竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えでーず銀座で演奏
 昨日は記事に書いた通り、写真の撮影をしてきましたが、その夜には演奏の仕事が入っていました。つまりは、その日は正に朝から晩まで働いていて、ここ一番で忙しかった感じではありましたが(何でこんな日に限って天候が不安定だったのやら…)、演奏の仕事で向かった先は、“えでーず銀座”という、自分にとって初めてのお店でした。それに対する朝からの気構えというのも大変なものでしたが、またまた興味深い経験をさせて頂いたなとも思いました。

   分かりにくいですが、“かなめ屋”というビルの3階にあります   昔ながらのバーという感じです

 このお店は銀座の8丁目に位置し(どちらかと言うと新橋に近いです)、前にも紹介した事のある“お尚&Patra”〔お尚&Patra参照〕という店にも近い距離にありました(もちろん、Ami's Bar にも近いです)。お店を始めて、もう30年ぐらいになるようですが、銀座という場所ながらアットホームな雰囲気が漂うお店だと思いました。
 “えでーず”…という名前は、このお店のオーナーである通称“Eddy”さん(もちろん日本人ですよ!)からのようですが、ボーカリストとしての顔もあり、その馴染みであるお客さんも多いのだとか…。店内には特徴的なアップライトピアノが壁に向かって備え付けられており、その横に広がるカウンター席と小さなボックス席が相まって、昔ながらのピアノバー…というような印象も受けました。
 ここでの仕事は、BGM的にピアノ演奏を弾く…と言われていたのですが、時にお客さんが歌う事もあり、その時はピアノ伴奏をお願いします…という事でした。成程、そういう時もあるのか…と思っていたのですが、自分がお店に出向くと、既にお店に入っていたお客さんがカラオケでジャズの曲を熱唱中という状況でした。…と、そのまま自分はピアノの前に誘導され、そこからは自分が伴奏を担当する時間が続いてしまいます。
 あまりにも突然だったので少々びっくりしましたが、どうやらお客さんは楽しんでおられる様子で、それならばと自分も楽しく弾いていく感じです。また、オーナーの Eddy さんもマイクを持ち出し、最後の方はお客さんと Eddy さんが交互に披露していく感じでした。もちろん、自分は初めてお会いする方達ですし、曲に関しても、歌を歌う瞬間に譜面を渡されるだけです(しかも、半分くらいは知らない曲でした)。これは集中力と即興力勝負だなと思いましたが、よく考えたら、最近はこういった状況下になる事は少なかったかもしれません。自分でも興味深い時間を過ごしていると実感したくらいでした。
 やがてそのお客さんは帰られましたが、今度は2人組みのお客さんがいらして、“Killing Me Softly”他、数曲を歌いたいと言うので、これらの伴奏を担当しました。この時はジャズでは無く、ポピュラー系が続きましたが、色々な曲をその場で演奏できなければならないという厳しさ(時には移調も!)を体感したものでした。
 結局自分が演奏したのは、お客さんが歌われている時の伴奏としてだけで、BGMとして弾く事はありませんでした。やはり歌を歌いに来られるお客さんは多いらしく、普通に店内にはカラオケも用意されていました(Jポップの曲等、ピアノ1本だけでは対応できない事も多いですからね…)。つまりは、ここではただBGMの演奏として呼ばれているわけでは無い…という事を肝に銘じなければならないわけですね…。ピアニストとして、多角的な技術が必要とされている…、そんな感じもしました。最近では無かったタイプの仕事ではありますが、お客さんと直接やり取りをする(何せ一緒に演奏しますから…)という意味では、一歩進んだ仕事のような気もします。その結果お客さんに気に入って頂けたのなら、演奏者としてこんなに嬉しい事はありません。気構え的には大変ですが、またやってみようと思う気持ちは確かなものがありました。

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント
才能発揮ですね
v-20大ちゃんエンジェル

多角的な技術が必要とされている・・・場面で指が踊るのも大ちゃんの器量と才能が
なせる技ですね!!!
アーティストでもありますが、芸術家の粋で大ちゃんが活躍していますね!!!!!!
すごいッッッ( ̄▽ ̄*

枠が広がるのは、腕ばかりでもなく人脈と人生観と!!!!多大なる財産(心)に影響しますね。



ありがとうございますv-82
【2008/04/10 07:54】 URL | 山ちゃん小母ちゃん #kLCZl7R6 [ 編集]

お疲れ様
ああいう玄人好みのJazzを歌うひとは少ないですがしょっぱなにでしたから
少し驚かれたかも。
えでーず銀座しか知らないのでなんともわかりませんが、比較的音楽の好きな人が多いのかなと思います。
どうか肩の力を抜いてこれから永いおつきあいしていただけたら嬉しいです。
竹内さんのBOOKINGお願いしておきました。
【2008/04/10 10:30】 URL | EDDY #- [ 編集]


>山ちゃん小母ちゃん
 与えられた場で、どれだけ才能を発揮するか
 …が難しいんだと思います。ただ単に自由に
 弾く…というのも難しいとは思うのですが、
 こういった場は本当に勉強になりますよね。

>EDDY さん
 先日はお疲れ様でした。そうですね、本当の
 音楽好きが集まっている印象も受けました。
 こちらこそ、これからもよろしくお願いしたいと思います!
【2008/04/10 10:54】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/630-a3aec2a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。