竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Moca、レコ発ライブに向けて…
 自分、今度の2月8日(木)に、レコ発ライブを行うバンドのサポートとして出演するのですが、昨日はその練習に行ってきました。…それは、Moca(モカ)というバンドです。

   気合十分?です!

 思い起こせば、Moca では昨年製作中のCDにも何曲か参加させてもらい、年末のライブにも出演させて頂きました。ついにCDは完成したようで(今回のリハーサルでお披露目されました!)、レコ発ライブに向け、正に順調に進んでるといった状況です!
 Moca というバンドは、本メンバーはボーカル、ドラム、ベース、サックスという編成なのですが、今回のライブでは更にコーラス、トランペット、ギター、キーボード(自分です)を加えての演奏となり、結構豪華な感じでお送りする予定となっています(所々で参加という形にはなりますが…)。
 今回のリハーサルでは、タイムスケジュールの確認も含めた内容となっており、その下準備の良さには感心しましたが、これもレコ発に向けた誠意が伝わってくるというものです。…やはり、良いライブをするには良い準備が必要…という事なのでしょう。全く同感だと思いますね。
 ここではあまり細かくは伝えられないのが残念ですが、当日のライブはレコ発“イベント”として、大いに楽しんでもらえるような内容になるのではないかと思います。また、対バンにもとても魅力的なバンドが顔を揃えています。自分的にも、何だか今から待ち遠しくなってしまう感じですね。日にちは2月8日(木)、吉祥寺の Star Pine's Cafe にてです。皆様お待ち申し上げております!

 ☆Moca のHP…http://www.mo-ca.jp/

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント
はじめまして。
昨年の秋頃でしたでしょうか。リンクをたどってたどって。旅行記など楽しく拝見させていただいております。Moca、レコ発、2/8、吉祥寺のキーワードに反応いたしまして。そのレコ発の対バン"fab-tone"のキーボードが自分の昔からの友達なのです。8日は残念ながら聴きに行けないのですが。思わぬところでのつながり。ついうれしくなって。いつか竹内さんの音も聴けますように。突然のコメント、失礼いたしました。
【2007/02/04 00:20】 URL | ROT #GaenHm5U [ 編集]

こちらこそ初めまして!
書き込みありがとうございます。
そして、いつもご愛読頂き感謝です。

音楽の世界って、思わぬところで人と人が
繋がったりするので、本当に面白いですよね!
いつか会える日を楽しみにしております
【2007/02/04 01:16】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/334-bf3254bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。