竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分名義ライブ4回目
 まずは全てのお客様に…ありがとうございました。今回で4回目となる自分名義のピアノトリオライブ…。初めてやらせて貰ったのが昨年の11月の事ですから〔自分名義というライブ参照〕、何だかんだで半年の間続けているわけですが、今日ほど濃いと感じた日はなかったような気がします(笑)。前回ライブをやったのが3月の事なので〔自分名義ライブ3回目参照〕、あれから約3ヶ月は経ってしまっているわけですが、今回も試行錯誤を経てのライブとさせて頂きました。
 今までの自分のライブでは、かなり具体的な“テーマ”を持って演奏に臨んでいく傾向がありました。それは1人のジャズミュージシャン(大概ピアニストですね)の曲をフューチャーしてのセットだったわけですが、こうライブを何回も重ねていくと、そればかりに頼ってはいけないという気持ちも出てきました。
 ということで今回思ったのは、“スタンダード”と“オリジナル”の共存です。ここで言うスタンダードとは、いわゆるジャズのセッション等で取り上げる曲ばかりではなく、一般的に皆さんに馴染みのある曲…としてのスタンダード…という意味です。元々ドラマーのトシさんはジャズ方面とかで活躍をしてる方ではないのですが、だからこそ、このメンバーでスタンダードをやる事に意義があるのだと思います。
 もちろん、ただやるだけでは勿体無いので、幾分かのアレンジはさせて頂きましたが、自分でも楽しみながら考えた部分でもあり、その気持ちが伝わって頂けていたら幸いです。

   この角度の写真は Django ならではだと思います   大勢の方に聴いて頂きまして、本当に嬉しい限りです

 仕事上、自分はホントに色々なジャンルのライブに携わっていると思うのですが、そういう状況だからこそ、こうやって自分のライブ、自分の音楽が出来るという事の幸せを、今日改めて感じたような気がしました。やはり自分名義のライブというのは、自分自身を見つめ直すの事のできる機会でもあると思うのです。ライブをやるごとに反省がありますし、もちろん次に生かせる出来事も沢山あります。“ライブ”というのは、その場の1回限りのイベントですから、同じ事は2度と有り得ないのです。だからこそ1回1回が大切だとも言えるでしょう。これらは頭では分かっていても、実際に演奏にその気持ちを反映させるのは難しい事だと思いますが、これは一生かけても追求すべき事でしょうね。

 とにかく、自分自身でもためになり、そして楽しいライブとなりましたが、やはりお客さんのパワーには随分と助けられてると思いましたね。改めて感謝の意を述べたいと思います。ありがとうございました!そして、今後ともよろしくお願いします!

 ライブ後、珍しくお店に残ってお客さんとお喋りをして楽しんでいたのですが、気付くと時計はもう夜中1時!…池田君もトシさんも明日早いのに…お疲れ様でした。
 そして店を出た後、何の打ち合わせも無く皆でラーメン屋“玄武”に向かったのは面白かったですね(笑)。最近メールで、「この後は玄武ですか?」みたいなコメントを頂くのですが、これは玄武がメジャーになってきた証…。何とも嬉しいことです。今回玄武での写真は無いですが、ある意味不要ですよね…(笑)。最後まで楽しい1日になって良かったです♪


 ●今回のセットリストです!

・1ステージ 1、My Funny Valentine
         2、On Green Dolphin Street
         3、Guernica(オリジナル)
         4、Tokyo Happy Chirdren(オリジナル)
         5、Here,There And Everywhere

・2ステージ 1、Para(オリジナル)
         2、The Day Of Black Key(オリジナル)
         3、In A Sentimental Mood
         4、Dear Daddy(オリジナル)
         5、La Fiesta

・3ステージ 1、Final Approach(オリジナル)
         2、Summer Time
         3、Autumn Leaves(リクエスト)
         4、Spain
         5、Black Orpheus(アンコール、リクエスト、ピアノソロ)

 ☆千駄木 Django のHP…http://www.jazzclubdjango.com/

 ☆池田暢夫のブログ…http://nobuike.exblog.jp/

 ☆佐々木俊之のHP…http://www.toshiyuki-sasaki.com/

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント
お疲れ様でした&ありがとうございました
私も今回で3回目で、オリジナルも馴染み深かったのですが、いろんなサポートでのライブとは違う緊張感ととても肩の力が抜けたリラックスした部分とがとても良い感じに出て、今までのどのライブよりも一番、気持ち良く演奏を観ていた気がします。新曲が聞けなかったのは悔やまれますし、ラストまで、見たかった事はとても残念ですが、
観ての満足感は今までの中で一番あった気がしています。
癒されつつも、いっぱいのパワーを頂きました。ありがとうございましたぁ♪
あっ!次回の予定は?
【2007/06/23 05:27】 URL | まーちゃん #- [ 編集]

間違えました(^^;)
見たかった事じゃなく、みれなかった事の
間違いです。すいませんm(_ _)m。
【2007/06/23 05:30】 URL | まーちゃん #- [ 編集]


竹内さん、お疲れ様でした。
昨夜はほんとうにすばらしいライブでした。
明るさと躍動感に満ちた貴兄のピアノだけでなく、その音楽性にぴったりのユニットの意気とセンスの良さ……
竹内さんにしては、昨夜唯一ともいえる「ダークな」ムードの「枯葉」が、じつは最高によかったように感じました。圧巻でしたよ。
まだ2度しかお会いしていませんが、「自分を語ることができるアーティスト」というのが貴兄に対する私の印象です。
CDも楽しませてもらってます!
【2007/06/23 15:25】 URL | バルチェッローナ #- [ 編集]


>まーちゃんさん
 昨日はありがとうございました。大丈夫です、伝わってますよ!
 いつもいつも、1ステージだけでも見て頂き、本当に嬉しい限りです。
 だからこそ、1ステージにかける気持ちも大切なんだなと思いました。
 次回ライブは…今のところ調整中です。すみません!

>バルッチェローナさん
 改めて、ありがとうございます!CDは不手際があってすみませんでした…。
 これからも“自分のライブ”に恥じないものを見せていこうと思ってますので、
 よろしくお願い致します!そしてまた楽しい話しを聞かせて下さい!
【2007/06/23 16:47】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/440-ff40e8a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。