FC2ブログ
竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
東武東上線で画期的?列車
 自分は生まれてこの方、ずっと東武東上線という路線の沿線に住んでいましたが、このたび東武鉄道から東上線に対して、新しい種類の列車を走らせるという発表がありました。

   紫色の線が加わった事がポイントです

 これを東武鉄道では今のところ“ライナー”と称していますが、要するに“座席定員制の列車”という事で、着席料金(300円)が必要になるものの、必ず座れる保障が出来るというものです。JRでいうホームライナーみたいなものと同じ感じですね。また、この列車は停車駅を少なくする予定らしく、川越や坂戸、東松山などの遠距離利用者に、かなりの恩恵をもたらすのではないかと思われます。
 東武東上線沿線住民の方なら分かると思いますが、東上線はここ40年以上“特急車”と呼ばれる車両が無く、基本的に通勤電車のみの運転となっていました。また、特急と呼ばれる列車はあるものの、それ自体の本数が少なく(現在、土・休日のみに下り3本、上り2本だけの運転)存在感も無かった為(沿線住民でも、特急の存在を知らないくらいです…笑)、東上線と言えばロングシートの通勤型…というイメージも無きにしも非ずでした(まあ実際そうですし…)。
 そんな中、この列車の登場という背景には、2008年の6月に開業予定の地下鉄13号線(最近“副都心線”という名前に決まりました)〔新線池袋参照〕により、東上線の本数に余裕が出てくる為かと思われます。この副都心線というのは、現在の“新線”と呼ばれる新線池袋駅から、明治通りの下を通って新宿三丁目、渋谷へと続く便利な路線で、開通するとかなりの乗客がそちらに移る事が予想されます。つまり、東上線の池袋駅発はメインではなくなる可能性もあり、それを見越してのサービス…というのもあるのではないかと思います。

 この新ライナーの車両は、基本的には今までの50000系シリーズ〔東武鉄道50000系参照〕とあまり変わりませんが、座席にはクロスシートを採用しているというのが、東上線にとって画期的な事でもあります(ついでに、この座席は90度回転して、ロングシート仕様にも出来るとの事です)。クロスシートから眺める東上線の景色…。これは今までは到底考えられなかった事でもあり(笑)、完成したら是非乗ってみたいですね。
 …しかし、新ライナーの停車駅というのは、自分の住んでいる最寄の駅には停まらないので、気軽に利用するのは難しいかもしれません。もしかしたら、遠距離の人にはライナー利用を、自分のように近距離の人には副都心線利用を、それぞれ推奨しているのかもしれません。遠距離と近距離の乗客を分けるというのは、通勤路線としては基本の考えでもありますからね…。とりあえず、今後の動向を見守っていきたいと思います。

 ☆東武鉄道のHP…http://www.tobu.co.jp/ 
スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用



プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー