竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なにわの心意気
 話しは前回の続きになります。銀座 Ami's Bar でのライブを終えた自分は、そのままの足で新橋の駅へと向かいました。ここで次の待ち合わせがある為です。電話で今いる場所を確認し、しばらく待っていると、サックスの上杉雄一君、ドラムの立山秋航、ベースの樫村智也君を乗せた車が姿を現し、それに自分は飛び乗りました。では行きますか、“大阪”へと…。

 上杉君から結婚式の演奏を頼まれたのは昨年の事でした。確か上杉君の中高時代の後輩が結婚するらしく、その2次会で余興的に演奏を行う…という感じでしたが、まさか大阪まで行くとは思っていませんでした…。何だかんだでその事を知ったのは今から2週間ぐらい前の事だったのですが(笑)、自分は式の前夜は御存知のように銀座でライブ…。しかし、上杉君は式や披露宴にも出席する為に、当日(3月1日)の昼前には大阪に着いていなければならなかったのです(2次会は夕方以降でした)。移動費は抑えたいところなので車移動…。という事はこの銀座のライブ後に移動する以外に他に手は無く、その為自分も大阪行きの準備をしつつ、前日の Ami's Bar に向かったのでした。
 メンバーは先ほど言った通りですが、ここで車が運転できるメンバーというのは、秋航と自分の2人だけでした。もしかしたら運転して貰う事になるかも…とだけ聞いていたので、本当に Ami's Bar では飲むか飲むまいか迷ったものですが、結果的には飲まなくて正解だったように思いました。最初は秋航が運転していましたが、東名高速に乗って、神奈川県と静岡県の県境付近である鮎沢PAでダウン…。この時の時刻は深夜1:00ぐらいでしたから、Ami's Bar で飲んでいたら完全にアウトでした(笑)。この次の足柄SAで少し休憩をし、自分の運転が本格的にやってきたのです。

   昨夏の GG ツアーでもここは寄りましたね   まだまだ綺麗な新名神高速にて…

 しかし、意外にも…というか、予想通り…というか、そんなに辛い道中ではありませんでした。最近の自分は昼夜がほぼ逆転してしまっている為、この時間帯というのは眠くなるわけでもなく、むしろ脳が活発に動いている時なのです(笑)。海岸線を走る由比を過ぎ、愛知県との県境である浜名湖を過ぎても、まだまだ全然運転していける感じでした。
 ところで、最近“新名神”という高速道路が開通したらしく、どうやら大阪に向かうにはそちらの方が早いという情報が高速道路上に表示されていました。具体的に、どこからどこが新名神かはこの時は分かっていなかったのですが、片側2車線でトラックの量が多い東名高速はそろそろ精神的に嫌になっていたので、こちらの経由にしてみました。
 ルート的には、伊勢湾自動車道、東名阪自動車道、そして鈴鹿の先から新名神が分かれ、恐らく甲賀や信楽といった町を通り、滋賀県の草津という所で従来の名神高速に合流したのですが、辺りはもちろん暗く、自分がどう走っているのかよく分からない状態…という時間が結構続きました。ただ、伊勢湾自動車道や新名神は空いていて走りやすく、前者に至っては全て片側3車線でしたから、これは精神的にも楽でしたね。途中、燃料補給で1回だけSAに寄っただけで、朝6:30には大阪の天満橋にあるホテルに到着する事が出来ました。一気にテンションも上がったのは言うまでもありません。

   まずは音源のダウンロードから…?   泊まったホテルからの眺めです…奥には京阪電鉄が…

 ホテル到着後、自分は夕方まで何も無いので、とりあえずは眠ろうかな…と思っていたのですが、昼前から全ての行事に出席する上杉君は大変です。自前のノートパソコンを取り出し、何か作業を始めているようです。そして気付くと、譜面書きにも突入している感じでした。どうやら今日使う(かもしれない)譜面のようで、内容を確認したりとなかなか大変ですが、もう後は大丈夫でしょう!…という感じで自分は眠ってしまいました。

 昼頃に1回起きてしまったものの(そして、関西でしか放映していないテレビ番組がやっていたので、ついつい見てしまいました…笑)、完璧に自分が起きれたのは16:00頃にあった智也君からのメールでした。それは、何時頃に出ますか?というものだったのですが、智也君はどうもこの辺りの地理が分からないらしく(当たり前です…)、じゃあ一緒に行こうという事になりました。こうなると秋航の所在が気になりますが、智也君に聞くと、昼過ぎに個人練をしに心斎橋にあるスタジオに向かったとの事!…何というバイタリティ…恐れ入ります(笑)。
 泊まったホテルは天満橋にありましたが、2次会が行われる場所というのは京橋という所でした。ここから歩いて行くのは少々厳しいですが、京阪電鉄で隣りの駅でもあり、アクセスは容易でした。現地には18:00入りでお願いします…という上杉君からのメールが来ていましたが、ホテルから30分もしないで着いてしまいそうです。

   智也君、疲れてます…天満橋駅にて   ここで元気を取り戻しました!

 しかし、せっかくなので大阪に来た痕跡を残したいものです。少しだけ腹ごしらえをしようと思い、早めにホテルを出て電車で京橋駅へ…。そこで、何となく美味しそうなたこ焼き屋を発見したのですが、これがかなり当たりの味でした。以前、自分が大阪を旅行した時〔旅日記 13.(大阪編…2007.4.16~4.17)参照〕、たこ焼きに関してはそんなに良い印象は受けていなかったのですが、やはり探せばあるものですね。京橋の“くれもーる”というたこ焼き(略して“くれたこ”…らしいです)屋だったのですが、調べたら結構有名なお店のようです。お腹にも精神的にも満足する事が出来ました!

   今回の演奏場所(2次会会場)、One's

 さて、そんなウキウキ気分で、今日の演奏場所である One's という所に向かったのですが、まだ前のグループによるパーティーが終わっていなく、会場に入るのは厳しいとの事でした。しかも、どうやら自分達の方の式や披露宴はスケジュール的におしてしまっているらしく、到着までにはまだまだ時間が掛かるとの事でした。とりあえず前のグループの会が終わって、片付けが済んで、19:00ぐらいに再度来て頂けますか?…と言われたのですが、いきなりだったので途方に暮れてしまいます。しかし、これで気落ちしてはいけません。なんとか1時間くらいで何かできないかと、すぐ考え始めます。

   予想以上に遠かった大阪城   記念写真風大阪城

 そして、智也君と行ったのがここでした(笑)。これぞ大阪です。さすがに内部は閉まってましたが、こんなに近くまで行ったのは今回が初めてだったので、良い時間の使い方だと思いました。たこ焼きといい、この場所といい、とりあえず大阪に来た痕跡は残せたような気もしました。

 再度会場に戻ると、秋航も既に来ていて、リハーサルも出来そうな雰囲気になっていました。会場作り(自分達にとっては楽器のセッティング)には少々手間取ったものの、上杉君も合流し、とりあえずは演奏出来る状態にしておき、お客さん?も入ってきて、後は新郎新婦を待つばかりとなりました。この時点でも時間的にはおしていたものの、会場のテンションはなかなか良い感じだったと思います。
 そして、上杉君も参加のサックスアンサンブルで新郎新婦が入場してきました。会場内は溢れんばかりの拍手に包まれ、それは暖かく迎えられている感じがしたものです。美味しいお酒に美味しい料理、そしてケーキも沢山振る舞われて、皆で大騒ぎです。これそ2次会という感じでしたが、そんな雰囲気が自分では結構好きだったりするのです。

   思わず見入ってしまいました   やはりこの瞬間は良いものですね

 そして、余興として自分達の出番でした。曲目は“君の瞳に恋してる”、“いとしのエリー”と、若干ベタな感じではありますが、だからこそ良いのです。サックス・カルテットなので若干のアレンジは加えましたが、皆も手拍子をして貰ったりと、ノリが良い感じに出ていて、こちらも楽しく演奏出来ました。新新婦並びに、全てのお客さんの思い出の1つに残って頂ければ幸いです。

   自分達の演奏直前の1コマです

 それにしても…自分は大阪で行われた結婚式(2次会ですが…)に参加したのは初めてだったのですが、会の段取りがうまく組まれているというか、さすが大阪だと思いましたね。仕込みも凄いですし、1人1人の主張が強い強い…そして、ちゃんと面白い(笑)。こちらも大変 笑わさせて 勉強させて頂きました。本当に、良い会に参加させて貰えたんだなと、何だかありがたく思ってしまう程でしたね。ついでに、智也君はビデオレターのところで潤んでいました。いい経験してると思います(笑)。

 さて、この日はホテルに泊まらせて頂き、次の日に帰るというスケジュールを組んでいたのですが、自分は次の日の昼過ぎから関東(敢えて東京とは言いません)で用事があり、1人で新幹線で帰らざるを得ませんでした…。単独運転の秋航には申し訳なかったですが、仕方の無い事です。しかし、新幹線の新大阪駅では、今後ブログが700回目を迎えるにあたっての被写体に沢山巡り合う事ができ、まあ良かったのでは…と。

 お後が宜しいようで…(笑)。

   日曜という事もあって、周りの人からも注目されてました   よく見ると、1号車の車高は若干低くなっている事が分かります

 色々な意味で“大阪”を感じる事が出来た2日間でした。皆さんどうもお疲れ様でした!

 ☆京橋 One's のHP…http://www.ones-osaka.com/

 ☆くれおーるのHP…http://www.creo-ru.com/

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント
なるほど(笑)
運転も演奏もお疲れ様でした。
無事に記念の新幹線も撮影できて
良かったですね~(笑)
【2008/03/03 20:11】 URL | #- [ 編集]


なんか自分、子供みたいですね…。
【2008/03/03 20:15】 URL | 竹内 #- [ 編集]

お疲れ様でした~。
相変わらずハードスケジュールですね~(^-^)。
伊勢湾自動車道を通ったのですね!観覧車は見えたかな~☆
私も名古屋やセントレアに行くときに時々使います。油断すると名古屋を通り過ぎちゃうけど(爆)。
新名神も走り、たこ焼きも食べ、プチ観光もでき、新幹線を激写という、短い滞在時間でも充実した演奏旅行?でしたね!
【2008/03/04 00:43】 URL | 和♪ #1wIl0x2Y [ 編集]


実は、何気に伊勢湾自動車道はこれで3回目です
(伊藤さんのツアーの時に通りました…笑)。今回は
真っ暗だったので、何となく…という感じでしたが、ちゃんと
確認は出来ましたよ!やはり“充実”は自分から作っていかないと♪
【2008/03/04 01:14】 URL | 竹内 #- [ 編集]

そうですね~
自分もこないだ新名神走りましたけど、どちらが安いんでしょうか。。。
料金所が二回くらいあったような。。。
【2008/03/05 01:15】 URL | soki #- [ 編集]


N700系かっこいいねぇ~(^^)
【2008/03/05 03:13】 URL | キング #- [ 編集]


>Soki 君
 えー、途中に料金所なんてあったっけ?
 早いのは確実に新名神だよね。

>キングさん
 そうだねえ。乗り心地も普通の700系より良くなってるのよ。
 今はまだ数も少ないけど、今度の3月15日のダイヤ改正で
 本数も増えるから、今後見る機会が増えていく事でしょう。
【2008/03/05 04:01】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/609-e5dbc1a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。