竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日光金谷ホテルで Wedding 演奏
 日光金谷ホテルと言えば、明治6年の開業以来、多くの観光客を魅了してきた日光を代表するクラシックホテルですが、今日はそこで行われる結婚式披露宴の演奏をしてきました。演奏者は自分と、二胡奏者でお馴染みの暁天さんです。場所が場所だけに1日がかりの仕事となりましたが、個人的には“1日”を楽しみながら演奏が出来たので良かったと思いました。

 待ち合わせの東武日光駅に着いたのは、自宅を出てから約3時間後の午前11:20。今回は車とか特急列車とかではなく、なるべくコストを下げる為に東武線の“快速”で向かったのですが、思い起こせばこの路線は、小さい頃(特に小学生~中学生)とにかく引っ切り無しに鉄道に乗りまくっていた時に、ひと季節には1回(!)という高頻度で乗っていた路線…。当時を思い出しながらも日光に向かう事が出来ました。

   遠くの山々も見えるくらいクリアでした…東武日光駅にて

 今日は連休の最終日という事で列車は混んでいましたが、この混み具合も今となっては懐かしいと思える出来事の1つでした…。確かに、昔鉄道に乗りに行っていた時は必ず休日でしたから、このような状態になる事もしばしばだったのです。快速列車は東武日光駅の2つ手前の下今市駅で、鬼怒川温泉方面と東武日光方面に列車を分割させるのですが、前者は4両編成なものの、日光方面はたったの2両編成という始末。お陰で混雑度は東京の朝ラッシュ時のものを思わせ、何故編成増強をしないのかと考えてしまうくらいです。恐らく、ここから東武日光駅へは7~8分の辛抱の為、何とか我慢して貰っている…という感じなのでしょうが、こんな体制も自分が小さかった時から変わっていません。さすが東武(笑)。

 さすがにこの辺りでは雪は解けきっていなく、日光への旅気分をかき立てられてしまいますが、金谷ホテルというのは駅から2kmぐらいの距離にあり、いわば日光の入口のような場所にあります。このまま奥まで進んで華厳の滝でも見て…と言いたいところですが、今日の目的は演奏のお仕事で、そうはいきません…。速やかにホテルへと向かいます。

   この出で立ちこそが歴史を感じさせてくれます   天井もまた綺麗でした

 金谷ホテルの外観はさすが歴史を感じさせるもので、そのクラシックなスタイルは特筆ものdせひた。もちろん内装もイメージ通りで、“伝統”を大切にしている姿も窺えるというものでした。早速披露宴会場に案内されましたが、ここの雰囲気も抜群で、“和”のテイストなのですが、やはりどこかハイカラなセンスが漂っている感じです。木材の使い方が暖かく、それと窓の外の雪景色が良いバランスを生み出していて、ここで演奏できる喜びを噛み締めました。
 さらに言うと、ここはグランピアノが置いてあるのですが、これが予想以上に良い音を鳴らしていて、弾く毎に身体に馴染んでいくのを感じました。これと二胡との音楽の共演というのは、想像するまでも無く素晴らしいものになりそうです。リハーサルも良い感じでした。

 今回は結構演奏する場面が多く、披露宴中に細かく出場、退場という形だったので、いつも以上に気が抜けない現場となりました。BGMという場面もあれば、コンサートという形式でお届けする事もあり、それらのスタンスの切り替えも難しいところでしたが、お越し頂いた方々には喜んで頂けて光栄でした。わりと年配の方が多かったのですが、その中で新郎・新婦の希望で“愛燦燦と”や“蘇州夜曲”、“川の流れのように”をやったのは良かったのかもしれません。
 しかし、一番の見せ所はやはり、花束贈呈の部分における“ハナミズキ”だったと思います。これは新婦さんの強い希望だったそうで、しかもちょうど曲が盛り上がる部分で花束を渡す場面に至れたので、これは結婚式演奏としても遣り甲斐がありました。こういった、場面場面でのタイミング合わせというのは本当に難しく、それは合わせようと思ってもなかなか合わないものなのですが、今回はバッチリでした。最後には多くの人が幸せそうな笑みを浮かべていて、自分にとっても印象深い披露宴になったと思いました。

   再び東武日光駅にて(後ろは特急なので乗ってません…)!

 そして、帰りもやはり快速列車での行程となりましたが(これが途中まで各駅停車の“区間快速”で、行き以上に長い時間を要しました)、せっかくの長い行程という事で、お土産屋でビール(地ビールの日光ビール)とつまみを買い求め、そのまま車内で祝杯という感じになりました(ビールの乾杯自体は、列車の待ち合わせ時にホームで行いましたが…笑)。…やはりこういった仕事は、“締め”もきちんと行う事が重要ですよね!

 ☆金谷ホテルのHP…http://www.kanayahotel.co.jp/

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント
いやー
いい場所での演奏だったんですねー。
ってか、コメントに吹いたw
【2008/02/12 10:12】 URL | HOTSNOW #- [ 編集]

いやー
なかなかテンションの高いコメントで、消すには
惜しい代物だったのですが…消しました(笑)。
【2008/02/12 14:00】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/594-fda36802
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。