竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体育館内なのに寒い
 今日はかなり久しぶりでしたが、昨年もお馴染みの、学校の卒業アルバム用の写真を撮りに行ってきました。卒業アルバム…といっても、もう3年生を撮るものではなく(既に卒業式シーズンは終わっています)、この時期からの対象は専ら1、2年生(稀に新1年生も)です。今日のイベントは球技大会ということで、久しぶりに高校というものに足を運びました。
 今日の朝は寒く(東京は観測的には初雪だったそうで…)、微妙にスポーツをする気候でもなかったような気がしますが、“球技”の内容を見てみると、1年生はバスケで、2年生はバレー…とのこと。これはどうやら、どちらも体育館を使ってやりそうな気配です。実際にそうで、これなら少しは寒さは凌げると思ったのですが、これが予想以上に室内も寒い状況で、いくら動き回っているとはいえ、生徒達も大変そうだなと思いました。
 また、体育館の広さにも制約があるため、1度に行う事のできる試合は2つのみ…。ということは、試合の無い生徒は、その間中ずっと待ってなければいけないわけです。これは本当に寒そうで、いつの間にかタオル、マフラー等を膝にかけてたり、中には布団ぐらいの大きさのタオル(どこから持ってきたのやら…)を数人で兼用しているといった生徒も見られました。それぞれ工夫が見られ、何となく微笑ましい感じではありましたが…(笑)。

 さて、撮影についてですが、バスケに関しては問題無かったものの、バレーは最初は大変でした。何故ならば、バレー経験者というのはバスケに比べて少ないのか、ラリーがまた続かないのです…。やはり、写真を撮るからにはスパイクの瞬間とか、そういったものを狙いたいのですが、なかなかそこまで到りません。
 しょうがないので、途中からは、準決勝、決勝に撮影を集中させる事にしました。これなら、幾多もの試合を勝ち抜いた生徒同士が対決するわけですから、少しはスリルある絵も撮れそうです。

   球技大会の撮影は、約10ヶ月振りでした

 …それでもなかなか…迫力系は難しいものですね(笑)。

 球技大会は昼過ぎには終わったので、自分は会社に寄ってから(フィルムを提出するため)いったん自宅へと戻り、これから自分名義のライブに向け、準備をするところです。それまでに何とかこの記事を書き終えられたのは良かったかも…(笑)。ではでは!

テーマ:高校生日記 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

撮影の際は、財布を忘れないようにね。
【2007/03/17 14:51】 URL | りこ #- [ 編集]


それもまた懐かしい思い出ですなあ…。
【2007/03/17 15:01】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/367-b462dec4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。