竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒でキめたメンバー達
 今日は、アルトサックスの入江美香さんと、銀座 Ami's Bar にてライブでした。ここではいつも、ベースを加えたトリオ編成でライブを行っていますが、ベーシストは前回のライブ〔また変則?入江美香トリオ参照〕に引き続き、石川隆一君にお願いして貰っていて、若い、フレッシュな感じでのライブとなりました!…また、これは偶然なのですが、それぞれの衣装が、皆で示し合わせたかのように黒基調のものとなっていて(阿見さんまで…笑)、結果的に統一感のあるステージが御披露できたような気もしました。もしかしたら、何となく馬が合うメンバー達なのかもしれませんね。

   いつもお世話になっている、店員(兼ギターリスト)の築秋雄さん

 それは今日のライブの内容を振り返っても、何となく納得してしまいそうでした。このメンバーでは今日で2回目のライブで、前回からは3ヶ月以上が経ってしまっているのですが、ブランクがあるどころか、それぞれが成長を遂げていて、バンド的にもまとまりのある音が構築されていたのです。それでいて、ちゃんと個々のアピールも忘れていない感じで、適度なバランスでライブが進行出来ていました。
 …それなのに、今日はライブ中の写真を撮るのを(頼むのを)忘れてしまいました。せっかく、皆いい感じでしたのに…惜しい事です。いや、きっと、それだけライブに集中していたという事ですかね…。そうです、そういう事にしておきましょう(笑)。

   なんとかポーズを作っております   もちろん、オーナーの阿見さんも交えて♪

 せっかくなので、ライブ後に皆で集合写真を撮りました。ライブ同様、それぞれのポジションを弁えながら、写真に写っている感じがします(笑)。こんな感じで、次回(12月だそうですが…)入江さんが東京に来た時も是非…と言いたいところでしたが、残念ながら自分も石川君もスケジュールが合わず、今度の共演は来年以降に持ち越されてしまいそうです。…まあ、そういう時もありますよね。また一緒にやりましょう!どうもお疲れ様でした。

 ☆銀座 Ami's Bar のHP…http://sound.jp/isoboo/amisbar/

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント
素敵なブログですね
拙ブログでも、北海道の大自然、釧路地方などを中心にさまざまな写真を毎日、毎日、コツコツ公開していますので、アクセスいただけたら、大歓迎、感激です。
【2009/10/30 10:18】 URL | つき指の読書日記by大月清司 #fSetjLGc [ 編集]


ありがとうございます~。
【2009/10/30 15:13】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pftakeuchi.blog41.fc2.com/tb.php/1005-07a9afab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。