竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイナルを迎えた玄武ツアー
 タイトルに深い意味は無いですが(笑)、今月末、自分がよく行くラーメン屋“玄武”がついに閉店してしまうという事で、最後の食事をしに池袋まで足を運んできました。お供には、玄武と共に歩んできたベースの池田君を誘いました(…というか、この日一緒にリハーサルがあったので、その帰りに寄ったのですが…)。
 自分はこの日のため?に、せっせと玄武のポイントを溜めていたのですが、ついに使う時が来たようです。ここ玄武は、ラーメン1杯につきポイントが1つ溜まり、20ポイント溜まるとラーメン1杯と交換出来るシステムが存在します(しかし、お店の最高級?のメニューである“玄武ラーメン”は交換出来ません)。しかし驚くなかれ、自分達が(今まで一緒に来てくれた人達の協力?もあって)この日まで溜めてきたポイントは40ポイント!…つまり2人分です。これなら池田君にも、ポイントの恩恵を与えられるというものです。

   合計40個のハンコは壮観です!   もう食べられなくなってしまうのでしょうか…

 自分達が頼んだのは、これまでもよくお世話になった“味玉ラーメン”でした(ライスも付けました)。これで最後かと思うと儚い感じがそこにはありましたが、皆別れを惜しみたいのか、いつもより客数は多いように感じました。そんな事を気にしている時点で、自分は何者だと思いますが、とにかく、自分の中で玄武というラーメン屋は1つの幕を閉じた事になります。
 とりあえず、ライブと共に歩んできたこの味(…よくライブ後に来ていたので)は、胸に大事にしまっておく事にしましょう。…長い間お世話になりました!

テーマ:メイプルストーリー - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
感慨深いです。
まずは「玄武」お疲れ様でした(笑)。
私も最初に出会ったのがikeda bandの初めてのライブで
2回目も何気にikeda bandのライブの時でした(笑)。
実は名古屋ではあまりラーメンを食べに行く事は皆無に近いんですが、
思わず行けてしまったのはこの写真日記で登場率が多くて、
気になり気になりで、実際、東京に行って、同じお店に2回行くなんて
今まで、経験した事なかったので、私の中でも
すごく大きな思い出となりました。
残念ながら、2回しか行けなかったのですが、
ikeda bandのライブとともに?大事に閉まっておきます。
【2007/09/28 07:27】 URL | まーちゃん #- [ 編集]

そこまで言って頂ければ…
玄武も本望だと思います。
また、池田君も本望だと…(笑)。

他では無い味だっただけに残念ですね。
【2007/09/28 14:56】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/496-da0ccbd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。