竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祖父のお通夜、告別式を終えて…
 しばらくブログの更新を控えてましたが、また今日から色々と綴っていこうと思います。

 17日の祖父の訃報から今日まで、もうバタバタの連続でした。葬式の準備はしなくてはならないし、色々な方との挨拶もありますし…。通夜や告別式を終え、最近やっと落ち着いてきた感じですが、今回の葬儀は祖母の意向から、元々密葬に近い形(家族葬という感じでしょうか…)をとっており、基本的に身内の方しか呼ばない形式にしていました(仕事関係まで盛り込んでしまうと、かなりの数に上ってしまうからです)。…なので、葬儀を終えた今、次なる準備は仕事関係の方々への連絡が待っているのです。これからまた大変な日々が続いていくのかもしれませんが、徐々に実感も湧いてくる感じになってくるのかもしれません。
 祖父の祭壇は、写真の通り花を目一杯に飾ってあげ(生花祭壇ですね)、静かに行われるイメージがある密葬だけど、せめて祭壇だけでも華やかに…という思いが込められているようでした。思い出の品には、身体が悪いと言われているのに、結局やめなかったタバコや、亡くなる3日前までやっていた麻雀の牌が飾られるなど、ある意味特徴的?な物が添えられていたような気がします。
 麻雀に関しては本人は相当好きだったようで、自分も小さい頃に(幼稚園の頃とかです…)、祖父が知り合いを自宅に招いてやっているのを何度も見た事があります(結局、ルールは未だに分からず仕舞いですが…)。毎週日曜日になるとそれは開かれており、いわゆる徹麻も何度か行われていたと思います(朝自分が起きると、まだその部屋では試合が続いていたのでした…笑)。
 祭壇に飾った麻雀牌も、よく自宅に招かれていた人達によって、せっかくだから4人分の手まで作って、祖父がツモった時の場をそのまま再現させてみるように工夫して置いてみました(まずツモる事の無い、最高の手を作っておいたようです)。何とも微笑ましい“思い出の品”コーナーです。

   花をメインとした祭壇にしました   せっかくなので、あの手この手を考えます

 ところで、葬式…というと、どこか重い雰囲気が漂っているはずなのですが、祖母の元気でチャランポラン?な性格からか、どこかお惚けな雰囲気になっているのも少なからずありました。まあ自分は祖母の性格をよく知っているので、これで良いのかもしれません…。確かに、せっかくなら悲しみより「お疲れ様」の雰囲気で送ってあげたいですしね…。
 また、今回の葬儀期間中、自分は honey side. のCD〔honey side.の音源が試聴できます♪参照〕をたまたま持ち合わせていたのですが、ある時「今度CDを出すんだよね」…なんて話しをしていたら、祖母が、じゃあ式中にお祖父ちゃんに聴かせましょう…という話しになってしまい、実際それは告別式で流しました(!)。司会の方には、CDはこういった経緯で作って…みたいな感じで話したのですが、いつの間にかそれは“あなた(祖父)に聴いて欲しかった”みたいな流れになっていて、CDが流れている時には自分は気が気ではなかったのですが、どうやら皆さん感動してくれたようで、自分はホッと?したのを憶えています(この後、この司会の方や、葬儀屋さんにまでも購入を希望されたので、それはそれは嬉しかったです)。

 そんなこんなで、あっという間の4日間が過ぎていきましたが、やはり印象的だったのは、親戚ってこんなにいるのか!という事でした。確かに、祖父は2人兄弟、祖母に至っては4人兄妹でしたから、親戚が多くなるのも当然なのです。結果的には、自分からしたら再従兄弟(はとこ)が多くなる環境にあるわけですが、中には久しぶりにあった方もいますし、初めて会う方も何人かいたりしました。名前と顔を一致させるのは大変でしたが、祖母も1人になってしまった事だし、これからもよろしくお願いしますという感じでしょうか…。
 そう、よく考えたら、自分はこれで祖父と呼べる人がいなくなってしまう事になったのです(父方の祖父は自分が高校生の時に他界しております)。少し寂しい気もしますが(まだ実感は湧かないのですが…)、これからは残された祖母(父方も母方も…ですね)を大事にしていかなければいけない…と強く思ったものです。それにはまず、自分が自分の事をしっかりとやっていかなければならないんだという事も強く感じましたね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
お疲れ様でした
お話にはきいていた再従兄弟の大輔君にお会いできて、
こんな時ではあったけれど、よかったです。
CD、すごく感動しました。
これからは常盤平のおじさん(うちではそう呼んでいるのです)の分も
おばさんを支えてあげてください。
【2007/05/22 15:04】 URL | あさこ #- [ 編集]

こちらこそお疲れ様でした
先日は色々とありがとうございました。
こんな時での出会いになってしまいましたが、
これからも親戚としてよろしくお願いしますね。CDもぜひぜひ!

自分も、みのり台のおじさん、おばさんとか
呼んでいたのを思い出しました…(笑)。
【2007/05/22 15:29】 URL | 竹内 #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/05/22 16:44】 | # [ 編集]


いえいえ、全然大丈夫ですので、気になさらず…!
【2007/05/22 17:32】 URL | 竹内 #- [ 編集]


ご愁傷様でした。

大輔が作った曲でお別れできて、おじいちゃんも嬉しかったでしょう。
帰国した折には是非その曲を聞かせてね。

これからも元気に、たくさんの曲を作ってね。
【2007/05/22 19:13】 URL | ラバ #- [ 編集]

了解しました
是非とも聴いて貰えたらと思います。
帰国って…まだ1年ぐらい先だよね?
【2007/05/22 20:19】 URL | 竹内 #- [ 編集]


あほかっ!

11月には帰る!・・・予定↓
【2007/05/23 15:29】 URL | ラバ #- [ 編集]


あれ…そうだっけ?了解~。
【2007/05/23 16:04】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/414-37bc1a56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。