竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YS-11
 皆さんはYS-11という旅客機をご存知でしょうか。戦後、日本の唯一の国産機として1962年に初飛行が成功して、以来今年までの44年間、国内の多くの航空会社が導入(世界の航空会社でも一部導入された)。かつては日本全国を飛び回って活躍していたのですが、今月9月に完全退役が決まっている飛行機です。
 何故この時期に退役かというと、単純には機体の経年化が挙げられますが、実は来月10月から、日本の空を飛ぶ飛行機はTCAS(航空機衝突防止装置)の装備が義務付けられており、それがYSー11では未装備であることから、9月末まで…という事らしいです。一回退役しても、イベントかなんかで1日だけ復活するなんて話しはありますが、この場合、10月以降、YS-11は法律的にも日本の空を飛ぶ事が許されないのです。

 何故ここまで話しを飛躍しているかというと、やはり“日本唯一の国産旅客機の完全退役”…というのはあまりにも重大で、旅客機好きな自分にとっては、これは見逃せない事件でもあるのです。
  かつては日本の航空会社だけでも数社が、そして合わせて80機以上が活躍していたこのYS-11ですが、今では日本エアコミューター(JAC)という航空会社でのみ、3機(…もう2機になっているかもしれない)が活躍中で、九州の鹿児島や福岡を中心に飛んでいます。
 もうカウントダウンの時期に入ったと言って良いでしょう。少し悩んだりもましたが、意を決して乗りに行く事にしました。このチャンスを逃すと、もう一生、飛んでいるYS-11に乗る機会は無いかもしれないのです。…ということで、色々と飛行機のチケットを予約したのが、こちらの記事なわけです〔“旅”と“旅行”参照〕。とりあえず九州には行かなければならないため、気軽な旅にはならないでしょうが、YS-11の搭乗を楽しんできたいと思っている次第であります。

   自分が持ってるYS11の写真は、今のところこれだけです

 上の写真は、1998年頃の羽田空港で撮ったYS-11の写真で(航空会社はエアー・ニッポン)、その機体の小ささが良く分かると思います。また、プロペラ機であるということも、頭の中に入れておいて下さい。あとは次回のブログ(旅日記)をお待ちいただくということで!

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/221-82245eb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

YS-11

YS-11YS-11(わいえすいちいち)は、日本航空機製造が製造したジェットエンジン#ターボプロップエンジン|ターボプロップエンジン方式の双発旅客機。第二次世界大戦後に初めて日本のメーカーが開発した旅客機である。一般には「ワイエスじゅういち」、また はなのブログ【2007/05/24 06:05】

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。