竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学生に学ぶ
 昨日は御茶ノ水にある Casals Hall という会場で、和泉小学校ビックバンドクラブの定期演奏会に、ゲスト出演をしてきました。これはサックスの細井寿彦君から話しがきたもので、ただ自分達で演奏するわけではなく、このビックバンドとの共演も行うとの事でした。小学校で“ビックバンド”クラブ…と扱われているのは珍しい気もしますが(普通は吹奏楽部、音楽部…という感じですよね…)、“IZUMINOTES”と名付けられたこのビックバンドは、東京国際フォーラムや東京ディズニーシー、そしてスチューデント・ジャズ・フェスティバルにも出演する等、外部での活動がとても盛んで、1999年に発足ながら、2003年の浅草ジャズコンテストで初参加で銀賞を果たすという、実力についても折り紙付きの学校だとも言えるのです。その定期演奏会に参加できるとあって、自分の期待感は高まる一方でした。

   ジョニーさんの車が、後方の中林君の車に入りそうです(笑)   リハ時、生徒達はジョニーさんの“椅子”に興味津々でした

 自分達のメンバーはというと、サックスに細井寿彦君、ベースに今回がお初の中林薫平君、そしてドラムには、破廉恥フェスティバルや Bellvo〔2007年 Bellvo 新年会!参照〕でもお馴染み?上田健史(ジョニー)さんです(そういえば細井君も Bellvo のメンバーでしたね)。当日は朝の9:00(!)から打ち合わせを兼ねたリハーサルをスタジオで行い、10:00過ぎには会場入りという時間的には早いものでしたが、今回のコンサートは開演が13:00なので仕方の無いところです。しかし会場に着くと、既に生徒達達はリハーサルを行っている最中で、自分達も頑張らなければいけないと思い返されてしまいます。
 そして楽器のセッティングを行いましたが、共演…という事なので、ツイン・ベースにツイン・ドラムというセットで臨む事になりました。さすがにピアノはツイン…というわけにはいかないので“連弾”という形になりましたが、これはなかなか興味深いものになりそうです。時間も順調に進んでいきました。

 そして13:00、定刻に開演となりました。生徒達は緊張している感じもありましたが、その目はどこか生き生きとしていた印象も受けます。これは音を出せば明らかで、先ほどまでワイワイ騒いでいた表情はどこへやらで、若々しいキリリとした演奏を見せてくれました。ビックバンドクラブは総勢39名、そのうち6年生は17名のようですが、これは相当レベルの高い演奏です。そして、上手い子は本当に上手い…。正直、予想を遥かに越えていました。自分達の楽屋にはステージの様子が見れるモニターが備えられており、音声付きでステージを見る事が出来るのですが、これはついつい見入ってしまう感じです…。自分はやはりピアノを聴いてしまうのですが、特に、ドラマ『のだめカンタービレ』で再度有名になった“Rhapsody in Blue”でのピアノソロは圧巻でした。相当この日まで練習してきた事でしょう。お世辞抜きに、普通に“聴ける”ステージだったと思いました。

   生徒達の本番を見届けるジョニーさん…楽屋にて   自分…目が笑ってませんね…

 自分達の出番は最後の方だったので、それまで打ち合わせ等が色々とできて良かったです(ジョニーさんは、その間にも皆の似顔絵も書いていましたが…笑)。生徒達達で十分満足のいく演奏会になっていたので、自分達の出演に若干気が引ける部分もありましたが(笑)、ここは堂々と演奏したいところです。まずは自分達4人だけの演奏でしたが、ここで部員から2人(トランペットとアルトサックス)、曲に加わったりもして貰いました。もちろんソロパートもあるのですが、ここでも生徒達は堂々と吹ききります。緊張した…と言っていましたが、これはもう見事としか言いようがありません。
 その後アンコールにも恵まれ、もう3曲程だけ自分達4人で演奏をさせて頂きました。基本的にはスタンダードをやりましたが、ここの和泉小学校の校歌をジャズ風にアレンジしたら…というコーナーが設けてあり、これはなかなか面白い感じになりました。アレンジは細井君が担当しましたが、これが4ビートとか、わりとジャズのよくある形ではなく、結構コンテンポラリーな感じでのアレンジとしていたので注目を浴びる事にもなり、やった甲斐がありましたね。やはり、こんなにも変わる…というのを見せてあげなくてはいけません(笑)。小学生達に理解が出来たかどうかは不明ですが…。
 そして、自分達と IZUMINOTES との共演の時間がやってきました。曲は“I Got Rhythm”と“Sing Sing Sing”と、どちらもビックバンドとしても有名な曲で、“共演”という形式にも相応しい感じもあります。ここで特筆すべきは、生徒達にはもちろんスコアが配られていて、その通りに演奏をしているのですが、共演用に曲構成を変えた部分があったという事です。まあ、単純に細井君のソロパートを付け足しただけなのですが、そこから元の構成に戻る時には、細井君の“合図”で行くというもので、これは音楽的にもレベルの高いやり方です。リハーサルでも確かにその練習はしましたが、本番ではソロの長さも変えていましたし、正にその場の人と人とのコミュニケーションが求められた演奏となりました。そして、ちゃんと生徒達は合図を見逃さず入る事もできましたし、共演は大成功でした。これこそが“ジャズ”の演奏だと、しみじみ思ったものです。

   一応、精一杯先程の絵に似させているつもりです(笑)

 小学生達と演奏…というと、何か教える事はあるかな…という気持ちにもなっていたのですが、今回はどちらかというと逆で、小学生達から学んだ事の方が多かったような気がします。それは具体的なものではなく、感覚で感じ取ったものでした。演奏が終わった後、また自分も今後頑張っていこう…という気持ちが強く残ったものです。

 ☆和泉小学校のHP…http://www.chiyodaku-izumi-e.ed.jp/

 ☆御茶ノ水 Casals hall のHP…http://www.nu-casalshall.com/

 ☆細井寿彦君のブログ…http://blog.livedoor.jp/ongakushitsu2006/

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント
音の交流
v-266大ちゃん

大ちゃんの魅力は、『謙虚に身を置く』姿勢であること、
関心され、私が学んでいます。

v-22ありがとうございます
【2008/03/25 01:16】 URL | 山ちゃん小母ちゃん #kLCZl7R6 [ 編集]

恐れ多い…
暖かいお言葉、どうもありがとうございますっ!
【2008/03/25 01:41】 URL | 竹内 #- [ 編集]

残念でした・・^^;
大輔くん!(勝手に呼ばせてね~)
泉小学校には体調不良に依り寝込んでしまい、行けませんでした~
残念で仕方ありません。
青少年に愛の手を差し伸べている身としまして、絶対に行きたかったのです(^▽^笑)
ジャズ、クラシック、ビートルズからGLAY~サザン~高橋真梨子さん~童謡まで。。。
メチャクチャな分野を」楽しんでいるのです。
性格が想像出来るでしょ? ♪~( ̄ε ̄;)

そんなこんな訳で、次回を楽しみにしています!!
【2008/03/25 19:17】 URL | 元気☆姉さん #- [ 編集]

す、すばらしい
すばらしいですね!本当に本当に。
私も子供達が目をキラキラさせながらの演奏を見たかったです。
また、私も小学生と歌ったり演奏してみたいです!
大輔さんうらやましい!!!
【2008/03/25 22:30】 URL | ひばり #- [ 編集]


>元気☆姉さん
 そうですか~、今回は残念でしたが、演奏は
 まだまだ続いてきますので、機会のある時に
 どうぞお越し下さいませ!お待ちしております。

>ひばりさん
 確かに、小学生と演奏する機会なんて
 普通は無いですよね。改めて、自分は
 貴重な経験をしたのだと思いました。
【2008/03/26 01:48】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/616-bb7fae3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。