竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きなCD紹介 9.
 前回の記事で“Falling Grace”という曲の話しが(半ば強引にも)出たので、今回はちょっとその曲が入っているCDの紹介でもしたいと思います。

   何だか郷愁を誘うジャケットですね…   チックとスティーブ・スワローの曲のみ取り上げられてます

 ピアニストのチック・コリアと、ビブラフォン奏者のゲイリー・バートンによる『In Concert,Zurich,October 28,1979』(邦題だと『イン・コンサート』)というデュオ・ライブの作品です。数々のミュージシャンと共演しているチック・コリアですが、その中にはデュオで演奏している作品も少なくありません。その中で、チック・コリアと最高に相性が良いと言われているのがゲイリー・バートンなのです。
 ビブラフォン奏者というと、以前〔好きなCD紹介 5.〕でも紹介したミルト・ジャクソンが一般的には有名ですが、彼とは演奏形態がかなり異なっているのがゲイリー・バートンです。何が異なるかと言うと、それは使うマレットの本数にあります。

 ☆http://www.youtube.com/watch?v=KYNqZ80ov9Y&feature=related

 映像を見て頂ければ(これはこのCDの時代の映像ではありません)一目瞭然なのですが、普通は片手に1本ずつ持つマレットを、彼は2本ずつ持って演奏しているのが分かります。こうする事によって、より厚いハーモニーを鳴らす事ができ、それはピアノと比較しても遜色がない程だとも言います。この奏法はレッド・ノーヴォという人が始めたものらしいのですが、それを開拓し、進化させていったのがゲイリー・バートン…と言っても良いわけで、つまりはビブラフォンという楽器を“メロディー楽器”だけではなく、“コード楽器”としても使えるという事を立証した人でもあるのです。こういった奏法が現代にも受け継がれていて、後世にも多大な影響を与えたと言っても過言ではありません。

 さて、このCDについてですが、ライブ…とだけあって、かなり熱い内容になっています。この作品の前に、2人の演奏のスタジオ版として2作品ほど録音されているのですが、これらの最高形態?とでも言いましょうか、とにかく2人の反応の速さと緊張感が凄まじいのです…。あまりにも凄くて、特に1曲目の“Senor Mouse”に至ってはじっと聴き入る意外に最初は行動が取れないのですが(ついでにスタジオ版と聴き比べると、どこが決まっている部分で、どこがフリーの部分なのかが分かって面白いです)、2曲目以降でやっと落ち着いて聴ける…という感じでもあります。前の記事と比べるとおこがましいのですが、本当にこれこそが“ライブ”というものです。
 もちろん“Falling Grace”もなかなか熱い演奏で、本来はもう少しテンポを遅めに演奏する事が多いようですが、チック・コリアの印象的なイントロから始まり、2人で歩み寄りながらテーマを弾くなど、デュオならではの作品ともなっていると思います。スタジオ版とライブ版とで単純な比較は出来ないですが、やはりジャズはライブだ!…と思わずにはいられない作品ですね。自分のバンドでも“Falling Grace”をやろうと思って久しぶりに聴いたCDでしたが、ついつい1枚分丸々聴いてしまいました(笑)。この魅力は大したものだと思います。

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/02/17 07:55】 | # [ 編集]


ぜひぜひ…。
【2008/02/17 14:00】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/599-589cd57e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。