竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“ぐるすむ”第5弾は東京タワーにて♪
 サックスの川島さんやボーカルの音音さん率いるバンド、“ぐるすむ”(もうネーミングは間違えません!)。もう第5弾を迎えるという事で、月日の早さを感じさせますが、今回はなんと東京タワーにてライブを行うという企画になっていました。
 残念ながら展望台にての演奏ではありませんでしたが(笑)、タワーの土台となっている建物の3階に“Thank”というお店があり、そこでの演奏となっていました。それでも、向かうは東京タワーに間違いは無いのですから、車で向かってタワーの姿が見えてくるにつれ、何だかワクワクしてきたのを憶えています。

   赤羽橋辺りから見た東京タワーです

 店内は広く、120人くらいが収容可能という事でしたが、今回は150人くらいのお客さんが来る見込みがあるらしく、中には席の無い方もいた事だと思います。それでも、沢山のお客さんの中で演奏できるというのは大変嬉しい事で、頑張らなければいけないという気持ちもひとしおでした。
 自分もキーボード2台という装備でライブに臨みましたが、よく考えたら自分のキーボードで2台…というのは初めてだったかもしれません。これは弾いてみて気付きました。元々ピアノ(もちろん1台です)で自分はよく演奏をしているわけですが、それは右手と左手、両方合せたサウンドが自分の出している音…という認識としてあったのです。しかし2台にすると、当然ながら左手は左手で独立した音、右手は右手で独立した音…という状況になり、その感じが自分ではまだ掴みきれてないみたいなのです。頭の中では分かっていても、サウンドとしてはまだ自分で納得のいかない部分もあります…。これに慣れるのには、まだまだ時間が掛かりそうですね…。頑張りたいところです。

   川島さん自身は、このポスターを大変気に入った様子でした   背景では、スクリーンに画像が映されています

 さて今回のライブですが、川島さんのやりたい事が徐々に分かってきたようなライブになってきた気がしました。ひと月ほど前、川島さんに、サックス奏者の Gerald Albright のライブに連れていって頂いた時がありましたが〔Gerald Albright Live at Blue Note Tokyo!参照〕、その時の印象を思い起こさせる雰囲気になっていたと思うのです。ただ音を出すだけの“演奏”ではなく、お客さんを意識した“ライブ・パフォーマンス”が大事だと…。
 演奏以上に“動き”も大切だと思いました。今回はライブ中に“仕掛け”を沢山施していたので(演奏中、突然やり出したものも少々…)、お客さんも楽しんで頂けたのではと思いますが、ここで大事なのは、ただ単にショー的なものを行ったのではなく、“音楽で作られたショー”で勝負していった事でしょう。そこが一番好感が持てました。

 今回は約1時間のステージを2回と、いつもながら盛り沢山の内容でお届けしましたが、自分的には時間がそんなに経ったという感覚は残っていません。やはり、見せ方1つで時間の経過は変わるな…と思いましたし、それはお客さんも同じ事でしょう。
 ライブの最初には、PAから音が出ない(!)…といったトラブルもあったものの、満員御礼のお客さんと、その巧みな?ステージ構成のお陰で楽しく過ごせたライブとなりました。今回はどうもありがとうございました。そしてお疲れ様でした!

 ☆東京タワー(芝公園)Cafe Lounge Thank のHP…http://www.thank-style.com/

 ☆川島崇文さんのHP…http://home.t00.itscom.net/smooth/

 ☆音音さんのHP…http://www.nenezo370.com/

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

お疲れ様でしたぁ。
今回は見た席がとにかく、サイコウの場所で、
恐らくはこれが最初で最後かもしれないという
思いから、近すぎだなぁ~と、戸惑いもありましたが(笑)、
あそこまで、近いと、ほんと、幸せすぎです(笑)。
「音楽で作られたショー」
目でも耳でもいっぱい楽しませて頂きました。
2台のキーボードを演奏するというのも
ショー的要素がありましたよ。
観ていても聴いていても本当に楽しかったです♪
満席で、観たくても観れなかったお客さんもいたみたいですから、
本当に人気ありますよね。
私もそうですが、やっぱり、また、是非、観たいです♪
いっぱい、楽しませて頂き、ありがとうございましたぁ。
【2007/07/18 08:39】 URL | まーちゃん #- [ 編集]

ありがとうございました!
目でも耳でも…そう言って頂けるとホントに嬉しく思います。
観たくても観れなかったお客さんがいたというのは残念ですが、
これからもライブにも期待ということで、よろしくお願いします!
【2007/07/18 14:33】 URL | 竹内 #- [ 編集]


おつかれさまでした!!
回をかさねる度に荷物がおおくなる
竹ちゃん、いつもお世話になってます!!
運転するお姿がすてきんぐ☆
【2007/07/18 23:52】 URL | nenene #tE21prRc [ 編集]


すごいね!東京タワーでライブしたの!?なかなかないよね(>_<)見たかったなぁ。。胎教にもよさそうだし★
【2007/07/19 00:42】 URL | 麻衣子 #- [ 編集]


>nenene~さん
 こちらこそお疲れ様でした。
 1素敵頂きまして、ありがとうございます。
 これからも2素敵、3素敵を頂けるよう
 頑張っていきますので、よろしくお願いします。

>麻衣子
 そうだね、タワー部分ではなかったものの、初めての経験でした。
 あー確かに、胎教には良い音楽かもしれないな…(笑)。
【2007/07/19 01:11】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/461-bc0749de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

生誕80周年 J.R.モンテローズの10曲

今回は全曲ジャズだ。J.R.モンテローズというサックス奏者の極めつけの名演ばかりを集めた。J.R.は1927年生まれだから、生きていたら今年で満80歳になっていた。つまりこの2007年は、稀代の名手J.R.の記念すべきアニバーサリー・イヤーなのであるが、どの雑誌も彼の記事をと MUSICSHELF:最新プレイリスト【2007/09/03 10:48】

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。