竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秩父まで出向く
 内容的には2日前、11月3日(金・祝)のことです。この日は秩父市にあるライブ・バー“1999”というお店にて、ジャズライブをやってきました。ライブ…というよりはセッションに近い感じでしょうか。沢山の人達が集まってきてくれて、大いに盛り上がったライブになったと思います。

   皆野寄居有料道路を下りたところです   ロッジ風の建物だった秩父1999

 秩父…というと、ちょっと自宅からは遠い場所に位置し、しかもこの日は3連休の初日…。車で関越道に乗って向かいましたが、案の定道中は渋滞の連続で、高速道路と有料道路を使ったにもかかわらず、結局2時間半ぐらいも掛かってしまいました。お店に向かうだけで大変です…。

 1999というお店は、秩父鉄道の大野原という駅が最寄り駅なのですが、辺りは市街地という感じではないので(夜になると真っ暗になってしまいます)、これは車じゃないと厳しいなとも思いました(実際は駅から徒歩15分らしいですが…)。しかし、お店自体はロッジ風の建物で、なかなか洒落た造りです。内装も木造を基調に、何となくアメリカンテイストが滲み出ており、結構自分好みな感じだったかもしれません。
 ステージに立つ人は多く、どんどん入れ替えていくという感じでしたが、ピアノとベースに関しては他にやれる人が少なく、自分は殆ど出ずっぱりという感じでした。しかし、これがまた楽しくなってくるもので、次の曲行くぞ!次の曲行くぞ!(もっと低姿勢な感じでしたが)…という雰囲気が頼もしく、では限界までいきますか!…という心境にもなってくるのです。これだからセッションライブというものは不思議なんですよね。

   今日はジャズ演奏がメイン   天井はLPで埋め尽くされていました

 お店の雰囲気とも相まって、大変楽しい時間を過ごせたと思います。お客さんは大体地元の方々だとは思うのですが、本当に皆さん暖かい方ばかりで、そういった場所で演奏できた事に感謝の気持ちでいっぱいです。
 また、秩父を地元とするミュージシャンの方々にも触れ合う事ができたのも良かったです。自分がこのお店を出たのは夜の23:50。自宅に戻ってきたのは2:00前ぐらいですから、あまり気軽に…というわけにはいきませんが、また来て下さい!…との声があったのは嬉しかったです。時間を見つけて、また演奏しに行きたいですね。

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/267-e86b8870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。