竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハウス風スタジオ
 話しは前回の続きになります。Coo でのライブ後、もう帰れる時間ではなかったため、自分はりこさんの家にお世話になったのですが(お客さんも何人か御一緒しました)、24時間テレビと自分が貸した「空耳アワー」のDVD(自分で録ったやつなのに…)を見ながら寝てしまい(笑)、次の日になって、「今日暇なら、入間にできたスタジオに行かない?」とりこさんに誘われました。
 入間にスタジオ?…と思いましたが、ふと、以前に新宿西口のイベントでお世話になった久保さん〔5対3参照〕の話しを思い出しました。そういえば今度、入間にスタジオを造るって言ってたなと…。
 せっかくなので見ておきたい気がしてきました。りこさんと久保さんは知り合い同士なので、自分も合わせた3人が揃うというのも何となく面白そうだし…。ということで、一路入間市へと車を走らせたのです。

   ハウス風の外観が最大の特徴です

 スタジオの場所は、入間市の駅からは少し離れていて、歩きだと少々不便な感じも受けましたが、周りは米軍ハウス風の家がたくさんある場所で、そしてスタジオもハウス風の建物だったので、雰囲気としては凄く良い感じの場所だなと思いました。アメリカの田舎っぽい風景…とでも言うのでしょうか…。
 その建物の前では、久保さんが正に大工さんのように、着々と作業を進めている様子でした。…というか、まだ完成してないじゃないですか!…話しとは大分違う感じの完成度のようで、内装は出来上がっているのですが、まだ録音とかが出来るような状況ではありませんでした。
 しかし雰囲気的には申し分なく、部屋的には特に天井が高かったのが印象的でした。レコーディングというのは何だかんだ言って、気分転換できる場所というのが欲しくなるものなのですが、その点ではこのスタジオは申し分無いかもしれません。しかも、何気に風呂場付きですしね(笑)…。なるべくリラックスしたままレコーディングできるように?…という配慮なのかもしれません。

   天井が高くて落ち着けた室内   スタジオ部屋も良い雰囲気です

 ところで、自分達もただ手をこまねいて、久保さんの作業をじっと見ていたわけではありません。何気に手伝いもしていました。まだスタジオの中は音響が完璧ではなく、今のままでは余計な響き音が発生してしまうのです(音が壁に跳ね返ってしまっている)。
 …ということで、音を吸引するシートの作成に取り掛かりました。木で枠を作った物の間にスポンジみたいなものを隙間無く詰め込んで、その周りを布で覆う…。単純な作業ですが、より大変だったのは、これをスタジオ内に吊るす作業でした。これらのシートをスタジオ内の壁にそのまま貼り付けてしまうと、壁との振動でまた雑音が発生してしまうのです。つまり、天井や壁にフックを取り付け、シートの枠にもフックを取り付け、そこを輪ゴム(もちろん強力なやつです)で繋ぐ感じです。見た目には危なっかしいですが、これが一番良いのだそうです。

   手作業で吸音(調音?)シートを作ります   吸音シートを上から吊り下げる作業です

 ところで、このスタジオはハウス風の建物ということで、天井は三角上の形状になっています。つまり、シートをぶら下げる時、天井でフックを取り付ける部分は、その右端と左端では高さが全然異なってしまうわけです。さらに輪ゴムで吊り下げるわけですから、シートはなかなか地面と並行になってくれません。天井のフックとの距離が短い部分では輪ゴムを何重にもして、その長さを調節したりしていたのですが、これはなかなか骨の折れる作業だったように思います。
 しかし、苦労の甲斐あってか、シートの取り付け完了時には、それまでの響きが嘘のように無くなり、スタジオ本来の音環境になってきた感じでした。この間にはドラムを叩いたりして、音のテストなども行ってみたのですが、やはり作業後の方が、音の回りが全然良かったです。

 そんなわけで、これらの後には「お疲れ様!」ということで、何故か皆で近くの居酒屋に行ってしまいました。りこさんの自宅を出た時には予想もつかなかった事ですが、何故か自分は今ビールを飲んでます(笑)。
 しかし、自分達がスタジオの制作に関われたというのは良い経験で、やはり完成後は色々な人達に使っていただきたいし、自分も協力できたら、今後のレコーディングの手伝いに参加していきたいと思っております。まだこのスタジオのホームページ等は出来てないみたいですが、自分としてはどんどん宣伝していきたいですね。やはり環境が素晴らしいですもの…。ということで、皆様よろしくお願いします!

 …帰り際に聞いた話だと、何とこの日の次の日には、もうレコーディングの予定が入っているとのこと!…まだ全ては完成してないのに(コードの配線がまだ…とか言ってたし)…。久保さんって、ストイックな人なんですね…と思いましたが、りこさんに聞くと、あいつは常にそんな感じで、2日、3日徹夜というのもよくある…とのことです。そういえば、この日は朝の4時半から作業してたと言ってましたし…。うーん、恐れ入りました。

テーマ:こんなことありました - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
nani
ぬわんだってーー、入間に、ロクオンスタジオ、ぬわんだって、
いいはなしじゃねーか、ぬわんだって、たけうち、紹介して、
ぬわんだって、
【2006/08/29 08:05】 URL | さばいばる #/pdu0RA. [ 編集]


久保さんはストイックというよりも、、ドMかも。。

昨日、資料を渡しに行って来たんだけど、
さっそく録音でどかどか盛り上がってたよ。
この人のとこに行くと、意外なところで有名人が居たりするので、
時々ビックリさせられるのよ。

PAの腕も、ほんとにいいし、ぜひ今後ともよろしくです。
【2006/08/29 11:49】 URL | りこ #- [ 編集]


>いとうさん
 紹介するも何も…とりあえずはこのブログのまんまですよ(笑)。
 早くホームページとか作ればねえ…説明しやすいのに。

>りこさん
 あ…ドMって言ってましたね。そして気さくな方ですよね。
 だから色々な人が集まってくるのだと思います。
 グランドピアノは本当に置くのだろうか…。
【2006/08/29 13:18】 URL | 竹内 #- [ 編集]


必要に迫られて調律の技術を学ぶのもいいかも。。。
そしたら生ピアノおくんじゃない?
君次第ということで。。。
【2006/08/30 17:39】 URL | りこ #- [ 編集]

調律って…
たぶん思ってるより大変だと思いますよ…。
だって、調律師っていう職業があるくらいだし。
【2006/08/30 22:20】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/209-ff52bd33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。