竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去の写真から 4.
 前回、美希ちゃんとは1、2歳の頃からの知り合いで、自分が記憶にあるのは3歳ぐらいからだと書きましたが、証拠写真が出てきました(自分で探したのですが…)。

   時代を感じさせます

 これは1982年(今から約24年も前!)に行われたピアノ発表会の時の写真で、自分はどこにいるかというと、後列右から2番目の人に抱かれている子がいますが、これです。ついでに、抱いている人というのが我が父です(さらに言えば、後列1番右の人が…母です)!
 美希ちゃんは…というと、何となく面影があるのでわかるかと思いますが、前列左から2番目の子です。せっかくなので、前回の記事と比べてみて下さい。うーん、思えば綺麗になったもんだ。
 そして、後列左から2番目の人が、自分が3歳から習っていたというピアノの先生です。この方には、自分が大学生になる頃までですが(それでも15年以上もです)、本当に丁寧に教えていただいて、今の自分があるのも本当にこの人のお陰だと思っております。感謝しています。この間の結婚式にも出席されており、久しぶりにお会いしましたが、元気そうで何よりでした。
 まあ少々硬い文章になってしまってますが、実のところ3歳から習っているし、元々親の知り合いという関係なので、今でも昔の癖で自分は先生に対し「ちーちゃん」(名前が千恵子なので)と呼んでしまってます。確かに先生は先生なんですけど、あまりにも付き合いが長いために、今さら敬語になるのが逆に恥ずかしい…みたいな。まあこれはこれで良いのかもしれませんけどね(笑)
 そんなわけで、とてつもなく昔の写真を掲載してしまいましたが、ここに写っている方々は今頃どうしているのでしょうか。どちらにしてもこんな所で使われているとは夢にも思ってないでしょうね…。先に謝っておきます。

テーマ:過去のお話 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
わっ
たけうっちゃんだって一瞬で分かるね!
うんうん、わかるわかる。
【2006/02/01 02:36】 URL | ごーはら #aD8rHxOM [ 編集]

うん
基本的に昔から変わってないらしいからね。
顔もそうだけど、どうやら雰囲気というのも…。
【2006/02/01 02:39】 URL | 竹内 #- [ 編集]

なんてこった
いやーなつかしいね!でぶなあの頃・いまは随分ガリガリになっちゃったけど!外食が多いからかな?体にいいもの食べてね。母親より
【2006/02/01 21:32】 URL | 竹内年子 #- [ 編集]

ありゃ
なんと母親から書き込みが…。
確かにあの頃はデブだったなー。
【2006/02/02 02:20】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/48-3aa8c9f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。