FC2ブログ
竹内大輔の写真日記(~2009)
ピアニスト竹内大輔の、2009年までの日々を綴った日記です。
先斗入ル
 さて、この題名にある“先斗入ル”。…読めますでしょうか。

   池袋パルコ店にてです

 正解は…これは『ポントイル』と読みまして、京都の素材と味をテーマにした(実際、京野菜を多用しています)パスタ屋さんの名前です。最近、和風系のパスタ屋というのは結構多いとは思うのですが(“五右衛門”が有名ですが、実は“先斗入ル”とは同じ系列会社だそうです)、ここはさらに“京都風”…ということですから、より一歩奥に突き進んだ感じのお店とも言えるわけですね。
 元々自分は、和風好み…という性質がありますので、お箸でパスタを食べるといった、こういう環境のお店は、結構好きだったりするのですが(お茶が似合う雰囲気が◎です)、さらに“京都”という言葉の持つ独特な魅力も好きなために、どうしてもこういったお店は見逃せないのです(笑)。
 現在の店舗数は全国に8店舗で、そのうち関東には4店舗(池袋、新宿、渋谷、横浜)。関西より関東に多いというのが興味深いですが、自分が行くのは、近さ的にも大体池袋パルコ店です。
 そして頼むのは必ず、飲み物、デザート付きのセット(京風切り昆布も付いてきます)…。メニューを見てみると、“湯葉と海老とモッツァレラチーズのトマトクリーム”、“地鶏と堀川ごぼうと九条ネギのペペロンチーノ”…等、字面的にも魅力的な物ばかり…。その中で、今回は夏季限定と書いてあった、“賀茂なすと黒豚と二色の万願寺唐辛子のペペロンチーノ”を選択しました。やはり人というものは限定物に弱いのでしょうか…。

   冷たい緑茶と共に…   柚子のシャーベットは、口直しにぴったりです!

 味的にはあっさり目で、食べやすい感じです。そして、デザート(4種類から選べる)は“ごまのチーズケーキ 柚子シャーベット添え”にしたのですが、これが後味をすっきりさせて、本当に良いんです!
 お腹いっぱい食べたつもりなのですが、またすぐに来たくなってしまう…。これは、自分が思う京都という土地の魅力と、ほぼ同じ感覚だと思うのですが、だとしたらこの感想は言い過ぎなのでしょうか…?

 同じ系列会社の“五右衛門”とどちらが良いかというと、またそれは難しい問題ですが、この“先斗入ル”という名前の由来は、京都の三条と四条の間にある、鴨川沿いの先斗町(ぽんとちょう)という場所からきていて、そこは路地裏みたいに狭い通りなのですが、興味深いお店が所狭しと並んでいて、それはそれは魅力的な場所を形成しているのです。
 こういった、自分が既に行ったことのある場所…という前段階があると、どうしてもひいき目で見てしまいがちです…。しかし、とりあえずは“先斗入ル”に軍配が上がる…感じかもしれませんね(…と言っても、“五右衛門”にもまた近いうちに行くとは思いますが…笑)

 ☆先斗入ルのHP(日本レストランシステムのHP)…http://www.n-rs.co.jp/
スポンサーサイト



テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ



プロフィール

竹内

Author:竹内
1980年1月29日生まれのO型。
3歳からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学では
バンドも経験する。現在は関東を
中心に、ライブハウスやホテルの
ラウンジ、レストラン等で演奏を
行っている。また、写真好きが興じて
簡単な写真撮影の仕事もしている。
…そんな29歳です。



次回のリーダーライブ

2010年2月7日(日)
外苑前 Z・imagine
Open…18:00~(予定)、
1st.…18:30~、2nd.…20:00~、
Charge…2700円(ドリンク別)
(Pf)竹内大輔
(B)池田暢夫
(Ds)佐々木俊之



竹内大輔トリオCD発売中(試聴可)!

   cd-pictures-mini.jpg
       Pictures

     ☆試聴はこちら



カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



ブログ内検索



竹内大輔までのメールはこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー