな歴史的な?瞬間に立ち会わないわけにはいきません(笑)。…という事で、自分はこの日はライブ前に東上線の池袋駅に立ち寄り、そして副都心線経由で外苑前まで向かったのですが、今回はその東上線での部分を書いてみようと思います。

 さて、自分の最寄の駅から池袋駅まで向かうのは簡単ですが、ここはもう1つの新しい種別である快速急行にも乗っていきたいところです。快速急行は、基本的には夕方の上り列車に設定されており(土・休日の朝には下り列車にも設定…今までの特急にあたる枠だと窺えます)、前にも言いましたが、これは池袋発の『TJライナー』の送り込みを兼ねているものだと思われます。この日は流石に『TJライナー』に乗るだけの時間は無かったので、せめて上りの快速急行だけも乗っておこうと思ったのです。ただ、、自分の最寄駅は快速急行は通過してしまうので、ここは和光市駅まで戻って、再度池袋に向かうという手法を取らせて頂きました。何なのでしょう、自分のこの執念は…(笑)。

   和光市駅にて、新顔の車両がやってきました!   この時自分は座れませんでした…

 …和光市駅で待っていると、目的の快速急行は5分遅れくらいで入線してきました。やはり物珍しさもあってか車内は混んでいて、遅れもそこから発生していたのかもしれません。…というのも、この車両は50090系という、この日デビューの新車で、座席はクロスシートにもロングシートにも変換できる“デュアルシート”と呼ばれる物を装備しており、この時点で珍しい車両でもあったのです。
 しかしそれよりも、東上線内でクロスシートを体験できる…というのが、大変画期的な事なのです。とりあえず、自分が生まれてこのかた東上線沿線にずっと住んできて、初めての体験になります。相当その存在感は大きく、列車がホームに停まっているだけで、それは周りからの視線に釘付けにされる程でした。もちろん自分はこの列車に乗り込み、池袋に向かいます。内装はやはり新車らしく綺麗で、『TJライナー』に使用される事を考慮してか、同じ系列の車両である50000系、50070系より高品質っぽく造られている感じがしました。なかなか良い車両ではないですか。
 そして、池袋駅には2分遅れの16:52頃に到着しましたが、ホームには未だかつて見た事が無いくらいの沢山の人で埋まっていて、さすがにこれには度肝を抜かれました。もちろん、皆のお目当ては自分の乗ってきた車両である50090系、そして、これから折り返しとなる『TJライナー』です。
 ホームは、今まで普通専用だった4,5番ホームに到着しましたが、実は『TJライナー』は今まで降車専用だった5番ホームを使用しての発車となるのです。これもなかなか目新しい感じです…。そして、ホームの南口側には式典が既に開かれており、『TJライナー』の一番列車に乗務する車掌さん等に、表彰が行われているようでした。ここが人出のピークで、カメラを構えた人達でホームには溢れんばかりの状態でしたが、正直、こんな光景が東上線の池袋駅で見れるとは…という感じでしたね。

   凄すぎる混雑っぷりです!   一番列車に乗れた人はラッキーでしたね

 そして、そこの式典に用意されていた“くす玉”も割られ、定刻通り『TJライナー』は発車していきました。もちろん車内は満席だったらしく、周囲にいた人全てが、この東上線の新しい歴史の瞬間に立ち会えたわけです。また、列車がホームから過ぎ去っていくと、どこからか拍手も起こり始め、やがてそれは大勢に波及していきました…。あたかも『TJライナー』への期待と祝福が籠められているようで、自分もこの場にいて良かったと心から思ったものです。
 …とりあえず一番列車は行ってしまいましたが、まだホームには人々の熱気と興奮が冷め遣らない感じでした。しかし、これから『TJライナー』は、東上線の“日常”となっていくのです。今でこそ“新設フィーバー”だとは思いますが、今後の末永い活躍を期待したいところですね。そして、自分も近いうちに実際乗ってみて、色々とレポートできたら…と考えている次第です(笑)。

 …と、あれこれ妄想を膨らませてしまいましたが、この日は先程も言ったように、自分の大事な大事なライブの日なのでした!…しかし、せっかくだから副都心線に乗って行きたいですし…、という事で、前日の記事に繋がるわけです(笑)。要するに、6月14日という日は自分にとって非常に長い1日だったのですよ!

 ☆東武鉄道のHP…http://www.tobu.co.jp/

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

お疲れ様! おれも 音楽以外に 趣味もってみょうかなー

なんか 日記読んでると

ほんとに電車好きなんだなーと 感じますよ 

満喫してくださいv-146

【2008/06/16 06:08】 URL | 野島崇裕 #- [ 編集]


ライブ1本やり終えた感・・・(笑)
本当に1日、お疲れさまでした!
【2008/06/16 08:48】 URL | まーちゃん #- [ 編集]


>野島崇裕さん
 はい、ちょっと最近は鉄道ネタが続きすぎました…。
 今後ちょこっとだけ気を付けたいと思います。

>まーちゃんさん
 あ、でも『TJライナー』と副都心線で2本分かな…。
 はい、お疲れ様でした(笑)。
【2008/06/16 10:52】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/676-90c3ac43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。