竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄門御一行、夏バテ気味!?
 今日は黄門御一行バンドのライブの日でしたが、入り時間に集まったメンバー達は、あまりの暑さにまずは客席の椅子に座り、暫くそこから動けない時間が続いてしまいます。確かに、連日の暑さは筆舌に耐え難いものがありますが、こんなお店の光景もまた夏の風物詩とでも言いましょうか…。とにかく、体力的には堪える日々が続いているのは事実のようです。
 …という理由かどうかは分かりませんが、今日のステージは「リクエスト・コーナー」という方向にもっていったのは何ともボーカルの恭子さんらしい選択です(笑)。一応、曲は決めたと言えば決めたのですが、かなりお客さんの希望に委ねられた形となりました。実際、2ステージ目はその殆どがリクエスト曲でしたし…。しかし、ここまで希望通りに応えられるのも凄いと思いますけどね。確かに、ジャンル拘らず…なところだけはあります(笑)。

   炊き込み御飯は素晴らしいお味でした   この眼鏡、100円ショップで購入したとか…

 また、この日は久しぶりに“トークの黄門バンド”?が復活となったのか、MCの長さは、いつも以上に思わせてくれるものでした。お陰で、いつもは予備を入れて1セット9曲ぐらいは用意しているところを、1ステージ目…5曲、2ステージ目…6曲、3ステージ目…アンコールを入れて7曲と、昔の黄門トリオを彷彿とさせてくれるような緩い段取りでした(笑)。しかし、こういう雰囲気…嫌いではありません。
 今日は選曲も面白かったし(ホントにその場で決まったりしてましたから…スリル満点です)、恭子さんの視力矯正手術(今月始めに行ったそうです…一応経過は順調だとか…)の話しも(MCとして)聞けたので、個人的には満足な1日となりました。また意外?なライブを期待しています!

 ☆白石恭子さんのHP…http://www.geocities.jp/reikokyoko/

 ☆五反田 Rocky のHP(臨時のページ)…http://www8.0038.net/~rocky/www8.0038.net/

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

黄門バンドのお客さん…というのも増えてきたのか、
客席も含めた雰囲気も前よりイイ感じになってきていますよね。
9/14の次は10/24ですか... メモメモ(笑)
【2007/08/25 13:49】 URL | み~ #npNid/5k [ 編集]

そうですね
ありがたい話しでございます。
ある意味トークも期待されてる?バンドですものね(笑)。

自分は次回はお休みですが、またよろしくお願いします!
【2007/08/25 16:18】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/476-4223bee2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。