竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年を振り返る 3.
 今回書いている『2006年を振り返る』ですが、3回目の今日はやはり、自分名義のライブを行った…ということを書かなければならないとような気がします〔自分名義というライブ参照〕。
 “2006年を振り返る 1.”では、“柔軟”という言葉の大切さを、“2.”では人間関係の大事さを主題に挙げながら話していきましたが、この自分名義のライブというのは、それらを踏まえた上で成り立つ、最も大事なものを教えてくれたような気がしました。

 …この1、2年、自分はサポート的な仕事を色々とやらせてもらえるようになり、貴重な経験も沢山してきました。そこで学んだ事は数知れず、それはブログにも時折り載せていたりします。しかし、自分で組んだライブをやった時に、今までとは違う緊張感を感じることが出来たのです。
 ここで自分は、3歳から大学生の頃まで習っていたピアノの先生の言葉を思い出しました。それはピアノの発表会での出来事で、出番直前という状況で自分は凄く緊張をしており、そんな時に声を掛けられたものです。「緊張するって事は、練習をしてきた証なのよ」。…この一言で、自分はその時どれだけ救われたか…。
 あの時感じた緊張と、今回自分のライブで感じた緊張は、かなり近いものだと思います。確かにこのライブに向けて、自分は譜面やら作曲やら、色々と準備をしてきて、ライブ構成も含めてほとんど自分で(自分主導で)決めてきました。そして、それらをお客さんに披露するというこの状況…、とても重要な事ではないですか!本当に、自分名義のライブをやっておいて、良かったと思っています。

   結局笑いが堪えられなかった自分…

 ここで得たものというのは、他のどれよりも大きかったような気がします。自分のライブをする事によって、音楽に対する価値観みたいなものも分かってきますし、とにかく音楽は芸術ですから、自分でやらない分には追求もできない気がしたのです。常に音楽というものと向き合って考えてみる…。こういった日々の意識が大切なんだと思いましたね。
 次回は来年の1月19日(金)、同じく 千駄木 Django でやらせて頂きます。今度はどのようなライブにするか、今から考えるだけでも楽しくなってきてしまいますが、きっと、こうやって思える事が一番大事なのでしょうね。

テーマ:今年を振り返って - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/311-84ba3eb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。