竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマス期間中はやはり…
 …前々から予想できていた事ですが、23日に2ヶ所、24日にも2ヶ所、25日には1ヶ所と、この3日間で5ヶ所もの現場で演奏をしてきました。確かにこの期間中は、ミュージシャンにとって最も忙しい時期…とも言えるのですが、ようやくブログを書く時間が出来たので、ちょっと振り返ってみたいと思います。


 23日はまず、春日部駅東口駅前にある“ぷらっと広場”という所で、Yes 春日部ミュージックフェスティバルというイベントに参加してきました。いつものさばいばる伊藤さんとの編成です。
 これは春日部市の活性化を目的に、ここ2年くらい、月1回のペースで行われているもの(今回で23回目にもなるとか…)らしいのですが、周囲はマンションに囲まれていたりして、音を出すのは難しいような状況に自分は映りました。それでも2年も続いているわけですから、やはり住民の理解があってこそなのでしょうね。

   やはりこの時期は寒いです   他のバンドの形態も様々でした

 いつも4、5組ほどのバンドが参加しているらしく、自分達の順番は1バンド目でした。これは、自分がこの後にもライブが控えているという事からの配慮だったのですが、ある意味イベントのオープニングアクト…ということで、会場の“掴み”も重要になってきました。
 まあそこは伊藤さんの腕で、良い方向になっていったということは、言うまでもありません。野外のイベントだったので寒かったのですが(ちょうどステージが日影になっていたので…)、会場を暖めるのには貢献できたようなライブだったと思います。

 ライブ後、自分は秩父に行かなければなりませんでした。この日自分は車で移動していて、この春日部駅で今夜のライブのボーカリスト、山崎寛子さんと落ち合う約束をしていたのですが、どうやら向こうは遅れている様子でした。秩父での会場は16:00入りで、駅での待ち合わせは14:00だったので、これでもギリギリだったのですが(春日部から秩父までは、高速道路を駆使しても最低2時間は掛かる…普通は2時間半くらい…)、まだ30分以上は掛かるとの連絡が…。まずいな…と思ったのですが、山崎さんは、それなら電車で秩父まで行くと言ってきました。成程、山崎さんは都区内の在住…。まだ春日部まで30分ぐらいの距離なら、直接電車で秩父の駅まで行って、そこで落ち合ったほうが時間の無駄にならなくて済むのかな…と思ったものです。
 …ということで、自分はそのまま秩父に向かいました。春日部からのルートは、国道16号線で川越へ、そこで関越自動車道に乗り花園インターまで、そこから国道140号線(途中、皆野寄居有料道路も使用)で秩父まで…という感じですが、最初の国道16号線が混んでて、皆野寄居有料道路を降りれたのが16:10頃でした(あと目的地まで、30分弱という感じです)。ここで、山崎さんに電話をして、今どの辺りにいるのかを聞いてみたのですが、驚くべき返事が返ってきました。

 「なんかね…いま群馬県にいるの…」

 …。


 群馬県!!??


 どこをどのように乗り継いだのか、群馬県に行ってしまったらしいのです(泣)。どうも山崎さんは、先程の春日部の先に秩父があるようなイメージだったらしく、そのまま電車で先に向かってしまったそうです。
 幸いにも、羽生という駅から秩父鉄道という電車が出ており、秩父方面に1本で来れると言えば来れるのですが、秩父鉄道というのはかなりのローカル線。本数も1時間に1、2本という鉄道です。…というより以前に、羽生から秩父は、最低1時間半は掛かるような距離で、うまくいったとしても、着くのは早くて18:00頃…と、頭を過ぎったものです(自分が電車に詳しくて良かった…笑)。
 しかし、この最寄り駅というのも曲者で、駅から会場は、バスで40分という距離にあるらしいのです。車なら20分くらいで行けますが、ある意味万事休すです…。自分は一足先に会場入りし、今日のライブ時間を確認したのですが、何とそれは18:00から(!)というものでした(勝手に19:00ぐらいからだと想像してました)…かなり際どい状況です。今日やらせてもらう場所は、秩父の小鹿野にある、夢鹿蔵という所でした。

   自分が着いた時には、もう日が暮れていました…

 …さて、山崎さんと連絡を取り合い、最寄り駅には17:55頃に到着との報告が入ってきました。そして、お店の人とも話して色々と知恵を振り絞り、出てきた案はこうです。

①ライブの始まりを15分ほど遅らせる。
②最初はインスト(ボーカル抜き)で2曲ほど演奏し、間を持たせる。
③その間に、お店の人に最寄り駅まで山崎さんを迎えに行ってもらう。

 ③とか、お店の人には本当に申し訳無かったのですが、このような手段を取った結果、何とか山崎さんは自分の出番までには間に合う事が出来たのです。インストを演奏している間はハラハラものでしたが、それが終わって客席を見ると、山崎さんがスタンバイしているのが見えたので、ホッとしたものです(またこれが赤いドレスを着ていたので、一目で分かりました…笑)。

   凄い状況でやっている感じがします   何だかんだで、また喋ってしまいました

 色々とトークでも間を繋げたりしたライブでしたが(笑)、結果無事に終わって良かったと思っています。しかし、それよりもやはり、秩父の方達の暖かさに敬服致しました。こちら側が遅れてしまっているにも関わらず、迎えに協力して頂いたり、本来賄いが出るのですが、山崎さんは遅くなっていたのでお弁当を用意してくれていたりと、本当に至れり尽くせりでした(何よりも山崎さんが感動していました)。お客さんも含めて、本当にありがとうございました。
 帰路については、自分の車で山崎さんを送って行ったのですが(電車だと帰れない時間帯のため)、夜だったこともあって、都区内には2時間弱で着いてしまいました。山崎さんが、「…車だと早いんだね…」と呟いた一言が、妙に印象に残ったものです(笑)。


 そして次の日、24日、クリスマスイブという日です。この日は、昼間は結婚式披露宴のパーティーで演奏、夜はライブというものでした。昼間はレストランでの演奏だったので、キーボードは持ち込みだったのですが、車ではなく電車で自力で担いで行きました。というのは、偶然にも昼も夜も同じ表参道で演奏という事だったため、駐車代がバカにならない…という懸念があったためです。
 昼間の方は、ロベルトという黒人ボーカリストと共に、披露宴の演奏を行っていきましたが、何ゆえ披露宴という状況なので、写真は撮れず仕舞いでした…残念。また、結構時間が押してしまったので、次の会場入りは自分は遅くなってしまったのですが、やはり同じ表参道で助かった気がしました。

 夜はアルトサックスの郷原君と共に、テアトロスンガリー青山というお店でライブでした。ライブスケジュールの記事にも書きましたが、ここは加藤登紀子さんの姉である、加藤幸子さんという方のお店で、昨年も自分達は出させて頂いた事のあるお店です。しかし、残念ながら今年一杯でここは閉店とのこと。新宿に本店があり、こちらは今まで通り営業を続けるらしいのですが、そこはライブが出来る場所ではないので、やはり惜しい感じがしてしまいます。
 そのような状況で、自分と郷原君のデュオでクリスマスイブにライブをやらせて頂くというのは光栄な事で、最後の場所となるライブ…という気持ちで演奏したものです。途中には、ユーフォニアムでジャズを弾くという珍しい方も飛び入り参加し、なかなか内容的にも面白いライブになったと思います。また、クリスマス系の曲を演奏した時には、自分的には特別な印象が残ったような気がしました。

   ユーフォニアムの方も飛び入り参加!   オーナー加藤幸子さんと記念撮影

 ここは本当に音の反響が良く、マイクは一切使っていないのですが、お互いの音が良く聞こえます。これは客席にいても同じなようで、どこにいても均等に音が聞こえてくる環境になっているらしいのです。恐らく、設計する段階で音の回りを厳格に考えられた配置にしていたのでしょうね。よく見ると、天井には色々な種類のカーブが施されているのですが、これも、計算し尽くされた考えの元に造られているのだと思わずにはいられません。それだけに、ここが無くなるのは本当に残念な事なんですよね…。
 いつかきっと、このお店が復活する事を願って、自分はお店を後にしました。


 最後に25日です。この日は夜だけで、少し時間には余裕があったのですが、場所が多摩地区にある唐木田という所なだけに、これまた自分の家からは遠い場所に位置し、結局はバタバタになってしまいました(笑)。
 お店は Cafe De Soeur というレストランで、クリスマスの特別ジャズライブ!…というような感じの雰囲気でした。お店はクリスマス一色で、色々な所にクリスマス関連の置物やイルミネーションが飾られています。お店の人もサンタの格好とかしていたので、今日が特別な日なのだと、今更ながら感じることが出来ました。

   イルミネーションはクリスマス仕様だそうです   村田君がいい表情してます(笑)

 ここではジャズのスタンダードナンバーを中心に、久しぶりに落ち着いてジャズを演奏した感じでしたが、やはり良いですね。お客さんも本当に楽しんで頂けて、3日間のクリスマス演奏に相応しいピリオドを打つ事が出来たと思います。今日のボーカルは新海さんという方で、自分は初めての顔合わせだったのですが、どうやら気に入っていただけた様子で良かったです。ベースの村田君とも久しぶりで面白かったし…、ある意味楽しいクリスマスを過ごせたかな…とも思いましたね♪


 …ということで、クリスマスの3日間を振り返ってみたのですが、場所によってクリスマス演奏の雰囲気は違っていて、何だか興味深い光景のようにも思えました。日にちは怒涛のように過ぎ去っていったので、自分的にはあっという間に終わってしまったクリスマスだったのですが、これも、ミュージシャンならではの過ごし方だ…というように受け止め、結果的には楽しくやっていけたので良かったと思っています。
 そして、何気に今日もこれからライブなのです(さすがにクリスマスの曲はやらないでしょうが…)。クリスマスは終わっても、自分はそのまま演奏を続けていきますよ!


 ☆Yes 春日部ミュージックフェスティバルのHP…http://yesmusic.exblog.jp/

 ☆小鹿野(秩父)夢鹿蔵のHP…http://r.gnavi.co.jp/g672300/(ぐるなびのHP)

 ☆テアトロスンガリー青山のHP…http://www.tokiko.com/sungari/index.htm

 ☆唐木田(多摩)Cafe De Soeur のHP…http://www.ai-net.gr.jp/cafedesoeur/

 ☆さばいばる伊藤のHP…http://su-zan.net/survival/

 ☆郷原繁利のHP…http://sgohara.com/

 ☆村田博のブログ…http://chabass.blog63.fc2.com/

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント
お疲れ様~(^^♪
ほんと、怒涛の3日間でしたね。ゆっくり、とりあえずは休んで下さい。
【2006/12/26 07:47】 URL | まーちゃん #- [ 編集]

はい~♪
今日は東京は大雨で、何だか癒される思いです(笑)。
【2006/12/26 14:42】 URL | 竹内 #- [ 編集]

ひどい~(笑)
名古屋も大雨・・・
仕事帰りにずぶ濡れ(T_T)
行きだけでも、降ってなかっただけ、ましだけど・・・

なんだか、移動も大変で野外もあって、雨降らなくて良かったですね♪
にしても、写真で大笑いしてる竹内さん。。。
癒されます(笑)。
【2006/12/26 20:36】 URL | まーちゃん #- [ 編集]


そうですね、この日が大雨だったら、
写真のような笑顔は無かったかもしれません(笑)。
【2006/12/27 06:33】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/307-71860b6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。