FC2ブログ
竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
第1回?平和を願うコンサート in 埼玉
 昨日は、ボーカル・ギターのさばいばる伊藤さんの企画する『平和を願うコンサート in 埼玉』というものに参加してきました。伊藤さんがこのイベントを思い付いたのは、昨年の10月に九州の門司で行われた『平和コンサート』という、いわゆる同じ名目でのイベントで…でしたが〔さばいばる伊藤、北九州ツアー(2007.10.27~10.28)参照〕、これの埼玉版(伊藤さんの地元なので…)をやりたかったという事でしょうか。これには、憲法9条を守る…的な考えても含まれているようですが、そこまで堅苦しくは考えてなくて、とにかく“平和”という事を考えた時に、自分達は音楽で何かしたい…といったような思いから始められたものでもあるようです。
 会場は、埼玉県の入間市にある、文化創造アトリエ Amigo という所を借り切りまして、そこにステージを組み立てて何組ものアーティストを出演させるという事になっていました。実際、イベントは昼の12:00から夜の20:00頃までを予定していて、今回は10人(組)以上のアーティストがここ入間に集まってくれました。それらの方々は全て伊藤さんが音楽活動を通じて知り合いになった人ばかりなわけですが、改めて縁とは不思議なものだと感じましたね。まずは集まって頂いた皆さんに感謝という事になるでしょう。

   会場は左の建物、右は出演者控え室になってました   控え室の様子…ここは冷房が効いていて心地良かったです

 この日は昼からのイベントだったので、現地の入り時間は朝9:00という、とんでもなく早い集まりになっていましたが、会場は正にゼロからステージを組み立てなければいけなかったので、これは仕方無いとも言えるでしょう。それに、ステージだけではなく客席、そして受付場所も作らなければならないのです。しかし、これは皆さんの迅速な対応もあってか、組み立てはテキパキと進められ、余裕をもって時間通りに開演する事ができました。これは初めて開催したイベントにしては上出来だったように思います。

   受付横には、今回の出演者のCDがズラリ   伊藤さんによる、最初の挨拶中です

 さて、今回の栄えあるトップバッターは“かもねぎ& King Joe”というバンドでした。ベースもいてドラム(今回はカホーンを使っていました)もいるというバンドはここだけで、後は弾き語り系が多くなっていましたが、それだけに最初のステージを安心して任せる事が出来るというものです。自分も伊藤さんを通じて知り合い、もう何回も目にしているバンドであるので、安心してステージを見る事が出来ました。お客さんの反応も良く、正に掴みを感じ取っていた様子でもありましたね。

   会場をノリの良い雰囲気にしてくれた“かもねぎ& King Joe”   Daddy さんは今回、ギターのすぅさんを連れて出演

 …そして、お馴染みの Daddy さんの出番です。自分は先月の北九州以来でしたが〔竹内大輔、北九州ツアー(2008.6.5~6.9)参照〕、相変わらずトークとライブというスタイルは健在で、やはり自分は見入ってしまいました。最初はソロで弾き語りで演奏していましたが、途中からギターのすぅさんをサポートに加えて歌い上げ、今回はまた違ったサウンドでステージを楽しむ事が出来ました。これで順番が2バンド目というのは、若干早過ぎた感もありましたが、お客さんの笑いも誘い(笑)、会場内はいい雰囲気になったようにも思います。
 ところで、今回の会場はエアコンなんて洒落たものは装備されていなく、部屋を涼しくするには扇風機か窓を開けるという手法しかないような場所ではあったのですが、ステージの向こうは小さい広場になっていて、絵的にはなかなか居心地の良い感じではありました。しかし、室内の蒸し風呂的な状態(ちょっと言い過ぎかも…笑)はどうする事もできず、出演者も含めお客さんには我慢して貰うしかなかったのですが、それでもステージを見続けてくれる方は多く、本当に有り難い事でした。
 これには出演者も負けてられない感じです。演奏時間は1バンドにつき30分強と、決して長い時間は用意されていなかったのですが、皆本気の演奏をしていて、それは見ていて清々しいものでした。また、7月7日に池袋で対バンをした神人さん〔池袋 3-tri- で“七夕まつり”ライブ参照〕や、ニューヨークで活動していた経歴もあるという Amica & Lou さんなど、殆どアコースティック風なバンドではあるものの、今回の出演者は本当にバラエティに富んでいて、その方達が続け様にステージをこなして行く様は圧巻であったとも言えます。もちろん、ステージ後は皆さん汗だくになって戻ってくるのですけど(笑)、やり遂げた感じが強く伝わるのは良い事だとも思いました。

   神人さんのステージでは、またまた樹明がジャンベで参戦!   多くのお客さんを湧かせてくれた“Amica & Lou”

 そして、最後から2バンド目が自分達“さばいばる伊藤 Unit”でした(最近この名前で掲示されている事が多いですね)。樹明のジャンベのみから入るスタイルは既に定着した感じがありますが、この日も良いソロを聴かせてくれました。そして自分と伊藤さんが加わり、演奏は更にヒートアップしていきます。舞い上がっていた部分もあったのか、演奏のフレーズに間を入れた時など、たまにリズムが狂う時もありましたが、それでも全編で熱い演奏が出来たと思います。伊藤さん自身も、いつも以上に汗だくの表情でしたね。最後の曲では、伊藤さんから皆さんへのメッセージも送り込まれ、印象的なライブになったと思いました。

   自分達は“熱さ”で勝負します!   お客さんも交えて、最後のステージの締め括りをしています

 そして最後には、るーじゅさんによる平和へのメッセージを籠めた歌3曲で締め括りました。ここでは引き続き自分と樹明、そしてギターにすぅさんや Daddy さんも参加して(伊藤さんはコーラスとして?)、皆で一緒に歌や振り付け等もする等、一体感を強めた場を提供する事が出来ました。“平和”について考える…というのは、意外にも改めて考えると難しい事でもあるのですが、こうして1つの歌を皆さんと共有出来るというのは、形は違えど、一種の“平和”の風景のようにも思いましたね。
 今回のイベントは、伊藤さん的にはまだまだ集客に悔いが残る結果となってしまったようですが、それでも伊藤さんは「また是非やってみたい」という言葉を発してくれました。最初は個人的にも、一体どうなるか…と思っていたイベントではありましたが、次に繋げられる望みを持てたというのは、“成功”と言って良いのだと思います。もちろん規模を大きくしていくには数々の壁を乗り越えなくてはならないと思いますが、まずその第1歩を踏み出せたというのは、今後大きい意味をもたらしてくれるような気がします。それでも、まずはお疲れ様…ですかね。ライブ後の打ち上げでは大いに飲んでしまいました(笑)。

 ☆さばいばる伊藤さんのHP…http://su-zan.net/survival/

 ☆Daddy 津田さんのHP…http://www.geocities.jp/studio0378/

 ☆入間市文化創造アトリエ Amigo のHP…http://i-amigo.hp.infoseek.co.jp/
スポンサーサイト



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽



プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー