竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年を振り返る(10月)
 10月はやはり、東京モーターショーのダイハツブースで演奏したのが大きかったです。

 モーターショーで演奏というと、何だかよくわからないかもしれませんが、要は新車紹介のショーみたいなものです。ミュージシャン以外にも、ダンサー、モデル、ナレーター等を交えて、音楽と踊り?に合わせて今年の新車を紹介していくという…。ディズニーのショーに近い感じと言えば、わかりやすいかもしれません。

    ショー中のAチームを撮影(竹内はBチームでした)      グランドフィナーレ(A、Bチーム合同)時の写真

 ショーの開催期間は10月22日~11月6日までの16日間。また、10月18日~21日までの4日間は、リハーサルや記者発表、ご高覧日でもあったため、連続20日間、モーターショーの開催地である幕張メッセに出向いていたということになります。
 早い時には朝7時半、遅くても朝11時頃には向こうに着いてなければいけなかったため、毎日が大変でした。また自分はこの時期、夜にもある程度の仕事を入れていたため、朝から晩まで弾き尽くしということもざらでした。
 しかし、本番に入ってしまえば意外と楽しいものなので良かったとして、何より大変だったのは、この本番に行きつくまででした。モーターショーで演奏をするという話しが来たのは8月頃だったと思いますが、ここからどれだけ準備が大変だったことやら…。

 簡単な話し、自分に直接ダイハツから話しが来たわけではなく、その間の仲介者が何人もいるわけです。で、例えば自分が演出中に、「ここはこうした方が良いですか?」とか、「ここはどうすれば良いんでしょうか?」という疑問をすぐ上の人にすると、1回その話しがさらに上(要するにクライアント)まで届いてから、また下って行き、それが自分に返ってくるまでに1週間ぐらいかかってしまったり(時にその質問がどこかで宙に浮いてしまったり)するわけです。それで、あまりにも回答が遅いので、自分なりの行動を取っていると、かなり後になって「それじゃあ全然駄目!」と一掃させられてしまうわけです。これは例えの話しですが、まあ概ねこんな感じです。
 だから、極力言われた通りだけの事をやるようにしているわけですが、それじゃあ面白いはずもなく、何となくわだかまりだけが残ってしまったりするわけなのです。また、言われた言葉で『お客さんは、何も君達を見に来ているわけじゃないから』というのがあったのですが、これはキツかった…。実際そうなんでしょうけど、面と向かってはっきり言われると、やはりキツいですよね…。
 ですが、前述したように本番に入ると、それは楽しい時間でした(こういう前段階があったから逆に…なのかもしれませんけど)。元々自分は、ショーの演出なんて興味無いほうでしたけど、ダンサーさんやモデルさん達の舞台の上での振り付けを見てると、どうにか合わせられないかな…という気持ちが出てきたものです(本番をやってみて、特に思いました)。
 で、慣れないながらも少し合わせてみると…楽しい!そして、ショー中にダンサーさんやモデルの人達と目が合ったりすると…嬉しい!これぞ一体感なんじゃないかと…(たぶん)。
 ダンサーって、やはりテンションが重要らしく、舞台場では弾けるぐらいの気持ちでやらないと楽しそうに見えないんだそうです。確かに、その重要さは認知しました。そして、エンターテイメントってこういう事なんだろうな…というのもわかったような気がしました。
 その事に関しては、本当に舞台に出ていた皆さんに感謝したいです。ダンサー、モデル、ナレーター、そして舞台裏では音響、進行、演出など、すべて自分とは違う世界で生きている方達ですけど、その方達にはやはりその方達なりの視点や考えがあって、それが凄く新鮮で、また、ためになるなー…とも思ったものです。

 終わってみれば約3週間、ぶっ続けでショーをやっていて、出演者とは毎日のように顔を合わせていたわけですが、思い返してみると、何だか一種のサークルに参加していたような気がしないわけでもなかったです。久しぶりに青春的な時間を過ごしてたのかな?と、今でもふと思ってみたりして…。

    Bチームのダンサーさんとナレーターさん達(と自分)      音響、進行さん達


    男性出演者全員(6人しかいない)      Bチームのモデルさん達(と自分)

テーマ:日々の出来事 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
モノ作り
私はステージに立つ側の人間ではないので、
演じる側の苦労は実際の部分では、このような記事(文章)を読まない限り知り得ないものなんですよね。
色んな思惑やら考えが渦巻く世界(ちょっと過大表現?)で作り上げるステージって
大変だろうなーと一般ピープルは純粋に思ってしまいます。
でも、そんな場で見て・感じて・学んだ事をしっかりと血肉に変えて、
これからの活動に生かしてくださいね。
【2005/12/27 11:42】 URL | はち。 #7bBJltH2 [ 編集]


日記なげ~。。。
いやいや、かなり本格的に
はまっている様子で。
頑張って下さい。
【2005/12/27 19:27】 URL | らば #- [ 編集]

頑張ってます
>はちさん
 結局1つ1つ全てに返答してしまいました。また読み返すのは
 大変かもしれませんけど・・。確かに今後にも生かせそうな
 体験ばかりでした。しっかりと肝に銘じておきたいと思います。

>らば
 ハマっているっていうかね・・日課みたいになってきたね。
 まあ楽しいからいいんだけどさ。
 あ、それって、ハマってるって言うことか!?
【2005/12/27 21:33】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/17-f7b2a89c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。